カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« スレ的スレッド思考論 | Main | 1日目:W杯とイトウ様 »

2006.06.23

V904SHレビュー

V904sh_1


ちょい前に携帯をV601SHからV904SHへ機種変更した。そろそろVの3Gも大体は電波入るようになってきたようだし、V601SHもバッテリ含めヘタってきた。すっかり勢いをなくしてしまったVodafone(もうすぐSoftbankか……)だが、それでも長期出張の時の家族定額通話はかなり有難かったのでそのままキャリア継続とした。
今日は使ってちょい時点での個人的なレビューでも。

◇V905SHかV904SHか?
元々SHARPの携帯を何代か使い続けてたこともあり、機種変更の候補はやはりSHARP端末。おそらくVodafoneの最近の新機種で話題なのはワンセグ対応のV905SHなのだろう。そしてもう一つの候補はVGA液晶を搭載した一つ前(といっても1ヶ月くらいしか違わない)のV904SH。候補はすぐにこの二つに絞られた。
V905SHの面白いのはワンセグ対応なだけでなくそれに伴う横ワイド画面への切替がくるりと液晶画面を横に回す(サイクロイド機構)ことで対応できることだ。こういうギミック大好きだな。画面もワイドQVGAというちょっとワイドな液晶画面だ。
一方V904SHも以前の機種から受け継いだスィーベルスタイルとやらでこちらは裏返すように回すと擬似デジカメのごとく扱うことが出来る。そしてVGA画面という従来の4倍密度の高精細な表示、そして905SHを上回る300万画素のカメラが特徴となる。
両機種のウェイトの違い(差別化?)が感じられるのは905SHは本当にワンセグとワイド画面にこだわった国内向けの仕様であること。904SHの方はVGA液晶以外にもGPS対応、国際ローミング対応など「ワンセグ・テレビ受信をのぞけば全部入り」といわんばかりの機能盛り込み具合だ。価格は若干905SHが上回るがそれほど大きな差ではない。

答えは結構あっさりとついた。俺の使い方では移動中にバッテリ気にしながらTVなんて見ないし、今までにここでテレビ見れたらなぁ、と思ったのって野球中継くらい。それも車の中というパターンが多くてラジオの方が良かったりする。
というわけで、V904SHに決定。実際には何より店頭の実機でみたVGA画面のインパクトで決めたといってもいい。
いや、905SHにプリインストールされてるニンジャウォリアーズは最後まで気になったけどね! ダライアスとセットになってたらどうなっていたか……。(ホントかよ)

◇なんといってもVGA液晶
何度も触れているようにV904SHの一番の特徴はVGA(640x480)の液晶画面だ。VGAっつったらMZ1500の4画面分より広いよ!(意味不明) VAIO GTを使ってた点でも高精細フェチの気がある俺にはぴったり。当然のようにWEBは最小フォントにしてぎっちり文字の詰まった画面で楽しむ。最小フォントでもあまりドットを感じさせずにくっきり読めるので俺的には更に小さい極小フォントがあっても良かったくらいだ。
まだjigブラウザなど他のブラウザ使ってないので一般サイトを見たりはしてないのだけど内蔵ブラウザで携帯向けサイトを見ていてもVGA感はそこそこ楽しめる。
またこの液晶は発色もギラつかずくすまずでちょうどいい感じ。視野角もかなり広い。結構傾けても極端に色がおかしくなったりしないのが良い。覗き見防止には視野角は逆に狭いほうがってのはあるけど、大丈夫!最小フォントで読んでたらちょっと離れた人なら読めません。(少数派?)
大きめの画像でも普通に見れるので俺はminiSDカードに自分の写真メインページ「壱知拾忘」用に溜め込んだ写真をそのまままるごとぶちこんで壁紙にして楽しんでます。サイズが1000x600くらいで200KB程度の画像データになってるのでそのままor部分抜粋にちょうどいい感じ。

