カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

Main | January 2004 »

December 2003

2003.12.30

そろそろ帰省準備

今日(もう昨日か)は遅~いクリスマスということで外で少しだけ贅沢な食事。何かのイベントがあると食べに行っているお気に入りのフレンチのお店だ。今回もむちゃ旨かった。またコツコツ節約して食べにいかねば!

さて、気がつけば今年ももう残りわずか。
今日明日で大掃除に買出し、そして帰省と忙しくなりそうな感じ。
ココログもしばらくお休みかな。再開は年明けのいつになる事やら。

2003.12.29

自宅IPを把握すべし

ネット関連が続いてるのでついでにノウハウというほどでもないけど、作業メモ的なものを。

まだ自宅のPCをサーバ的に使うことはほとんどないけど、以前記載したペット監視に使っている監視ソフトはサーバにすることも出来る。サーバ動作させるとすると割り振られたIPをしっておかねばならない。
ADSL化して常時接続とはいえ、割り振られているグローバルIPはいつ変わるかわからない。

大きく2通りの方法があるだろう。
一つはDDNSに登録して、IPが変わっても同じドメイン名でアクセスできるようにすること。もう一つは何らかの手段で現在割り振られているIPを知ることだ。
サーバを立てるといっても一般公開用ではなく、ただでさえ低速な回線だから速度的余裕もない。
うちでの用途にあうのは後者だ。

WEB検索してIPフレンドというフリーソフトにたどり着いた。IP変更があった時に指定したアドレスへメールしてくれる。機能的にはこれで十分だ。

ルータを使っている場合、自分のPCのアドレスはプライベートなものなので、これがわかってもあまり意味がない。というか固定にしてあるので調べなくても知っている。欲しいのは外部から参照できるWAN側のグローバルIPだ。
WAN側のアドレス取得についてもこのソフトでは指定URLへWEBアクセスした情報から取得が可能になっていた。よく掲示板でみかけるような自分のIPが表示されるサイトがあれば取得が出来るということだ。
CGIが使えるホームページがあればいいのだがプロバイダ契約上使えない。どこかアクセスIPを表示してくれるサイトないかと探していたのだが…なんだ、ルータの設定画面使えばいいんじゃん!これならよそに変な負荷をかけずに済む。…って気づくの遅すぎか。

最近のルータはほとんどWEBから設定が出来るようになっている。現在の取得IPを表示する画面も大抵はある。うちのルータにも当然のようにあった。
ただしアクセスのためには管理者用のID,パスワードの認証がある。どうせBASIC認証だろう、と
http://ユーザID:パスワード@表示ページURL/
と、直接URLにID,パスワードを指定してアクセスすると、ばっちり取得。IPフレンドで取得するIPが現れる順番を指定すると…WAN側IP取得OK!
ありがとう作者様~。

ただソフト設定後、まだ一度も割り振られるIPが変わったことなかったりして…。ルータで常時接続してるから滅多に変わらなさそう。

2003.12.28

ネット依存生活度

先日書いたトラブルでネット接続出来ない間、いかにネット依存な生活をしてるかを痛感した。

・WEB閲覧
 当然だがWEBが見れない。ちょっとした調査は
 ほとんどWEB。それが染み付いていると見れない
 ストレスもかなりのものだった。
・ペット監視
 前に話に出しているが、留守番中のペット監視が
 よく止まってしまった。そんなに頻繁に見ている
 わけではないが、全く様子がわからないとなると
 意外とストレスになること判明。
・TV録画
 現在HDD/DVDレコーダとして東芝のXS40を使って
 いるのだが、これはネット対応。録画予約などは
 すべてネット経由で行っていた。
 さらにPCにもTVagentという番組検索ソフトを
 入れ、チェックしたいタレントやアーティストの
 出る番組だけを抜き出して録画連携させていた。
 これが出来ないと、貴重な番組を見逃している
 のではないかと妙に不安になる。依存度高し。

・カラオケ…
 何故だかうちには通信カラオケがある。
 業務用があるわけではない。セガのDreamcastを
 使ってセガカラ相当が自宅で出来るドリカラ
 現在も元気に(主に同居人によって)活躍中だ。
 通信カラオケであるため、当然何も出来なくなる。
 トラブルで使えない間、同居人は凄く哀しそうな
 顔をしていた…もしかして生甲斐!?

