カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 紙の電車男・WEBの電車男 | Main | 9合目からのアジカンライブ »

2004.11.12

書き忘れデリコライブ

THE GREATEST HITS
LOVE PSYCHEDELICO

ビクターエンタテインメント
2001-01-11
売り上げランキング 1,504

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

アジカンのライブを前にして思い出した。
すっかり書き忘れていたのだが先日、ってもう1ヶ月近く前になろうとしているがLOVE PSYCEDELICOのライブにいってきた。同居人の方で既にあれこれ書かれているので、抜き出し感想だけ。

俺らは今回が初デリコだった。前回はもう2年以上前か。その時はチケット取れなかったが今回はしっかりゲット。"The Greatest Hits"でハマった頃からもうこんな年月が。はやっ。
このファーストアルバムでえらくカッコいいリフにひかれ、ギタースコアまで買ってしまったのだった。いえ、弾けませんけどね(自嘲)

てな昔話は置いといて、ライブ開始である。
オープニングはクラブのような演出。曲は今回のツアータイトルでもある"Mind across the universe"だ。
面白かったのが、ステージ背景に時折演奏するシルエットが映し出されていたこと。手前に設置したライトでギターやベースの人の演奏する影を背景の方へ照らし出していたのだと思う。それも効果的に交互に映したり消したり。懐かしめのドラマとかのオープニングで踊るシルエットが出たりしてたが、雰囲気的にはあんな感じ。ライトも固定ではなく動かしていたみたいなので演出的なシルエットとなっていた。この曲の後もあちこちで使うのかな、と思ってたら最初の曲だけ。贅沢やのう。

曲はサードアルバムからがやや多いかな程度で各アルバムからそれほど偏りなく20曲ほどが演奏された。アルバム発売から間が空いたのと久しぶりのツアーだったからかな。この方が俺らとしても有難い。気に入ってる"I mean love me"や"Standing Bird"がちゃんと入ってたのが嬉しいところ。
"I mean..."はライブではちょっと大変そうな曲だ。前半の抑えた感じからの展開とリフがやっぱりかっこいい。
そしてNAOKIによる魂のギターソロから始まる"Standing Bird"はゾクゾクするような構成。ギターソロの時点で「あ、これもしかしてアレがキタか?」と思ったら当たってた。そう思わせる曲の世界観を持ったソロだったのだろう。また終盤の"Neverland"(かな?)でもダブルネックのギターで絡みつくようなソロプレイ。NAOKIはこういうギタープレイをする人だったのか、というのを知るのもライブならではの発見だ。
そしてそのサウンドメーカーにベストパートナーであるKUMIの声が合わさる。安心して聴けるねぇ。デリコの曲って1曲だけでもぜいぜいなりそうなのが多いのによくもつよなぁ、ってプロだもんね。
そしていつの間にやらアンコール。それまで曲が終わると"Thank you!"だったのもアンコール以後は「ありがとう」になってた。みんなでライブの余韻にひたろう的アンコールという意図なのか曲もゆったりしっとり系が多かった。たまにはこれもまたヨシか。
そんなわけで後ろの方からだったけど、2時間ちょい楽しませてもらいました。

そういや途中でコール&レスポンスみたいなのがあったんだけど、
ノブポローリレベルの英語能力の俺にはKUMIがなんて言ってるのかさえ不明(恥)でレスポンス不可能ってのがあったなぁ。安西先生、もっと簡単なフレーズがいいです。
あと関係ないけどベースの人が細くでデカくて長髪で、なんだかえらく印象に残ってしまった。

他に俺的に気になったところとしては曲の継ぎ目に結構間があくこと。その度にちょっとノリが戻ってしまう。「もー勘弁して!」ってくらい立て続けにハジケ曲が何曲か続くような構成があってもいいかなぁ。1曲1曲のセッティングを重視するとどうしても準備に時間がかかるのかもしれないし、おそらくこれは演奏スタンスとしての選択なんでしょうけど。
んでもってデリコ。ライブでも平気で「みんなのLOVEを東京に持って帰って」「愛をなんたら……」などの発言が飛び出す。普通なら(?)「こいつら何か変なのキメてんじゃねーの?」なんて気持ちがよぎるところだが、デビュー当時に見た音楽雑誌でのインタビューでも「私達の愛を歌で伝えたい」などの発言があった覚えがある。当時からヨゴれていた俺は「音楽はむちゃくちゃカッコいいけど、この発言は本気でいってるんか?」とか思った覚えがある。
つまり、デリコは全然変わってません!

なんだかすっきりと安心してしまいました。揶揄でなく、二人にはずっとこのままであって欲しい。
あ、でも当時もっとKUMIはぽっちゃりしてた気がする。今は今でカッコいいけど、ぽっちゃり支持派としてはちょびっと寂しかったりも。ぽっちゃりの方がよりLOVE&PEACEですよ……あ、どうでもいいですか、そうですか。

今度見れるとしたらZeppよりやっぱLogosがいいなぁ。それだとチケットまた取れないかもしれないけど……。
帰ったら袋の中にLOVE PSYCHE"G"LICOのガムが入ってた。やるな、江崎グリコ!

« 紙の電車男・WEBの電車男 | Main | 9合目からのアジカンライブ »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6566/1933963

Listed below are links to weblogs that reference 書き忘れデリコライブ:

« 紙の電車男・WEBの電車男 | Main | 9合目からのアジカンライブ »