◇意外とイケるサウンド
着うたとかは目覚ましアラームセット中以外は年中マナーモードな俺はあまり興味ないので置いといて、904SHを簡易ミュージックプレイヤーとしても使うことが出来る。
本体へ入れ込む方法はまだうまい手順がよくわかってない。(というかマニュアルちゃんと読んでない) とりあえずAACは読めるみたいなのでiTunesで作ったAACファイルをminiSDに転送して聴いている。でもこれだと仕様制限があるらしく肝心のアーティスト名が出ねーぞ! アーティストorアルバム毎プレイリストが出来ればそれでほとんど困らなそうなのに……。仕方なく全曲プレイリストで垂れ流し。このへんは付属ソフトと別売りのUSBケーブルを使ってあれこれやれば解決出来そうだけど、単純にメモリカードへファイル転送だけでやれたのはここまで。
と、記事をUPする直前に頼んでいたUSBケーブルが届いたのでちょびっとだけ追記。USBケーブルを使って付属CDに入っているソフトから携帯へ転送してみた。この場合はまずプレイリストを作ってプレイリスト単位で携帯へアップロードするというやり方だ。(例によってマニュアル見てないので他の方法もあるのかも)
結果、アーティスト毎にそれぞれプレイリストを作るなどしておけばAACファイルのままでも意図した使い方が出来るようになった。俺はここまで出来ればとりあえずいいかな。ただしアップロード速度は遅い。SDカード直接転送に比べたら延々と転送しているようなもの。入れ替えが頻繁な人だと嫌になりそうだ。
ミュージックプレイヤ関連はいくつかググってみたところwww.limber.jpさんのところが詳しく解説してありました。ありがたい。結構面倒そうだなぁ。USBケーブル買ったらまた別途試してみよう。付属しているPC連携ソフトはWindowsマシンのみ対応みたいなので同居人がイカリまくってますけども。Macな人も絶対数は少ないとはいえいるのだからここは両対応にしてほしいところ。
さて、イヤフォンで聴く音質は……心なしか俺的にはiPodよりいい気がする。また、イヤフォンを使わずそのまま近くに置いてBGM的に流す分にもそこそこステレオな音の広がりで聴けるので外部スピーカーなしでもBGMとしてならまぁ妥協できる。これは出張中はむっちゃ有難かった。またマルチタスク対応なので音楽聴きながらでもWEBやメールのチェックが出来るのも便利。
また、普段iPodを繋げているBOSEのミニスピーカーに繋いでみてもなかなかいい音。iPodがHDDイカレかけで頭だしに下手すると数分かかってしまう状態なので当分は携帯の方で寝室音楽環境は代用できるかも。

◇カメラ
スペックは300万画素の光学2倍……。俺的には携帯カメラは100万画素の光学ズームなし(そのかわりにレンズ明るめ)でいいのに、と思ってたりするのだが、300万画素でも結構ちゃんと撮れてくれてるようだ。何よりV601SHの時に一番困ってた撮影後の画像保存の遅さが解消されてるのが嬉しい。ちゃんと進化してるんだなぁ。それでもやっぱりズームするとブレやすくなる感じがする。ソフト手ブレ補正もあるようだが効いてるのかよーわからんです。でも外で撮る分にはズームあると便利か。
904SHは以前の機種から続くスウィーベルスタイルなる機構で液晶画面を裏返すような使い方が出来る。液晶画面を外向けにして折りたためばそのままカメラとして動作するように設定できるので、そのまま即デジカメとして使えるというわけだ。レスポンスもそこそこ良く、簡単な設定変更もこのスタイルのままで操作出来るので、ライトが貧弱とかを除けばホントにちょい前のコンパクトデジカメだと思っていい。

