カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 熟慮とディスコミュニケーション | Main | ありふれた魔法で… »

2004.08.16

iPodでウィークエンドシャッフル

koharuwithipod.JPG
(画像は同居人ページより勝手に流用)

パソコンやデジタル家電は基本的に大好きなのだが、その中でも生活を変える機械というのがある。パソコンやブロードバンド機器は特にそういう性質が強いのだが、いわゆる家電系でも生活を変える製品が出てくるようになった。例えば一昨年購入したHDD/DVDレコーダのXS40はTVとの生活を変えてくれた。そして今回、音楽との生活を変えてくれそうなブツである。

そんなわけでついにiPodを購入してしまった。俺の週末はiPod関連でばたばたしていたのである。

購入経緯は同居人の記事にも書かれているが、同時に導入したFMトランスミッタの評価も含めて俺なりにまとめてみよう。
最近ずっと仕事忙しくて何も書けてなかったので、ストレス解消とばかりに例によって無駄に長くなる予定である。

◆iPodって?
iPodはMacintoshで有名なアップルが発売しているHDD付きのMP3プレイヤーだ。難しいことを省けば「タバコ箱サイズのウォークマンでカセットやMDの入替えなしに曲が数千~数万曲入っちゃうもの」である。
iPod自体は最初の発表から注目していた。アップルの情報機密厳戒態勢で何かのサウンドデバイスらしい、くらいの情報しか流れていなかったiPod。そしてその全容が明かされた。HDD付きMP3プレーヤという発想自体はそれまでもフラッシュメモリ等をベースにしたMP3プレーヤは出ていたので延長上の製品に過ぎない。ただし、HDDであることによるその圧倒的な容量は魅力的なものだった。

◆購入への道
iPodそのうち欲しいなぁ、と思いつつもヘッドフォンで一人で聴くだけのために導入するのは利用シーンが少なく、そのくせ高い。そんな理由から長いこと保留されていたのだが、引越し後、車での移動が増え、車内の格納ポケットをCDが占領している様が日常的になっていた。
入りきらないときはダッシュボードの上にCDケースが置いてあることもある。この状態でエアバッグが開いた日にゃ、特に助手席はヘタすると死ぬような気がする。もちろん見た目的にも美しくない。
かなり頻繁にCDを持って上がったり、持ってきたりが繰り返される手間。iPodがあればこれは解決するんだな、という具体的な利用シーンが購入の決定打となった。
うちの車のオーディオには外部入力はないが、FMトランスミッタ(音声をFM電波にして飛ばすもの。車のラジオチューナでそれを受信する)を利用すればなんとかなる。家のコンポのCD読み込み不良も重なり、購入が固まっていった。

◆どれを買う?
ちょい前に発表されたiPod miniがえらく受けているようで世間では在庫なし状態が続いているらしい。Macユーザメインで広がっていたiPod人気はいつのまにか対象がこんなに広がっていたのか。
iPod miniのデザインは好きでも嫌いでもないのだが、4GBという容量では現在のMacに入れているiTunes管理容量で既に5GB近い。まだ入れてないCDも多い状況でこれではどう考えても容量不足だ。車での利用メインと考えるとそこまで小さい必要もない。
そこへタイミング良く価格と機能、容量のバランス、そしてちょっと気になってたバッテリ消費が改善された第4世代iPodが発表された。これならうちのMac+Windows環境にも対応出来る。現在はMacがホストマシンだが、そのうち俺のヘボノートがイカれてニューマシンになったとしてもUSB2対応なのでそちらをホストにも出来るってわけだ。
容量は20GBと40GBの2つから選ぶことになる。価格差は約1万。曲だけで考えると20GBあればさすがに困ることはなさそうだ。だが、外付け一時HDDとしての利用もある。20GB分のバックアップHDDとして使えると最近膨張しているデジカメ画像の扱いが楽になる。ついでにFMトランスミッタを探す時にAppleStoreの関連アクセサリで各種メモリーカードの中身をiPodへ転送するやつまで発見しちゃったり…。いや別にこれも買うと決めた訳ではないですけど。
更にWEBでスペックを調べると20GBモデルにはDockがついてないらしい。携帯を充電するように気軽に充電&リンクさせるならDockは楽そうだ。さらにDockにはLINE出力端子がついているようだ。これならCD読み込み不調のコンポに直接繋いで室内ジュークボックス化も出来ることになる。
そんなわけで購入ターゲットはiPod(ClickWheel)40GBモデルに決定。

