カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 親切なウソツキ | Main | VAIO延命処置 »

2004.10.14

Let's Skype!

◆ワッツSkype?
今日は今急速に普及しつつあると思われるSkypeについて。
Skypeって何?って人もいると思うので簡単に説明するとPC同士で電話やチャットが出来るもの、いわゆるIP電話のひとつである。
最近出張が多く、出張中はなるべくInternet接続環境のあるホテルを選んでるので、IP電話で自宅と連絡出来たら携帯も固定電話も使わずに連絡出来て便利&経済的そうじゃないか。
ということで今回の出張に合わせて導入テストをしてみることにした。

◆ホッツSkype
さて、話題のSkype。IP電話もずいぶんあちこちで聞くようになったがSkypeの強烈なインパクトは

・ソフト無料、通話もPC同士なら無料
・高音質かつレスポンスもいい
・インストール、設定が簡単
・ルータやファイアーウォールとかの知識がなくてもまず大丈夫
・対応しているOSが多く、相手を選ばない。(WindowsでもMacでもLinuxでもPocketPCでもOK)

ということにある。
とにかくPCを持ってて、常時接続環境があればほぼ使えるのだ。あとはPCに繋げるマイクとスピーカが必要だが、多くのPC、特にノートPCなら最初から両方付いてたりすることが多いので、ほとんどの人はすぐに使えるだろう。でもすぐヘッドセット欲しくなりそうだけども…。

◆ゲッツSkype
まずはSkypeのページからソフトをダウンロードする。Windows,Linuxに加え、Mac版もOS-X用(ただしまだ正式版でなく、英語版のみ、かつOS-X Pantherのみの対応)もそろっている。OS-X版はココにあるようだ。
ダウンロードしたファイルを実行すればSkypeのインストールが始まる。OS-X版なら好きなフォルダにドラッグして実行すれば終わりだ。

◆セッツSkype
インストールして起動すると最初にSkypeで使う自分のIDやパスワードの決定、プロフィール入力などが始まる。このあたりの詳細はここを参考にさせて頂きました。設定方法が詳しくまとめてあって非常に助かります。

プロフィールにどれだけの情報を入力するかはその人の判断によるのだろうけど、やはり貴重な情報でもあるので本名入れない人も多いようだ。とりあえず今は最低限の情報だけ入力している。あとは国情報や言語情報を設定しておけば海外の人からの突然のコールに焦ることは少なくなるらしい。
今のところ出張時の自宅とのやりとりがメイン用途なのでそれ以外のコールははじくように設定している。自宅用ユーザをフレンド検索で検索し、フレンド登録、オプションのプライバシーの設定で登録ユーザのみの通話、IM許可にしておけば不要なコールはこなくなる。(詳しいやりかたはさきほど紹介のページ参照)
逆に同じ趣味の人や海外の人とコミュニケーション取ってみたい!という人は許可にして、プロフィールに関心のあることやコメントを入れておけばばしばしコールが来るんじゃないだろうか。推測だけど。

◆テスツSkype
さて、うちで試した環境は以下の通り。

・マシン
(1)Crusoe600MHz-WindowsXPの自宅VAIOノートPC
(2)PowerMacG4 OS-X10.3の自宅Mac
(3)PentiumM1.4GHz-WindowsXPの出張ノートPC

・回線
自宅のInternet接続スピードはせいぜい600Kbpsというナローっぽいブロードバンド。出張先ホテルの速度は不明だが、1Mbps強か。

・接続

    自宅Mac---+---自宅ノート
         |
      無線ルータ
         |
      (Internet)
         |
   ホテルルータ(推測)
         |
       出張ノート

・結果
「出張ノート⇒自宅ノート」についてはほとんど苦労なく通話オッケー。相手がオンラインに見えるまで少し間はあるみたいだが、特に困ることはなかった。
「出張ノート⇒自宅Mac」についてはMacに繋げるマイクがないので通話できなかった。ここはまた対処をとってテスト予定。やっぱUSBヘッドセットいるかなぁ。

わざわざ2台用意しなくてもSkypeの動作確認は自分一人でもテスト出来るようになってるようだ。ダミーユーザである"echo123"というユーザにコールすると、アナウンスが流れだす。
英語だけどとりあえず、聞いてピーとなったら留守電に吹き込むかのように何かしゃべってみる。ちゃんとマイクが使える状態になっていればしばらくすると自分が今話した内容がそのまま繰り返される。これでしゃべった通りに聞こえればスピーカやマイク、基本的な設定はOKということだ。

◆ノーツSkype
実際に使ってみた感想をちょびっと。

・音質、レスポンス
噂通り実用的。いたってフツーに話せます。特に自宅のノートPC(VAIO-GT)は本体付属のマイクなのだが、元々ムービー撮影機能に特化してるマシンのせいかよく聴こえました。部屋のちょっと遠いところで話してるのもわかるほどだったのでペット音声監視(後述)に便利かも…。

