カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 6:バルセロナ、約束の地のガウディへ | Main | ひと休み »

2004.09.06

単焦点レンズ購入

週末に手持ちのD70用の交換レンズ、AiAF Nikkor 50mm F1.4Dを購入してしまった。
aiaf50f14.jpg

D70を購入した時から次のレンズ買うとしたら何にしようかというのは予算ないのにずっと考えていた。大きく2案で、明るい単焦点か200~300mmまである望遠のどちらかにしようというところで落ち着いていた。

そんな中、ここ最近仕事がハードで残業続きだったこと(ってまだ落ち着いてないけど)、他の事に特に金使ってるわけでもないしなぁ、という勝手な理由付けで新レンズ購入を思い立つ。単焦点か望遠か、については既に答えは出ていた。D70の標準ズームキットであるAF-S DX Zoom ED18~70mmは非常に優秀なレンズだと思うのだが、それでもワイド端で明るさはF3.5である。我が家の結構暗めの照明下での撮影はISO1600にすればなんとかなるものの、そこまでやるとやはり暗部のざらつきや偽色は避けがたい。もちろんシャッター速度遅くして三脚立てれば問題ないけど主な撮影ターゲットがちょこまか動く犬だったりするとそんなことしていられない。
室内ならズームにこだわることもない。よし、明るい単焦点レンズで室内撮影を楽しもう!ということでターゲットは28~50mm程度までの明るい単焦点レンズに決めた。

ちらちらと35mmF2や50mmF1.4のレンズが評判がいいことは聞いていたのでカメラ屋さんの店頭で値段をチェック。大体の価格帯でいうと

AiAF Nikkor 35mm F2D   3万ちょい
AiAF Nikkor 50mm F1.4D  3万弱
AiAF Nikkor 50mm F1.8D  1万後半

だった。実際はこれにポイント還元がつく。うん、明るさ、焦点距離と値段からすると俺に選べるのはこのへんまでだ。上を見れば…なんてキリがないのだろう。桁が1つ違う。さすがに腕も財布も俺はそのレベルにない。
注目すべきはノーチェックだった50mmF1.8Dで、えらく価格が安い。他の2候補より1万以上安くつくではないか。

deathcat.jpg
(F5.6 1/60 ISO900)

ちなみにこれはカメラ屋でもらってきたデスノート…もとい、ニコンのレンズカタログ。下手に覗き込むと確実に財政にダメージを与える世界3大禁断の書のひとつである。
カタログからスペックなどを確認するも、いまひとつ決心がつかずにいた。50mmF1.8Dで十分目的は果たせそうな気はする。その時、以前、一眼デジカメ購入で悩んでいた時の記事掌上都市觸覺の敦仔さんから頂いたコメントが頭の中を駆け巡る。

「ボディは生もの、レンズは乾きもの」
「ボディは生もの、レンズは乾きもの」
「ボディは生もの、レンズは乾きもの」

しっかり3回つぶやき、結局50mmF1.4Dを店員さんに伝えた。ついでに35mmF2Dも試させてもらう。室内を考えると35mmの方が画角としては使いやすそうだ。D70だと1.5倍だから35mmで50mm相当になるし。
実際に試させてもらって、やはり50mmF1.4で稼げるシャッタースピードはかなりのものなのがわかる。しかし画角は室内なら35mmの方が応用範囲は広そうだ。外での風景撮影にも便利そう。 しかし50mmだとポートレート撮影にもってこいな感じでもある。
結構迷ったのだが、最終的には今回の目的が半段でも明るさを確保してみたいこと、また今手持ちのズームレンズで室内撮影する時に一番よく使ってるのが50mmあたりだったような気がしたので50mmF1.4に決定した。

aiaf50f14box.jpg
(F2 1/125 ISO800)

帰ってさっそくD70に装着。目の前にあった箱をパシャリ。やはりF2付近では被写界深度浅いんだなぁ。

tameshi1.jpg
(F1.4 1/20 ISO400)

問題(?)の室内照明下でソファーでくつろぐ弥七を試し撮り。これまでだとISO1600でないと厳しかった明るさがISO400でもOKに。被写界深度の浅さでの遠近ボケも楽しい。弥七の「ピー!」な部分がボケで隠れてセーフ!(?)

tameshi2.jpg
(F1.4 1/50 ISO1600)

限界に挑戦!ということでさらに暗く照明を落としたところでちょっとアンニュイな弥七を撮影。ISO1600で1/50秒が稼げた。思ったよりざらつきもなくいい感じ。

tameshi3.jpg
(F1.4 1/40 ISO1600)

照明落として隣の部屋の電球のみの明るさの部屋でガラの悪い兄ちゃんのごとくガムをくちゃくちゃ噛んでいる小春。F3.5レンズだとシャッター速度が落ちて顔や口元は被写体ブレでなんだかわかんなくなっていたはず…の図。

tameshi-hiru1.jpg
(F1.4 1/80 ISO200)

翌朝の室内にてなんだかかわいいポーズで待つ小春をパチリ。外は曇り空での室内撮影ながらISO200でも十分イケる。浅いピントのおかげで散らかってる室内がわかりにくくなるのが一番のメリットか!?