◆先走り
先週は出張していたため、同居人といいタイミングだからiPod買おうかと電話で話したのが8/11(水)の夜だった。その翌日の夜、アップルの直販であるAppleStoreのiPod関連アクセサリに8月末までの期間限定でBelkin iPod カーセットなるものを発見した。これは

FMラジオでiPodの音を鳴らすことができるFMトランスミッタ「Belkin TuneCast II」、カップホルダーにiPodを装着できるカーホルダー「Belkin TuneDok」、シガーライターからiPodとTuneCast II FMトランスミッタへ同時に電源供給することができる「Belkin Mobile Power Cord」の3点セット。

というものらしい。今回の目的にぴったりだ。価格もそこそこ。
期間限定って、実は製品リニューアル前の在庫放出だったりする場合も多いんだけど、そのへんは気にしない。デジタル関連製品はいつだって欲しい時が買い時だ。

そんなわけで8/12(木)の夜には同居人の手によりこのセットのオーダ完了。

◆在庫が…
金曜日は同居人が天神へ行く用事があるというので、iPodもその時にビックカメラあたりを覗いてあったら買っておく、ということになった。昨日オーダしたカー接続セットはもう発送されるらしい。仕事速っ。
ところが人気なのはminiばかりかと油断していたら、通常iPodも店頭在庫切れだったようで、なかったメールが届いた。予約受け付けのみの状態なのだという。miniが購入出来なかった人が店頭にあった方を購入したパターンも多かったのかもしれない。
入荷未定か。カー接続セットは先走り過ぎたか?
などと思いつつもあまり心配してなかった。なんとなく金曜購入は在庫切れで結局俺が帰ってから近所のDEODEOに買いに行くような映像が頭にあったのだ。夢で見たのか何だったのか覚えてないが。
なんとか金曜の夜に出張先より福岡へ戻り、土曜の午前に昼飯ついでにDEODEOへ行ってみた。足早に向かったiPodのコーナーには「在庫切れ・注文カード」…。

あれっ?

うーん、あのイメージは偽者だったか。てかそういう予知夢的経験ないしな。同居人はさくっと別のものを見て回ってるようだが、なんとなくしっくりこないので次の入荷がいつなのかだけでも店員さんに確認してみる。調べに行った店員さんが戻ると

店員:「注文カード出てますけど在庫帳簿上はあることになってるんで、探してみます」

とのこと。お、ちょっと可能性出てきたかな。店員さんはしばらくあちこち走り回って、ようやく戻ってきた。しかし手ぶら。

店員:「すみません、やはり…」

やっぱダメだったか、そううまくはいかんよね。

店員:「注文カードはこちらのミスで在庫あるようです」
俺 :「じゃ、それを!」

間髪入れず即答。こうしてうっかり(?)iPodは入手できてしまった。カー接続キットもこの日の朝に到着済みだったので、水曜の夜に購入を思い立ってから一式揃うまでわずか2日半である。

