カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« June 2006 | Main | September 2006 »

July 2006

2006.07.25

2日目:ルーブルスケール

サッカーの余韻残る中、二日目。今日からパリ観光本番だ。
今回のフランス旅行ではパリオンリーのツアープランであるため宿泊はこのホテル、ソフィテル・ベルシーのみ。このホテルはどちらかというとアメリカンスタイルのホテルだった。もともとベルシー地区近辺自体が再開発地区とのことで周囲のモール街も含め新しい建物が多い。ホテルもまだ新しく綺麗で鍵もカードキー、お湯が出ないなどのトラブルも皆無と旅行中大きなトラブルもなく快適に過ごすことが出来た。周囲も静かだしなかなかいいホテルだった。ただヨーロッパの歴史を感じさせるようなものではないのでそういう方向を期待している人には向かないだろう。
さて、まずは地上階(ヨーロッパでは1Fじゃなく0F)に降りてビュッフェスタイルの朝食だ。例によって俺はハムバカ男(通称ハムバッカー)と化し、ハム系を食いまくる。なかなか美味しくて、ちょっといきなり食べすぎで満腹状態。逆にこれだけ食えるということは時差ボケはうまく吸収できたということだろう。

腹ごしらえが済んだところで出発。今日の予定はルーブル美術館ともう1館ほど美術館巡りをしようかというところ。ホテルから一番近いメトロの駅はクール・サンテミリオン。歩いて結構すぐの場所なのでありがたい。地下鉄の利用は回数券であるカルネがお得ということで、まずはカルネの購入から。
一応現金もあるのだが、今回は安全も考えてなるべく現金は最低限額だけ持ち歩いてあとはクレジットカードで済ませようと話していた。人のいる購入窓口もあるのだが、クレジットの使える自動券売機もあるようだ。待ってる人も少ないので試しに操作してみる。まごついていると近くを通りかかった人が操作を教えてくれた。Merci!
と、操作は大丈夫なはずなのだがどうにもクレジットカードを認識してくれない。あまり粘ると時間がもったいないので今回は窓口で済ませよう。2つはドゥだっけか。よし。

俺「ドゥ カルト、シルブプレ~」(よし完璧)
窓「パルドン?」(あんだって?)
俺「んーと、カルト、ドゥ!」
同「カルトじゃないよ、カルネだよ」
俺「あー、カルネ、カルネ。ドゥカルネ!」

いきなり美術館のフリーパスポートであるカルト・ミュゼとごっちゃになってる俺……。購入したカルネはスペインであったような繰り返し使えるやつとは違いなんとそのまま10枚の券をくれるだけだった。二人分と思って2つ買ったので計20枚。ダフ屋気分だよ。券あるよ~券あるよ~。ま、スペインではあと何回か乗れるはずなのにダメになったこともあったからこれはこれでわかりやすいか。

さてフランス初メトロへ乗車。雰囲気はスペインと似ているかな。俺らのホテルから近いのはメトロ14号線で、これは一番新しい路線なんだそうだ。この路線だけ無人による自動運転になってる。その分カメラが多いせいか(それとも単に乗車人数少ないせいか)スリなども少ないらしい。また途中駅の間隔が長いため、距離の割には短時間に数駅でパリ中心部に到着するのでなかなか便利。
今回はピラミッド駅までいってルーブル美術館を目指す。メトロから出た景色は……ああ、これがパリの街か。どちらを向いても雰囲気の良い建物たちが並んでいる。緑も適度に配置され、どこ見ても絵になる。

Pari2_lvl1

しばらく歩くとルーブル美術館が見えてきた。デカっ。中へ入ると団体さんがぞろぞろと地下へ入っていく。奥には例の有名なガラスのピラミッド。ぱっと見える範囲にチケット売り場はないようだし、まずは地下へ入るのかな、とゲートをくぐろう入ろうとすると「お前らチケットもっとるんか?」と怒られる。え?チケット売り場はどこ? どうやら中心にあるピラミッドの地下が券売り場の入り口らしい。わかりにくいよ。