tameshi-soto1.jpg
(F2.5 1/60 ISO640)

公園での散歩途中で見かけたネコ殿もパチリと。雨がパラつく曇天&日暮れが近い撮影には厳しい条件でも手ぶれしない速度を確保できる。ISO感度としてもまだまだ余裕ありそう。

嬉しがって開放させてばっかりですけど、絞って使うのもあれこれ用途ありそうですね。写真は載せてないけど外での人物ポートレートもいい感じで満足です。レンズ違うと楽しみ方がまた違う。一眼ならではの楽しみですね。金は消えるけど(涙)
室内では50mmより35mmの方が使い勝手よいってのは確かにあります。ただ、これは「人を撮るなら」ということで。ミニチュアダックスのヤツらをそっと近づいて撮るには50mmでちょうどいい感じ。なるほどだから50mm付近使うことが多かったイメージがあったのか。でも35mmもあると楽しそうだなぁ(ぉぃ)


ちなみに次に狙うとしたらコレ。しかしその「次」は一体いつ来るのやら…。

Nikon AIAF ED 70-300 F4-5.6D

発売日 
売り上げランキング 

Amazonで詳しく見るB00005OFHI

« 6:バルセロナ、約束の地のガウディへ | Main | ひと休み »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

今度、ワタシとアーも写してちょ。納得いくショットが撮れるまで(笑)

>>いのさん
じゃヌードで!(アー坊の(笑))
アー坊白いからカメラが勝手にグレーっぽく調整しちゃうんだよね。次はちゃんと補正してやらなきゃ…と毎回後になって思うんだよねぇ(^^;

コメントありがとうございます。
実は私の次なるターゲットは、「明るい単焦点」or「マクロ」なんです!
短焦点のねらい目はmitsさんご購入の50mm F1.4D
マクロはTAMRON SP AF90mm F/2.8 Di MACRO 1:1
D70を買って以来、レンズ沼にはまることは薄々覚悟していたのですが、
そのときがこんなにも早く訪れるとは想定外でした(^_^;)
世界3大禁断の書...私も持ってますが、気安く開いてはいけませんよね(笑)
同じD70! ぜひ情報交換させてください。
弥七くんに小春ちゃん...なんだかモデル慣れしてますね。
うちのcocoaも見習わせたい....(-_-;)

>>cocoaさん
こちらまでコメントありがとうございます。ちょうどこのエントリを書いた後にいつ買えるかもわからない70~300mmの作例ないものかとココログ内を検索していたらcocoaさんのMacincocoaにたどり着いたのでした。おかげで購入欲倍増です(^^)
明るい短焦点と望遠、そしてマクロ。やっぱり狙いどころはそうなっちゃいますよね! 50mmF1.4Dもまだまだ使いこなせてないですが、かなりイイですよ~。TAMRONのもえらく評判よさそうで気になる存在です。
禁断の書はダメだと思いながら時折開いてしまいます…。VRは買うの無理でも試してみたいなぁ。でもそんな葛藤も全て含めてカメラの楽しさなんでしょうね(^^)
モデルのうちの犬達は結構カメラ嫌がってたりもするのですが、AF補助光切ったら少し相手してくれるようになりました(^^;

値段の高さに「VRなんて邪道だよ。腕で勝負しなきゃ」ってな強がりを言ってみても
VR...やっぱり使ってみたいですね。
もっと安くなることを切に望みます。
AF補助光 勉強になります。試してみますね!

>>cocoaさん
VRの諦め方として私は「動く犬とかだと重要なのは手ブレじゃなくて被写体ブレだもん」で自分に言い聞かせてます(笑) その割には手ブレ写真多いのは見なかったことにします(^^;

モデルの犬達、室外だといいんですが、暗めの室内だとAF補助光がまぶしいみたいで、ぷいっと視線逸らされてしまうんですよね。補助光OFFにすることでのAF精度の差とかあるのかもしれませんが、肝心の被写体が向こうむいてしまったら意味ないので…。

50mmの単焦点、いい選択だと思います^^
早速、D70で中望遠な描写を楽しまれているご様子。

暗いところではAFよりもMFで合わせた方が速いこともままあり。
AF補助光で被写体に嫌がられる位ならMFにしましょ~。

で、50mmはちょっとした工夫でいくらでも変身してくれます。
マクロレンズや望遠レンズを買う前に、
後々の投資にもなるアクセをちょっと買うだけで同等の効果が。


■マクロ化する

a.クローズアップレンズ

ACタイプのひずみ少ないものでも2000円台。
コレ使うだけでぐぐっと寄れるようになりますよ。

b.リバースアダプタ

千円台で導入可能。
レンズを逆さまに取り付けます。
恐ろしいまでの拡大撮影が可能。

c.接写リング

5000円~15000円くらいの投資で、
等倍撮影ができるようになります。
輪っかの組み合わせで撮影倍数を選択可能。

■望遠化する

*テレプラス

二倍タイプで100mm、D70では150mm望遠に変身。
F1.4なら、二倍望遠でも開放F2.8として使えます。
これはのちのち望遠レンズ買ったときにも、
超望遠化で活躍してくれます。

以上、ちょっとしたお小遣いで50mmはもっと楽しめます!