今はやってないけどネットゲーにハマっている頃だったらさらにストレス大きかっただろうなぁ。

よく考えたらルータについてるHUBが4ポートあるのだが、無線LAN化するまでは全部埋まってたんだよなぁ。(PC×2,DC,XS40)
逆に無線化で2ポート空いた状態ってことだから次は何を繋ごうかね?(依存進行…)

途中で触れたXS40とドリカラについてはそのうち別記事にて…。

2003.12.27

ルータ(BLR2-TX4)トラブル

我が家でここ2年以上使っているルータがメルコ(現BUFFALO)のBLR2-TX4だ。発売当初から廉価で後々カード増設で無線LAN化できるのが魅力的なルータだった。
対応が10Mbpsの無線LAN、WAN側も8Mbps程度と今となっては遅いルータだが、田舎の低速ADSLではそれほど問題もなく、機能的にもファームのバージョンアップで最低限はクリアしていたので
特に文句はなかった。
ペットと暮らすようになったのを機に、うちにわんさか生えているケーブル類の削減も兼ねて無線LAN化し、そこそこ快適なケーブルレス生活を送っていたのだ。

ところがちょっと前に時々有線・無線ともに不通になってしまう現象が起き始めた。
近くに干渉してる電波があるのかとチャネルを変更しても駄目、アルミホイルで囲んでも効果なく、内蔵させた無線カードを抜いても変化はなかった。
LANリンクランプが一瞬一斉に点滅し、その後Diagランプが数秒点灯、を繰り返していた。現象がおさまった後のログをみると再起動を繰り返しているようにも見える。お手上げ状態。

日々故障頻度は高くなってくる。そんな中であちこちWEBで調べてたどり着いたのが価格.comの口コミ掲示板だった。ここでの情報を元にACアダプタを交換してみると…あっさり回復してしまった。その後同じ現象は発生していない。

修理に持ち込んだわけじゃないから故障原因を断言はできないけど、同時期にこれだけ同様のACアダプタトラブルがあるのはやはり不良品なんじゃないの?と勘ぐってしまう。
ちなみにこの製品の前機種についてはメーカから正式にACアダプタ不良のアナウンスが出ている。…対象機器を広げるべきでは?

2003.12.26

恒例、明石家サンタ

毎年恒例、クリスマス深夜のTV特番といえば明石家サンタだろう。

もう何年目になるのか。当日は眠気に負けて最初のほうしか見れなかったのだが、この番組、年に一度でありながら一般視聴者が数年に渡るお約束を忘れていないというのが凄いところだ。
見れなかったところではどんな不幸話が出ていたのだろう。
いや、一応録画はしてあるんだけど、やっぱりこの手の番組はリアルタイムに近い方が楽しいよねぇ。

さて、そんなクリスマスの夜、俺は愛犬のウンチ掃除やってましたとも、ええ。

2003.12.25

抜け忍、弥七

新入りの子犬、弥七が脱走した。
…といってもケージから抜け出して部屋の中に出ただけなのだが。

前の記事に載せたように留守番中は部屋の様子をWEBカメラで監視している。弥七が来てからは先輩の小春姉さんとともにペットシーツ荒らしまくりながらも日々仲良く留守番している…はずだった。

夕方に様子を覗いてみると、小春はいるが弥七の姿が見当たらない。カメラアングルの死角にいるんだろうと気にしてなかったのだが、その後いつ覗いても見当たらない。
不審に思いつつ帰宅してみると、ちゃんとケージの中に二匹ともいた。やっぱり見えなかっただけなのかと安心しようとしたその時、えらく近くでぷ~んと臭いたつコンモリなアレがナニしていたわけである。

弥七が増えてケージが狭くなったので壁ぞいに設置してスペースを広げていた。その隙間を見事にくぐり抜け、一発しでかして何くわぬ顔してまたケージに戻っていたのである。

コンモリなブツが残ってなければ気がつかないままだっただろう。抜け出すのはともかく元に戻ってるというのがおかしい。
さすがは忍びの名を継ぐ者だ。

2003.12.24

blogなスタイルって

ココログを始めて1週間。
blogっていいかもね、な感想など。

折角始めるからにはとりあえず最初の1週間くらいはちゃんと更新してみようと思っていたので、これで当初の目標は達成したことになる。よって、これより長い冬眠生活に……はやっ。
でも年末年始とかの方があちこち行き来して間が空くというのは実際ありそう。

