カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« NikonD70で一眼再入門 | Main | 小春と弥七『マラソン』 »

2004.03.23

ウイルス命名の改善案

次々に生み出されるコンピュータウイルス達。
ふと思うのだが、誰がどうやって命名してるのか知らないけどウイルス名って今みたいな呼び方じゃダメなんじゃないか? 最近だとNetsky,Baqle,Mydoomや、ちょっと前ならCodeRedと、人為的かつ迷惑なものなんだから、もっとみっともない名称にすればいいのに、と思うのだ。
 W32.友達不在
 W32.粗チン
 W32.毎日鳩に糞かけられる
とか呼ばれれば作ったほうもちょっとヘコむんじゃないだろうか。さらに新種出す度にどんどん酷くなっていって…。
もしクラッカー達の掲示板があったとして、みんなから「粗チン」製作者は…なんて反応あったらきっと嫌だろう。

以前、暴走族なんて呼ばずに珍走団と呼ぼうって話もどこかであったが、それと同じ路線である。本人達への効果はおいといて、周りが迷惑な対象に対するマイナス方向の共通イメージをもつことは無駄ではないだろう。


とか思ってたらタイミング良くこんな記事が…。CROSSBREEDさんの記事によると最近出回っているらしいWinnyターゲットのウイルスは通称W32.AntiWinny.kintama(仮)と一部で呼ばれているらしい。
これだよ、これ。以後こんな感じでお願いします。>見知らぬ命名者殿
しかし、恐ろしい動作をするウイルスだな、これ…。

こんな名称でも余計に喜ぶ趣向の作者はいるんだろうなぁ。

(追記)
ググって調べてみるとこんな記事があった。命名はいろいろのようですね。「お見通しだよ」という作者へのメッセージというのは確かに下品なだけのよりオトナな感じ。下品はやっぱダメですか…。

« NikonD70で一眼再入門 | Main | 小春と弥七『マラソン』 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ウイルス命名の改善案:

« NikonD70で一眼再入門 | Main | 小春と弥七『マラソン』 »