ちなみに最近私は、*ist D用に購入した、
30年前の55mmF1.8(¥3500)に接写リング(¥1500)を合わせ、
レトロなクローズアップ撮影を楽しんでます~^^v

ステキ、ステキ!
ムズカシイことは解らないけど、こんな後ろがボケた写真が撮りたくて私もイチレフ借りたんです。結果はご存知の通り...屋外での2ワンさまの写真楽しみにしてます♪

>>敦仔さん
アドバイスありがとうございます! 記事中勝手に前のコメント持ち出してすみません(^^;
カメラ購入時を含めて節目節目で敦仔さんのアドバイスを頂いてるので本当にありがたいです。
リングやアダプタは言葉は聞いたことはあったのですが、なんとなく「レンズいろいろ持ってる人&もっと技術を積んだ先にあるもの」な気がしてちゃんと勉強してないままでした(弱) 琢磨な話題で盛り上がってるのもなんとなくわかるようなわかんないような、で(^^;
なるほど、逆に少ない手持ち玉をコスト面からも助けてくれる便利アイテムなんですね。
ちょっとググって
http://www.kenko-tokina.co.jp/macro/index.html
http://www1.odn.ne.jp/~suga/take/closeup1.html
http://www2.wbs.ne.jp/~s-c/sa-ss/photo_1.htm#index
あたり見つけてきたのでこの機会にちょっと勉強してみたいと思います。数千円なら一日1杯ジュース削減でもひと月でいけますね(笑)
特に150mmF2.8相当なんてちょっとソソられます!

MFは…視力弱いのもあってこんなときは*istDのあの感動的なファインダー視野の広さがうらやましいです。あとはシャッターチャンスに間に合うかどうかですね。それをゲームのように楽しむというのもまた面白いかも。

2本目のレンズ導入で室内撮影が楽しくなったのも大きいですが、カメラをいじる楽しさ、選ぶ楽しさが増えたのもより大きいですね。うーん、カメラは奥が深い…。

>>Jさん
実はボカすだけならいくつか基本的なポイント抑えればいいだけなのでそんなに難しいことではないです。
どうボカすかとか、そういうのをコントロールするのが技術なんでしょうね。もちろん私はまだそのレベルから遠~いところにいるわけですけど(笑) それでもやっぱり遊んでて楽しいですよ~。
Jさんのところのギャラリーは「うまいなぁ」というのが一杯あるので、イチレフ慣れたらどうなるんだろう?とかこっそり思ってたりします。安くなってきたとはいえ、まだまだ値が張るものですけど、機会ありましたら是非チャレンジを(^^)

はじめまして。
トラックバックを張らせていただきました。

D70を使っておりまして、単焦点レンズが欲しいのですがどれにしようか迷ってる最中です。
用途的に屋内で犬を撮りたいので、同じ用途でつかってらっしゃるmitsさんの記事にたどり着きました。

F1.4、明るくて良さそうですね・・・
28mmの1.8を考えていたのですが、ちょっとぐらついています(笑

>>うんりゅうさん
ちょうどすれ違いでコメント書いてたみたいですね(^^;
F1.4の威力は大きいです。ただ、全開放だとピントも浅~いのでボケを楽しんでるのかボケに苦しんでるのかわからなくなってきました(笑) そのへんもあってよっぽど暗がりにいるのでなければF2.2あたりで撮ることも多かったりします。そういう意味では28mm/F1.8も捨てがたいですね。(ってさらに迷うようなことを……)
レンズ決定されていく過程を見守らせていただきます(^^)

アドバイスありがとうございます。
却って決断のヒントになりました。
F1.4を生かす機会がすくなければ、まずは24mm/F1.8を購入してみようと思います。
このレンズで、もっと寄った短焦点で、なおかつ明るいレンズがほしくなったら50mm/F1.4を、広角すぎるだけなら、50mm/F1.8を次の選択肢にしようかと思います。
50mm/F1.8なら、僕のポケットマネーでなんとかなりますので・・・(^^;

>>うんりゅうさん
撮影環境によるので自分に必要なレンズの明るさを見極めるのは難しいですね。ほんの一例ではありますが、参考になったのであれば嬉しいです。
24mmいいですねぇ。室内スナップはもちろん、広角寄りならではの遠近感で遊べるし面白そう。外でも風景スナップに使えそうですよね。夕方の街中や三脚ないときの緊急夜景ショットなんてのも…。ああ、欲しくなってしまう(笑)
新レンズでのスナップがうんりゅうさんのブログにUPされるのをお待ちしております(^^) もちろん、小竜くんショットも!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6566/1365217

Listed below are links to weblogs that reference 単焦点レンズ購入:

» 相変わらずレンズ基地外 [酔竜庵〜うんりゅう.log]
http://mits.cocolog-nifty.com/mitsdepot/2004/09/aiaf50f14get.html#c697462 こういう写真... [Read More]

« 6:バルセロナ、約束の地のガウディへ | Main | ひと休み »