1週間目の感想だが、ココログ、結構いい感じだと思う。他のblogサービス使ったことはないので比較は出来ないのだが、デザインテンプレートも実用的だと思うし、実際の設定も簡単だった。
一番感謝なのは最初の記事でも触れた通り、250円コースでも30MBのエリアつきで使えるってことかな。
あえていうなら引用やリンク等、ブラウザがIEでないと使えない機能があったりする点か。メインのブラウザがOperaなのでちょっと面倒だ。まぁ、手書きでタグをつければいいのだけども…。

記事の更新という点ではトラックバックが大きな役割を持っていきそう。日記みたいなものでも何かを考えたときには大抵Inputとなる情報がある。
日常で起きた出来事も勿論だが、WEBを普通に使っている人であればInputがニュースサイトの記事だったり、他の人の日記であったりすることが多いだろう。
引用やトラックバックはその形態によく合う仕組みだと思う。多くの会員と影響力をもつニフティがblogを提供したことでトラックバックはその有効性を活用出来るようになっていくのだろう。

他のココログを読んでる人、トラックバックに慣れた人は更新が続くのだろうなぁ。逆に時間に追われるままに他を読む時間が消えていくと自分の更新も徐々におろそかになっていきそう。外部からの刺激ってのも続ける大きな要因になるだろうから。

なるべく多くのblogを読み、思いついたら更新。
それがblogスタイルなんじゃないだろうか。

2003.12.23

空耳アワーマジボケ版

ししうまさんのココログを見ていてふと思い出したのだが私も聞き間違いが多い。
音楽関連は特にむかーし(まだCD普及してない頃…ってこれだけで年代限定か)姉からテープに落としてもらって聴いていたので、手元に歌詞カードもなく、でも間奏中の効果音まで覚えてるくらい聴きこんでいるというものが多い。
馴染んでいるものだからわざわざ歌詞を考えなおさないというのもあって、つい最近まで間違えたままだったりする。

いつだったか判明したのがユーミンの曲で
「この頃沈んで見えるけれど」を
「この頃シーズンでみえるけれど」と、多客期のシーズンだから来るんだと思っていたり(「守ってあげたい」より)、
「不安な明日を」って歌詞を
「ごらんナースを」と、キツい環境で頑張る看護婦さんを見習えってことかと思ってたり(「街角のペシミスト」より)。

いや、例えば自分の覚えてる歌詞をノートなりに書き出してみればその違和感に気づくとは思うんだよね。
子供の頃に聴き馴染んでいるからこそ意味を追い求めたりしないのがワナだわな。

2003.12.22

火車の弥七参上!

yashichi.JPG
ついに2頭目の犬がうちにやってきた。
当初多頭飼いする予定なんてなかったのだがそうなってしまったものは仕方がない。人生の57.3%はその場の勢いで乗り切るものだ。

話は10日程遡る…。
ちょっと前の寒さの厳しくなったある休日、犬OKのレストランへうちの愛犬小春を連れて行ってみた時のことだ。ここはドッグランみたいな広場もあり、犬を自由に遊ばせることが出来る。無論、俺らも食事の後に広場へ。
小春を入れてあげると臆病な小春は他の犬の迫力に負けて固まっていた。そんな様子を楽しんでいた中、ちっこいダックス3匹が現れた。ブリーダーさんから預かっているとのこと。そしてその中に弥七がいたのだ。
弥七はミニチュアダックスのブラックタン、つまり小春と同じだ。何故?と言われても困るのだが目が行ってしまうのだから仕方ない。気になるお値段もブリーダー直に近いため、ペット屋さんの店頭よりかなり魅力的。

ちょうど多頭飼いのメリットについて話していた後だった。特に小春には平日昼間ずっと留守番させているので、留守番中遊び相手がいれば楽かなぁ、と。
これについてはいろんな意見があると思う。
多頭飼いすることで飼い主が一匹あたりに接する時間が余計に減るため、寂しくなるという人もいる。
ちょっと考えようということで、この日は一旦そのまま帰った。

…のだが、帰ってからの約一週間、俺らが話していたのは
「名前何がいいかな?胡太、小太郎、冬威…」
「ケージはもう一回ここに設置するとして…」
「留守番の時は一緒にケージいれる?別々?」
「正月とかで帰省する時車酔いしないかな?」