◆あれこれ接続
一式揃ったところでさっそく接続を試してみる。
まずはMacとiPodを接続。FireWireでMacとDockを繋ぎ、DockにiPodをチャキっと差し込むだけで勝手に充電と転送が始まる。FireWireの威力か、みるみるうちに曲は転送されていき、1000曲ちょいが10分くらいで転送完了してしまった。
次にFMトランスミッタのテストも兼ねて、室内のコンポへ音声を飛ばしてみる。トランスミッタの設定周波数とコンポのFMチューナの周波数を適当に合わせてポン。おお、聴こえだした。簡単簡単。
次に車載キットの接続確認だ。車へ一式持っていきシガーソケットに電源アダプタをぶっ挿す。そこからFMトランスミッタとiPodへ電源コードを伸ばして接続完了。iPodへはちゃんと充電されているようだ。曲を再生するとFMトランスミッタが反応して動き出す。車での接続もOK。
外出の用事も終わり、家に戻ってきたところでさらに実験。前述の通り40GBモデルに付属のDockにはライン出力端子が付いている。ケーブルは付属してないが、ミニピンジャックから赤白ステレオピンジャックへのケーブルはいつだったか買って持ってたはずだ。
10分ほど押し入れの大捜索の後、ようやく発見。これを使ってDockのライン出力からコンポへの接続にトライ。これもあっさりOK。
コンポの近くにDockを置かないとケーブルが届かないものの、これでiPodを室内ジュークボックスとして使うことも出来るというわけだ。
MacとiPodを同期させるのは新しくCD買った時とかプレイリストをいじったときだけだから、普段はこっちで充電&ジュークボックスとして使う方が便利かもしれない。

◆音はどうよ?
まず俺が購入したFMトランスミッタ「Belkin TuneCast II」の音質だが、AMラジオ以上、FMラジオ未満である。って、そりゃ当然か。位置付けとしては

AM---------★----FM-------CD

アバウトだけど★のあたりかなぁ。FMラジオ以上になることはないので自明な図ではある。あくまで感覚的なものでしかないけど…。
気になるのはノイズ。室内のコンポとの接続ではほぼノイズはなかったが、車だとやはり無音に近い時のノイズは結構目立つ。録音レベルの低い昔のCDなどでは気になることもありそうだ。
ただこのへんは空き周波数調整やトランスミッタの置き場所、走る場所での周囲のノイズ次第かもしれない。アンテナ位置などから車自体との相性もあるだろう。(うちはLapin+純正オーディオ) まだあまり試せてないのでこの辺はいろいろ調整してみたいところだ。
少なくとも昔1000円ちょいで買ったアナログ調整の安物FMトランスミッタに比べると当然ながらかなり安定している。あれは走りながらなんども周波数を合わせ直したり場所変えたりしないとまともに聴けなくて大変だったもんなぁ。
他にも高音部がいまいちな気がするとか、ステレオがなんとなくモノラル風味に聴こえる気がするとか「気のせいかも」レベルの感想はあるが、そこまで音質にこだわってる訳じゃないので(出力元がMP3プレーヤだし…)ドライブジュークボックスとしてのレベルでいえばそれほど不満はない。また、iPod側/カーステレオのイコライザをいじればある程度のクオリティアップは望めるかもしれない。
もしちゃんと音にこだわる人ならAUX入力付きのカーステレオに変えるのが一番いいだろう。他のFMトランスミッタだとどうなのかは不明。カセット対応のカーオーディオならFMトランスミッタより疑似カセットタイプのアダプタを使った方がノイズの心配がなく安定するかもしれない。

さて、肝心のiPod自体の音質は…

はっ、まだヘッドフォン繋げて聴いたことねーぞっ!

FMトランスミッタやらの接続テストにかまけて一番普通の使い方をしてない事実が発覚。まだ付属イヤフォンも袋の中に入ったまま…。
コンポにライン出力で繋いだときの感想からいけば、普通のMP3プレイヤーレベルなんだろうな、という感じ。素晴らしいとも、こりゃアカン的感想もなし。エンコード品質次第なのかもしれないけど用途的にはあまりとことん追求するようなもんでもないかと思う。ロスレスエンコードする気はないし、俺自身そんなに耳がいいわけじゃないしなぁ。

