カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« 俺と休日とマスターズ | Main | FinePix F10使ってみた »

2005.05.03

スカパンな休日


前のエントリ
で「遥かなるオーガスタ」の話題を書いてちょっと自分的にゴルフゲーム欲が復活していたところにタイミング良く某所の友人よりPC用のオススメゴルフゲームを教えてもらった。(さんきゅー!)

紹介してもらったのは「スカッとゴルフ パンヤ」というPC用のゴルフゲームだ。
詳しい説明はリンク先見てもらった方が早いけど、一言でいうなら「PC版ネット対応みんなのGOLF」ってところだろうか。とはいえ、実は俺みんゴルやったことないのでCMとかでのイメージだけでの例えだが。
実はこのゲームのサイト自体は新ノートPC(Inspiron6000)購入時にのぞいたことがあった。せっかくそこそこ3D性能あるのを買ったから何か試せるゲーム(かつ無料なもの)ないかなーとあちこち物色してたのだ。
サイトをちらりと見て「あ、これは有料なのか」と思ってあっさりスルーしてた(せこっ)のだが、実際は練習だけでなくネットでの対人対戦も含めて無料で楽しめる。有料となっているのは大会参加やアイテム購入、キャディ追加などのようだ。
まだ数ゲームやっただけだったりするが、教えてもらった返礼も兼ねてちょびっとだけレビューを。

◆パンヤって?
このゲームではタイトル名の通り、誰でも簡単にゴルフの面白さを爽快感とともに楽しめるように、というのが第一目標のようだ。
だからといってシンプルなだけのゲームかというと結構いろんな仕掛けややりこみ要素もあり、またグラフィックもファンタジックなタッチで美しい。ショット時のエフェクトやキャラクタの仕草も含め全体的に丁寧に作られている印象だ。

◆ゴルフゲーム要素
風向き、コース傾斜やライ(ボールが止まった場所の状態)、ショット時の打点や回転などゴルフの基本要素はしっかり盛り込まれている。
また独自のシステム(他のゴルフゲームあまり知らないので本当に独自かどうかわかんないけど)も採用されている。一番特徴的に思えたのはグリーン上でのパット時にグリーンの傾斜を知るための独特の傾斜表示システムだ。グリーン傾斜ってのはスコアを競ったり、自分のスキルを磨く上で重要なポイントとなる。それだけに表示された傾斜情報がわかりにくかったり、表示情報と実際のボールの動きに納得いかない場合には大きなストレスとなる。
前エントリでふれた「遥かなるオーガスタ」以降(かな?)、グリーン上の傾斜は3Dのポリゴンフレームを表示させることで傾きを表示する、というのが主流だ。パンヤではこの方式ではなく、自分の目の前に広がるエリアを細かいマス目に分割し、そのそれぞれのコマの中央にボールを置いたときに転がる方向へ点を打つという手法をとっている。ちょっとわかりにくいだろうが、コマの手前に点があれば手前に転がるということだから上り傾斜となる。右にあれば右下がりの傾斜だ。点の打たれた位置で傾斜のキツさもわかるので、慣れるとコマごとの傾きの変化や傾斜のキツさがわかりやすい。(公式サイトにも説明あるのでそちら見た方が早いか)
このパットも含め、全体的なボールの挙動は納得のいくもので「おかしいやろ!」とキーボードを叩きつけることなくゲームを進めることが出来る。実際ネット経由でうまい人とプレイすると結構な距離のパットでも何なく沈めてしまう。納得出来れば反省出来る、反省できればスキルアップ出来るということだ。(バーチャファイターみたいだ)
ライ状態の影響が低めでラフがそれほどペナルティーっぽくないのはそういうポリシーなのか、単に最初のコースだから影響が低いだけなのかもしれない。

◆味付け
パンヤでは通常のゴルフゲーム要素に加え、いくつかの味付けがなされている。
ちょっとネット対戦絡みとなるが、自分のプレイヤーキャラを育てるという要素が含まれている。他プレイヤーとの対戦を通して経験を積み、ランクアップしていくのだ。またいろんなアイテムも存在している。まだ買ったことも使ったこともないのだけど、パワーやコントロール(ショット時のメータの動く速さ)などショットに関するプレイヤーキャラのパラメータを自分好みに強化するためのアイテムなどが並ぶ。
ただしアイテム関連はプレイ時に貯められるポイントで入手可能なものとそれだけでは入手できないもの
(有料ポイントで購入するもの)がある。プレイヤーをがんがん強化してスコアを伸ばしたい人はこのへんにポイントをつぎ込むことになるのだろう。
コースプレイ時の味付けとしてはバーディやイーグルなどいいスコアで回ったり、クラブの標準飛距離より飛ばした時などにポイントをもらえる制度がある。これで前述のアイテム(の一部)を入手出来るわけだ。
またショット時のキー操作による特殊なショット(スペシャルショット)が可能となっている。ショット直前のキー入力+タイミングがぴったり合わないと発動しないので慣れないと不発に終わることが多い。ネットプレイ中にうまい人に見せてもらったのだが、ほぼ確実に発動させていた。そのへんの自分のスキルを磨くのもまたゲームの楽しみ方の一つだろう。(成功率向上させるアイテムもあるようだが……) 俺は毎ホールのように「ぱにゃれーーん!」を連呼してたけども。