ちょっと待て、まだそれ以前のところを決めてないだろうが…。と自己ツッコミをいれつつ、最終判断してるようなしてないような状態で日々が過ぎていった。
結局当日まで「たぶん飼うんだろう」という曖昧な状態ままで再度お店へ。最後は実際にもう一度顔をあわせて決めるしかない。

って、この時点で決まってたんだよなぁ。気になって検討し始めた子をもう一回見たからって余計気にいるだけやんか。結局、メロメロに打ち勝つデメリットを確立出来なかったことで決定していたのだろう。
案の定、再メロメロにされて弥七は我が家へやってきたのだった。

クリスマスに年末年始を控え、危うしボーナス。
予想外の出費な上にこれからワクチン、食費もろもろとかかるのはわかっている。我が家の家計を火の車にしてしまうのか?

そんな思いをよそに弥七は(小春に遊ばれて)ころころと回り続けるのだった。

トラック暴露

トラックバックのテストも兼ねて暴露するがうちのココログタイトルとかはここのパクりである。

ただひとつだけ反論させてもらうとパクリ元のmasami*cafeというのがそもそも事実に反しているのだ。これはmits*cafeというのが正しい。
何故なら、コーヒー作りは俺担当なんだから。
なのにうちの黒板にはmasami*cafeと書いてある。世の中不条理よのぅ。

2003.12.21

我が新入のV601SH

img1/MyV601SH

ちょっと前に携帯を機種変更してV601SHに替えた。
第三世代マシンではないものの、200万画素カメラにQVGA(320x200)液晶、SDカードスロット、オプションながらMP3プレイヤー機能と結構豪華な装備。
カメラはオートフォーカスもついている。撮影する時に「カチリ」とピントを合わせる動作音がして、携帯なのにちょっと不思議な気分だ。
注目したいのは動画機能で、QVGAのサイズで15fpsの動画が撮影可能となっている。そしてTVへの出力も可能だ。うーん、最近の携帯って…。

いくら高機能化されたとはいえ、静止画も動画もデジカメ専用機には及ばない。これは当然。ただ、ほとんど常に持ち歩いてるものでメモ程度には十分すぎる程のものが記録出来るのが携帯カメラの一番のメリットだろう。実際、このblogで使う画像もほとんどV601SHで撮ろうと思っている。SDカードでPC連携出来るのはかなり楽だ。

携帯はSH04-->SH08-->V601SHとずっとシャープ。
X68000が好きだったから…というわけではないけど、何よりも軽快な操作が気に入っている。V601SHでもこの点は更に強化されていて、待受で自分の好きなショートカット編集が出来たり、画像とメールをワンアクションで連携させる機能が充実していたりする。
ごてごてしたメニュー画面が出る携帯も多いけどあれは性にあわないなあ。HP200LXもそうだが、何かしようと思ったときにすぐアクションに入れるのが携帯端末のキモだ。

使い始めて1週間過ぎたが、そういえばまだマニュアル読んでない。同じSHシリーズだからかな。
まだまだ知らない機能一杯ありそう。

2003.12.20

我が瀕死のHP200LX

数年サイクルでの買い替えが普通で、消費という言葉がぴったりのPC業界。
そんな中にあって、多くのユーザに長い間愛され、また愛され続けているコンピュータがある。掌サイズ(というには少々大きいか)のコンピュータHP200LXである。
そしてこのマシンが私が今までで一番長く愛用したコンピュータでもある。単純に愛着から保存しているというのではない、現役として日々利用していたのだ。
一部でパンツPCと言われてたように持ち歩いて活用出来る(少なくとも私にとって)初めてのマシンだった。
発売されて間もなく購入した。1994年発売だったと記憶しているので10年近く使い続けていることになる。
たが逆に携帯することで数々の危険にさらされ、何度となく地面への落下を体験していた…。

てなわけで、俺のHP200LX、どんどんボロボロになっていってたのだけど、ついに末期状態になってきちゃいました。
これまでで既に
・電池蓋のツメ割れ、閉まらず
 ⇒メンディングテープで補強
・背面ネジがいつのまにか4本中3本なくなり、
 パカパカ状態。
 ⇒テープ&接着剤で無理やり固定
・液晶左端かすれて見えず
 ⇒TEXTはVZで行番号表示して編集。後は気合
・液晶面と本体面を繋ぐ右ヒンジ割れ
 ⇒接着剤でかろうじて首の皮一枚
・反応の悪いキーあり
 ⇒押し付けorねじりながら入力。慣れればタイプ
  スピードはそれほど変わらない