◆機能はどうよ?
iPodの一番の特徴といえばその操作性ではないだろうか。単体での操作性、そして管理ソフトでもあるiTunesとのやりとりがスマートである。
iTunesに曲を追加したいなら対象のCDを入れてiTunesの読み込みボタンを1クリック。CDDBに対象CDのデータがあれば曲名やアルバム名、アーティスト名も勝手に入ってくれる。
iPodに移すにはMacとiPodを接続するたけ。DockつきならiPodをDockに置くだけで更新のあったファイルやプレイリストだけを転送してくれる。これは快適だ。
iPod側もClickWheelとなった第4世代ではほとんどWheelから手を離すことなく指一本で操作が出来る。アーティスト毎の選択やアルバム、曲名での選択、そしてシャッフル機能によりいろんな聴き方が簡単操作で楽しめるのだ。
中でも特筆すべきはシャッフル機能だろう。シャッフル自体は昔のCDコンポでもあった機能だが、その対象が数千曲になると違う世界が繰り広げられる。
自分の音楽ライブラリの幅次第ではあるが、例えばうちでは

桑田佳祐の曲が終わるやいなや唐突にグループ魂のコントが始まり、何故か中島みゆきにリレーされていく。
かと思えば時にはCrazy Ken Bandの剣さんが「イーネッ!」と一言だけ残して脈絡なくLed Zeppelinの曲が始まる…。

とまぁ、こんな展開もあるわけだ。全曲シャッフル以外にも曲毎シャッフルにしてアーティスト全てを選べば指定アーティストの全ての曲からのシャッフルにしたり、アルバム毎シャッフルにしてアルバムまるごとずつでのシャッフルを楽しむことも出来るようだ。シャッフルさせながら松任谷由実の話をしてたらそのアーティストの曲がかかる、なんてこともある。しばらくは全曲シャッフルでの偶然の出会いを楽しめそう。
この他におまけ機能として時計・カレンダー機能、アラーム、ゲームなども入っている。このへんはあまりいじってないがゲームの中にあるMusicQuizが楽しい。
これはつまり「曲名早当て5択ゲーム」である。iPodの中に入れてる曲の中からランダムに5曲のタイトルが表示され、その中の1曲が流れ出す。イントロクイズかと思ったがどうもイントロ部分でなく曲の途中を流しているようだ。時間とともに液晶に表示された5曲の選択肢はじょじょに減っていきかわりに獲得出来るスコアも減っていく。
これを室内でFMトランスミッタからコンポに繋いでいるときに試していたらこの手が大好きな同居人はテキメンにハマり出した。接続テスト途中だったので取り上げたが、そうでなきゃ延々と延々と延々と延々とやってたのではないか…。
この時は40問程度で取り上げてしまったが、あのクイズ、ちゃんと終わりはあるのだろうか。
このゲームは外部スピーカに繋ぐと二人であーだこーだ言い合いながら遊べるので、その方がヘッドフォンで一人黙々と修行僧のようにやるよりわいわいと楽しめていいかもしれない。
寝る時のBGM用にiPodに繋げる小さな外部スピーカ欲しくなってきちゃったなぁ。物欲連鎖…。

そんなわけで先の週末はiPodの購入と日曜にはCrazy Ken Bandのライブで音楽三昧なのだった。
まだ使い切れてない機能がいろいろありそうなので楽しみ。プレイリストも今までiTunesで作ってたのとは別視点で作る意味が出てきたのでそういう方面の楽しみもありそうだ。夏向けとか季節毎に分類したり、ひたすら切ない曲メドレーというのも時にはいいかもしれない。
結果としてiPodは導入して大満足である。

Apple M9245J/A iPod 40G Mac & PC

発売日 2003/09/13
売り上げランキング 439

Amazonで詳しく見るB0000CGP58

« 熟慮とディスコミュニケーション | Main | ありふれた魔法で… »

音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« 熟慮とディスコミュニケーション | Main | ありふれた魔法で… »