カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 小春と弥七『マラソン』 | Main | ハブラシを巡る闘い »

2004.03.25

魁!マンガ週間

しばらく買いそびれていたマンガと他のページで見たオススメマンガを買い揃えたりしたので、先週はなんだかマンガ週間だった。購入マンガを同居人担当分も含めてざっと挙げると以下の通り。

『王国の鍵(4)』紫堂恭子
『万祝(2)』望月峯太郎
『バカ姉弟(3)』安達哲
『のためカンタービレ(8)』二ノ宮知子
『おるちゅばんエビちゅ(12)』伊藤理佐
『NANA-ナナ-(10)』矢沢あい
『首輪物語』山本貴嗣
『夢使い(6)』植芝理一
『よみきり・もの(6)』竹本泉
『空のむこう』遠藤淑子

さらに俺ブンさんの記事で紹介のあったものもついつい購入。

『ササメケ(1)~(4)』ゴツボ×リュウジ
『プラネテス(1)~(4)』幸村誠

ササメケの人は羽海野チカとどういう関係なんだろ。帯も書いてたし。絵の感じとかギャグの作風が結構似ている。「あれ、ハチクロの森田先輩出て来てる…」と思ったのは俺だけではないかも。
プラネテスは大好きだなぁ。これはまた別記事でちゃんと書こう。

他にも同居人が借りてきた
『DIVA(全巻)』小野弥夢
も加わって読みふける。いや~、やっぱこういう乗り越え成長モノはわかっていてもついハマって読んでしまう。
藤田和子『ライジング!』や槇村さとる『愛のアランフェス』『ダンシングジェネレーション/NY★バード』とか。
バレエものだといま一番気になってるのは山岸凉子『舞姫~テレプシコーラ』だ。なんであんなに淡々としてるのに面白いのだろう…。

BSマンガ夜話もまたセレクションが放送されたりして、読み返したい本、買ってみたい本が増えちゃうんだよなぁ。とりあげられたマンガがちょうど家にあるときはすぐ気になる部分を読み返せて凄い満足感。
こんなふうにささやかながら生涯一マンガ読みとして過ごしたいところですね。

« 小春と弥七『マラソン』 | Main | ハブラシを巡る闘い »

「アニメ・コミック」カテゴリの記事

Comments

すっごいマンガの量ですね。
こんなにチェックしておられるとはすごい。

私がこのリストでチェックしているのは、、、
のだめを除くと
『バカ姉弟(3)』安達哲
ですね。

最近、自分がかわいいキャラが出ているマンガが好きなのではという感じがしてきました。

バカ姉弟、、、かわいいんですよね。

おお、バカ姉弟読まれてましたか。さすがです。
実はバカ姉弟のオススメレビューを書いてたところなんですが…難しい。説明しにくい魅力ですね、あれは。
とりあえず「おねい」かわいい(笑)

買う漫画の数は昔に比べて減った方だったりはするんですが2人になったため結局あまり冊数変わってないのかも。結構な出費…でも必要経費となっております(^^;

最近、マンガをジャケ買いしてしまいます。

平積みしていて、絵が好きで、お店のお勧めなんて
書かれていたらつい全巻買ってしまいます。

マンガ喫茶に一時期行っていたのですが
やはりしっかりとは読めないですね。

私は昔エジプトにいたのですが、そのときはJOJO
の第三部をつねにトレースしていました。

ここはポルナレフが戦ったところだとか、、、。

オタクっぽくてすいません。

>>俺ブンさん
エジプトでジョジョの当地巡礼!羨ましい。ジョジョは男子の基礎知識でしょう(笑)
ファン心理として舞台となった場所を見たい、ってのもありますよね。
「サード・ガール」(西村しのぶ)というマンガの舞台が神戸だったんですが、神戸付近在住のパソコン通信仲間を中心に開催された真夏の神戸名所を練り歩くイベント(オフ会)に行ったりしてましたよ。ほとんど野郎だけで…。ある意味異様な光景だったでしょう(^^;
さらにオタな感じですみません…。

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6566/346629

Listed below are links to weblogs that reference 魁!マンガ週間:

« 小春と弥七『マラソン』 | Main | ハブラシを巡る闘い »