という状況で使ってたんだけど、さらに
 ・右ヒンジ再破損、欠けてるような気が…
 ・液晶ねじり具合次第だが基本的に4割はかすれる
 ・PCMCIAカード取り出しノブ破損
となってしまった。液晶がさすがにキツい。

Zaurusとか最近のPDAに変えるのもいいけど、文字入力のスピードは落ちてしまいそう。それ以前に買う金ねーや。

broken200LX.jpg

2003.12.19

怪しい尻が万と書いて…

コンピュータ歴が長いせいなのかわからないが専門的なアプリは無理としても大体のアプリなら作りがおぼろげながら想像がつく。そのおかげかマニュアルを見ずとも大体の設定や操作方法がわかるという方は私に限らず多いと思う。

普段Windowsを使っているのだが、同居しているMacユーザな人がアプリ操作に悩んでるときに「こうしてみれば?」というと、結構当たってることが多い。
そんな時に不用意にいってしまったひと言、
「俺はかいけつマンだからね。解決マンじゃないよ、怪しい尻がよろずあると書いて怪尻万だ」

その場限りの軽い発言のはずだったのだが気に入られたようで、すっかり定着してしまった。
その後、何か問題を解決するたびに俺は一家に一人の「怪尻万」と化す。わざわざ名乗り上げたりはしないが毎回同居人から「さすが怪尻万!」と、漢字にルビつきで言われてる気がする。尊敬されているのか解決される度に笑われているのか…。
ま、それはそれでネタ的には美味しいか。今回は不用意な発言には気を付けよう、という非常に含蓄のある話となったな。うんうん。

mits*depotなんてタイトルのblogにいきなりこんな話ってのもどうかと思うが、
「タイトルなんて飾りですよ。偉い人にはそれがわからんのです」
という定型句を持って話を締めよう。

2003.12.18

ペットストーカーな日々

我が家には俺の他に
・小さくて黒くて吠えるとうるさくて長~いの
・○○くて白くて歌うと止まらなくて長~いの
が同居している。
後者は触れると危険なので伏せるが、前者はペットのミニチュアダックス「小春」だ。

平日は仕事のため、小春には朝から夕方まで留守番させている。せっかくADSL環境もあることだし、都合のいいことにうちのノートPCはカメラつきで三脚も使える、消費電力もそこそこ低いCrusoeマシンだ。
ということで飼い始めた今年の春から平日はほぼ毎日Internet経由で部屋の状況を覗いている。ほとんどペットストーカー状態…。
様子が見れて安心な上に、あちこちイタズラしてるのが見えて、帰る前から片付けが憂鬱になるという特典つきだ。

最近ではリビングを開放してるのでなかなかカメラ画面に映ってくれなくなったが、3ヶ月~半年あたりの画像記録は成長記録としても貴重だった。おかしなショットが撮れて大笑いしたことも多々ある。
これを始めてようやくIP常時接続を活用した気がするなぁ。

ちなみに監視ソフトはLiveCapture2を使用させて頂いてます。
これだけ安定・高機能なものをフリーで提供してらっしゃる作者さんには頭があがりません。ほんと。

mits*depot開庫

@niftyさんがお手軽コースでもblogを提供してくれるという嬉しい知らせを聞いてさっそく登録してみた。
ニフティはもう10年近く会員なのだが、今住んでる所が結構な田舎でプロバイダ接続環境が限られるため最近ではメールアドレスの確保だけのIDとなっていた。こういう形で有効活用が出来るというのは有難い。
いや、有効活用するかどうかは自分次第なのだけども…。
 
mits*depotというタイトルはさっき適当に決めたのだが、depotは「倉庫」みたいな意味だったと思う。
(repositoryの方が近い気もするけど長いからヤメ)
ちゃんと調べてからつけろよって気もするが人生の76.5%はその場の勢いで乗り切るものだ。
ここが普段ならどこにも残すことのなく消えていく、しょうもない記憶の倉庫にでもなってくれればいいし、ならなくてもいいし。(c)グループ魂

ところでいまだに倉庫と聞くと一番にピコピコゲームの雄(?)「倉庫番」が頭に浮かぶのは如何なものか?>俺
「8bitの魂256bitまでも」とはよくいったものである。

Main | January 2004 »