◆コース
コースもまだ1コースしかやってないのだが、リアル系ではないもののいろんなギミックを詰め込んだアトラクション的なコースが用意されている。
最初にやることになるだろうコースは初心者向けにフェアウェイやグリーンは広いものの、強風がち、海越えありと、いいスコアを出すためには頭をひねらせる要素も入ってるので、システムやコツを理解するのにちょうどいいところだろう。
他コースについてはほぼ未体験のため、今のところインプレッションなし。

◆ネット対戦
練習コースを1回やってみたところで、さっそくネット対戦を試してみることにする。
対戦モードではまずサーバや自分の目的にあったチャネルを選ぶことから始まる。
チャネルによってはみんなでわいわいチャットしながらのんびりやるもよし、ポイントを貯めるの優先で無言で黙々と進めるもよし。また初心者向けとか上級者向けとかでチャネルが分かれているので、自分のレベルや目的にあわせて選べばプレイ時に楽しめるだろう。チャネルまで選ぶと実際にゲームが行われるルームの選択となる。
ルームでのゲーム条件(ホール数など)のほか、ルーム名としてプレイスタイル(無言とか誰でもOKとか)などが設定されていることも多いので、おおまかな自分のプレイスタイルに合うプレイ条件のルームを選ぶことになる。
もちろん、自分で部屋を作ることも出来るので、プレイするホール数や最大参加人数、時間制限などを選んで他の参加者を待つのもいいだろう。何回か入った限りではルームはすぐに参加者いっぱい埋まっていくほどの人気ぶりだった。時間次第だろうが一緒にプレイする相手が全くいない、なんてことはほぼないだろう。

初心者用のチャネルがあるので、始めたばっかりという人でも同じレベルの人と一緒にプレイ出来る。さっそくルーキーチャネルで人数の空いていた適当なゲームに参入する。
ネットプレイ時は左下にチャット内容が流れていく。あまり長い文字は打てないようだが、プレイ中に話す分には困らないだろう。
一緒にプレイする中にいい先輩がいればプレイ中にいろんなノウハウを教えてくれたり、ショット時も狙いに迷ったら相談に答えてくれるなんてこともある。このへんはネットゲームならではの楽しみだ。
3Hのコースを同じく当日始めた人とやりこんでる人と3人でまわり、今度は18H行ってみようか!ということで無謀にも18H制覇にチャレンジ!
いやー、予想以上に長かった。18ホールを4人でやったら順調にやってもウン時間かかる。同居人からは冷たい視線。集中力も途切れてきて後の方はミスが増えた。ゴルフは忍耐のスポーツである。楽しいけどね。

◆まとめ
なにぶん数プレイしかやってないクセにレビュー書いてるのでキャディとのやりとりなど未体験な要素が一杯だ。それを踏まえてのまとめ。
ゴルフゲームとしての基本要素もグラフィック、操作感覚も充実している。無料でプレイできる範囲もネット対戦まで可能というのはありがたい。さらにサイトでの雰囲気作りやユーザコミュニティの盛り上げをサポートしようとしているメーカの姿勢にも好感が持てる。
ともかくちょっと暇な時間が取れたときに遊ぶにはぴったりのゲームだ。

追加で要望するとなると実在ホールライクな渋めのコースも欲しかったりするが、これだとカラーというか世界観が違うのであったらちぐはぐな印象になるだろうしなぁ。まだ1コースしか知らないので別コース経験したら感想違うかもしれない。
また一人のオフライン練習で選択出来るホールが1つだけなのがちょっとさびしいところ。ファミリーモードなら他のコースも出来るみたいだが2プレイヤー以上が必要になるので、さくっとやるには時間がかかりそうだ。(練習にはいいのかもしれないけど)
そんなわけで、ゴルフゲームに興味のある方、オススメしときまっせ。

ところで俺の初のネット対戦18Hのトータルスコアは崖ぽちゃんOBやスペシャルショット発動失敗(空振り)など情けないプレイ含む+3でした……。とほほ。

« 俺と休日とマスターズ | Main | FinePix F10使ってみた »

ゲーム」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference スカパンな休日:

« 俺と休日とマスターズ | Main | FinePix F10使ってみた »