◇操作感
多分3G機種全体がそうなんだろうけど、V601SHほどの軽快インタフェースではないし、まだまだ改良の余地はありそうだ。ただし、イラつくほどのもたつき感はない。VGAで情報量が多いから処理が重いなんてことはないようだ。
細かいところでの自由度はまだまだ改善点いっぱい。待ちうけへのカレンダー表示とかは四隅の好きなところに置かせてくれよ、とかこのボタンの長押しはこれじゃねーだろ、とかなんで601SHと操作ボタンが左右逆なんだよ、とか以前出来てたことについて不満もあるがほとんどは慣れの問題かもしれない。
ようやくこの機種なりの操作思想がわかってきたところ。タスク切替ボタンとショートカットボタンを使いこなすのが快適マルチタスク生活への第一歩だろうか。音楽流しながらWEBを見つつ、メールが来たらちょっとチェックして戻ってくるなんてのが普通になってきた。時間のかかるサーバメールの全削除をしながらショートカットから再度メールボックスを選んでメールの続きをチェックなんてのもマルチタスクならでは。
また主な操作画面はカスタモという自分の好みのイメージに変えられるようになっている。3種類内蔵されており、ネット経由での有料ダウンロードも出来る。これカスタモツクールみたいな自作キットも出してくれたらなぁ。

◇通信
3Gになってどれくらい変わるのだろうと思っていたのはパケット通信速度だ。2G(2.5G)でのちまちまアクセスからすると超速!とまではいわないが状態さけよければ携帯向けサイトであればサクサクとアクセス出来る。なんだかんだいってこれに慣れてしまうと戻ったときのストレスが大きそうだ。実際、これに変えてからネット接続時間はかなり増えた。このままデュアル定額継続かな。
また近距離通信としてBluetoothにも対応しているのだが、俺がこっそり期待していたキーボードは対象プロファイルがないようだ。実際使うかどうかはともかくキーボードでガシガシ入力できたらPDAっぽい使い方する人に有難かったんじゃないだろうか。Bluetoothでのチャットとかあるけど、家庭内で使ったりしませんから……。(でも一回やってみた)

◇機能多すぎ
機能てんこ盛りの感のある904SHだが、実際にはまだほとんど使ってないものだらけだ。中にはこのまま使わないままに終わるものもあるだろう。
GPSでのナビはちょっと自宅付近を表示させてみただけのレベル。地図表示にはVGAの精細表示が活きる。常に迷子と隣り合わせの地理音痴・方向音痴の俺にはいざという時のための奥の手として頼もしい。でもナビ利用には月額料金がいるので要注意。
また6軸モーションセンサーも一回対応Vアプリをいくつか起動させてみただけレベル。星座を探そうという内蔵アプリがあるのだが、これがその方向に向ければその先にあるはずの星座が表示されるというGPS+モーションセンサー使いまくりのアプリだ。こんな風に面白い使い方が出来るんだよというアピール力は高い。でも正直対応アプリほとんど出ないんだろうなぁ、とか思ったりして。最初にモーションセンサ入れた機種のときは実際にスイングするゴルフゲームが出たんだっけか。
あとこれまでの機種にあったのかどうかわからないのだが、ファームアップデートがショップ持込なしに単独で出来るようになってるのも隠れた注目点なのかもしれない。これだけ機能てんこ盛りじゃ不具合の度にショップ更新なんてやってらんないだろうしな。
他にもEDY対応やら顔認証やらあるが全然未体験のまま。顔認証は実用的なセキュリティ手段としていいかもしれないので一度使ってみようと思っている。家族はOKのように複数人登録できるのもいいね。

◇そんなわけで
説明書ほとんど読めずに出張に持っていって、帰ってきても溜まった本やらゲームやら消化していると全然使い方研究が出来てないままだ。なので手探り&カンで使い方を覚えていってるところ。実はマニュアルにきちんといろんな解決策が載ってるのかもしれない。
mixiなど簡単なネットのチェックであれば904SHからでそんなに困らない。さすがに長い文字入力はやりたくないけど。マルチタスクも慣れていくとそれが出来て普通に思えてくる。特に大きな欠点もなく便利機能満載。総じて良く出来た端末だと思う。今のところほぼ満足。VGAに魅力を感じる人であればオススメ。勿論これから他キャリア含めてVGA対応機種は増えていくのだろうけど。

« スレ的スレッド思考論 | Main | 1日目:W杯とイトウ様 »

携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference V904SHレビュー:

« スレ的スレッド思考論 | Main | 1日目:W杯とイトウ様 »