・ヘッドセット
PC内蔵スピーカだと音質悪いことが多いのでヘッドフォンなりイヤホンなりを使う方が綺麗に聴こえて便利。
んで、実際これだけ普通に電話のかわりとして使えるとわかるとヘッドセットが欲しくなってきそうだ。PCの近くにいるので自然と手はPCに向かう。そんなときヘッドセットで両手がフリーになっているというのはすごく便利だ。今回俺はイヤホン+ピンマイクだったんでほぼヘッドセットに近い状況でした。らくちん。

・マシン性能
結構マシン性能は要求されるみたいな話を見かけていたので心配だったが非力なCrusoe600MHzマシンでもちゃんと使えた。このあたりがギリギリスペックなのかな。逆に回線速度はうちの自宅の低速ブロードバンドでも十分OK。音声だけやしね。

・テキストチャット
書き忘れてたけど、テキストによるチャットも出来る。
とりあえずホテルに戻ったらつなげておいてテキストチャットで音声通話を開始するまでの連絡にちょうどいい。「先に風呂入ってくる」とかね。音声通話が始まってからも「ここ見て」とURLを貼り付けたりするのにも使えて便利。
洋風顔文字":)"とか"B)"がフェイスマークに自動変換されるのが不思議な感じ。現在のところ「キターーーーー!」はありませんのでご注意(ぉぃ)。
テキストだけでなく相手へのファイル送信も出来るのでblogにUPしたいんでこないだ撮影してたあの画像送って、なんて使い方も出来そうだ。でも一回しか試してないけどファイル送受信はかなり低速だった。他のマシンを中継する、みたいなことが出ていたのでその中継マシンの性能次第なのかなあ。

・セキュリティ
簡単にインストール、設定出来るというメリットのほかに「しっかりしてるなぁ」感じさせるのが、ちゃんと通信される情報が暗号化されていること。これは重要なポイントで、そこをちゃんと抑えているのがエライ。簡単に使えて安心というのはすばらしいメリットだと思う。

◆バッツSkype
うちの環境では今のところ次の問題があった。

・出張ノートであるFMVにはマイク端子はあるものの内蔵マイクはない。MD用に持ってたピンマイクを使えばOKだった。ただし電池ONにしないとダメだったので電池の予備用意しておかなきゃなあ。
このへんはマイクの種類によるものかもしれない。やっぱりヘッドセットがほしくなる。こちらのマシンにはマイク端子があるのでUSBじゃない単なるピンジャックのヘッドセットで良さそうだ。それなら2千円程度か。

・うちのPowerMac G4(QuickSilver)にはなんとマイク端子がついてない。(この状態でコールするとサウンドI/Oエラーになった)
なので通話するにはUSBマイクなりをつける必要があるが、ためしにとりあえずDVカメラをMacにFireWire接続することでマイク代わりに出来ないか試してみたが、今のところダメ。iVisitで画像とかは出てたのでSkype側の対応次第なのかな?
最近自宅ノートの無線LANの調子が悪いので自宅はMacで通話というのが理想なのだが、ヘッドセット導入するしかないのか!? USBのヘッドセットがいるから4千円オーバになるようだ。ちと高い。

・MacについてはタイミングよくOS-XをUpgradeしたから使えているが、Pantherでないと動かないので使えるMacユーザはちょびっと限定されてしまいそうだ。でもPanther自体は使いやすそうなので出来ればUpdateしちゃうのがいいかも。え、Tiger待ちですか?
Windowsも2000/XP以降みたいなんで似たようなもんなのかな。

◆イッツSkype
今Yahoo!BBを使ってる人ならお馴染みのBB-Phoneやその他の基幹系、プロバイダ系IP電話については途中から専用線を使うので最低限の音質やレスポンスが確保されるが、無料通話の出来る相手が同じプロバイダでないとダメだったりと制限は多い。
Skypeはこの手の基幹系IP電話ではなく、PC同士が直接やりとりするタイプのIP電話だ。ちょい前はPC同士のIP電話というと、苦労して繋げた割には音は悪いわ、話したことが数秒たってようやく相手に伝わってるかのようなタイムラグがあったりで正直使えたものではなかった。
この点、Skypeは非常によく出来ている。実際使ってみて少なくとも携帯電話で話すより聞き取りやすく、スムーズな会話が出来た。固定電話と変わらないくらいだ。

自宅でごろごろしながら二人してWEBチェックして「○○さんのとこ見た?」などと話しているのがそのまま出張先のホテルでも実現可能となる。イヤホン&マイクで両手が空くのでかちゃかちゃとお互いPCを操作しながら時折だらだら話す。通話料金がかからないからこそ出来るステキなダラダラ加減だ。ある意味、家にいるときの再現ともいうべき素晴らしく内容のない会話が楽しめ(?)る。

さらには複数人数での電話会議的な使い方(コンファレンス)もあるようだが、まだ使い出したばかりなのでそこまではやっていない。会社の電話会議を各自の席からSkypeで、という利用シーンも出てくるのではないだろうか。

固定電話へかけるためのSkypeOutもあるが、こちらも今のところ使用しないまま。このサービスについては有料だが、海外電話とかを使う人には格安で重宝しそうだ。

◆ペッツSkype
Skypeについての情報をWEBで調べてた時にどこかで見た使い方でペットと暮らす人向けにナイスな情報があった。(URL失念…再度探し出せたら追記します)
Skypeのオプション項目として登録したフレンドからのコールを自動応答する、というのがある。これを指定しておけばたとえば無人稼動しているPCに自動応答をさせることが出来るということだ。カメラ画像監視と組み合わせて気になる画像が出たらSkypeで接続して部屋の音声もチェック、なんて使い方が出来ることになる。
うちのようなWEBカメラでペット監視してるPCでSkypeを起動しておけば好きなタイミングでこのPCを別のPCのSkypeからコールして留守番中の部屋の音声を聞けるってわけだ。
ただし問題なのはこのオプションが登録されたフレンド全員に有効になってしまうということだ。これだと気づかないうちに常に部屋の音声が知人にだだ漏れ、なんてことになりかねない。ペット監視専用のSkypeユーザを登録して、着信を許可するフレンドとしてアクセス用のユーザ1人だけ登録しておけばとりあえずこの問題回避出来そうだが、機能として自動着信する相手を個別に設定できると有難いなぁ。
……といいつつ、この使い方はまだ自分ではやってないので実際に動作させるとどうなのかは不明だったりする。

◆ミーツSkype
Skypeが今後どう動いていくのかはまだ未知数だ。PC間通話は当面無料のままらしいが……。
このソフトはどれだけ一般層へ普及していくだろうか。現在のプロバイダ系IP電話がプロバイダ間無料になれば話は違うだろうが、ソフトさえ入っていれば相手を限定されないというのは強い。画面で相手がオンラインか確認できるというメリットもある。
ただし本当に固定電話の代わりとして使う分には「PCを常時起動」という一般層にとってはちょっと高い敷居が出てくる。また、ちょっとした連絡なら携帯に勝るものは現時点ではないと思うので、Skypeは「友達や家族、恋人と長時間まったり話したい人」や「複数の人や知らない人と話してみたい人」がメインユーザになる可能性が強いかもしれない。あとは会議機能で仕事関連のミーティングに使われるケースも結構ありそう。

Skypeはやり方次第では固定電話を揺るがす存在になるポテンシャルは十分に秘めているように思われる。現在発表されているPDA版Skypeはもしかしたら「Skype専用端末」を生み出す土台になる可能性もある。家電風の扱いになってしまえば「常時起動」の壁を超えることが出来るという点は見過ごせない。
たとえばiPodのような音楽プレーヤに無線LANが付いてSkypeが標準で入っていたらどうだろう? 貴重なユーザの「耳資源」を独占することが出来るかもしれない。たまにCM聴こえてくるようになったりして……。ブロードバンドルータにSkype機能を組み込んで無線ヘッドセットだけ手元に、なんて展開も考えられなくもない。

そんな訳で久々に「IP常時接続っていいな」と思わせるツールでした。興味のある方は是非試してみてくださいな。

俺にとってSkypeの一番の問題は俺があまり電話好きじゃないってことだと思う。うんうん。自宅連絡オンリーかなぁ。

« 親切なウソツキ | Main | VAIO延命処置 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

私も先日skype使ってみました。
サンパウロ・青森・横浜など複数の方とお話しましたがとても
クリアでびっくりでした。
これは広まるでしょうね。
ペッツSkype...なるほどそういう使い方もできるのか...
今度試してみよっと。

>>cocoaさん
Skype、使えますねー。今日もだらだらと繋いだままの状態です。出張が土曜まで伸びそうで鬱っす。
cocoaさんはもう海外まで制覇してらっしゃいましたか!
ペッツSkypeは留守番犬に使うとほとんどは寝てるのでそれだけだと役にたたないかもしれないかも、なんて思ったりしてます。WEBカメラ監視で何かやってそうなときならなんとか……かなぁ。ペットがハムスターとかだったら聞こえてくるのはカサコソ音だけとか(笑)
いっそペッツSkyper同士でコンファレンスして犬会議にしちまうのもありかもしれません。姿が見えないので延々とお互いにほえ続けてうるさいだけかもしれませんが(^^;

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference Let's Skype!:

« 親切なウソツキ | Main | VAIO延命処置 »