Pari2_lvl2
《上からみるとこんな感じ》

ピラミッド入り口で持ち物検査を受けて地下へ入ると広い空間にチケット売り場、館内ガイドなどが並んでいる。なるほどここから各館へ入っていくのか。俺らは明日も美術館巡りするのでルーブル以外でも2日有効なパスポートであるカルト・ミュゼを購入する予定だった。が、なかなか見当たらない。通常のルーブルのみのチケットならあるのだが。結局ガイドコーナーで聞いて奥の逆ピラミッドへ続く通路沿いにあることがわかった。

Pari2_lvl5
《ピラミッド地下広場からの眺め》

ミュゼ購入もクレジットで……って、また俺のカード使えねーよ。
同居人のカードなら大丈夫だったので結局この後のクレジット支払いは同居人カードで行うことに。一枚しか持ってなかったらこういう時大変だったろうなぁ。危ない危ない。

さて本題のルーブル美術館なのだが、デカい。しつこいけどとにかくデカ過ぎるのだ。建物もデカいし、絵もかなりデカいのだらけ。地図などでみると長いコの字型で構造は単純に見えるのだが、意外と細かい通路もありちょっと脇へ外れるとどこ見ているのかわからなくなることも多々あった。一応部屋番号がついてるのでガイドブックと照らし合わせれば大丈夫なのだが気をぬいて人の流れにのってると元の方向へ戻ってたりする。

Pari2_lvl4
《例の?逆ピラミッド》

Pari2_lvl3
《かなり古くからの見学者?》

そのままじっくり全部見てると5週間はかかるというルーブル。さすがに時間はないので有名どころをメインに抜粋でみることにしたのだがそれでも気がつけば数時間はあっという間。絵はやはり宗教画や貴族の肖像画が多い。んでまたサイズがとんでもないのでスペインのプラド美術館でもそうだったけど絵に酔うというか、観疲れする。モナリザなど人気の絵では常に更に人も多くて人ごみ疲れまでして……。
そんな中、彫像などは人も少なく明るくでちょっとした気分転換にもなった。ヘンなの(勝手にヘンに想像してるだけだが)もあるし。

Pari2_lvlfignike
《ニケはライティングもよく思った以上にカッコよかった》

Pari2_lvlfig1
《ダイナミック!》

Pari2_lvlfig2
《ゴミ拾い星人》

Pari2_lvlfig3
《弥七系テンションの魚をいじめる女》

Pari2_lvlfig4
《俺にはお笑いコンビのネタ合わせとしか》

Pari2_lvlfig5
《亀をいじめてニヤリ顔のガキ》

そろそろ予定の時間の目安にしていた13時になろうとしていた頃、俺たちはある部屋を目指していた。ナポレオン三世の部屋を再現したコーナーがあるらしいのでそれを見たら移動しようかという話をしていたのだ。ところが一向にそのコーナーにいきつかない。部屋番号を追ってるのだが、どうにもこうにもガイド冊子と一致しないのだ。

俺「部屋何番方向?」
同「19番通って次は…42?」(数字は適当)
俺「え、そんな部屋番号ないって」
同「でもほら」

確かにガイド冊子ではそういう部屋の並びだ。窓の外に見える建物の並びから大まかな位置を推定してもここで間違いない。なのにそんな部屋など見えやしない。絵ならまだ引越しもあるだろうがさすがに部屋の再現を丸ごと引越しなんてのは大変だろう。
俺らは「ガイド冊子が間違ってるか古い」という結論を出し、時間もないので諦めようかとした。最後にもう一度だけガイド本をチェック。

あれ?

ナポレオンの部屋は二階、ここは……三階やないけ!
ピラミッドのところで受け取った館内ガイド冊子、ご丁寧に日本語版である。おかげでどこにどんな絵があるか日本語でわかってありがたいのだが、丁寧なことにフロア表記まで日本風に直してあるのだ。つまりヨーロッパ風にいう2Fは日本風にいう三階、と。俺らは二階にいるつもりで2F(日本でいう三階)をうろうろしていたわけだ。そりゃ部屋番号合わんわ……。この事実にかなーり歩いた後に気づいたのが痛い。何より足が痛い

ルーブルの教訓 「ガイドを疑うまえに自分を疑え」

フロア間違いに気づいた後は非常~にあっさり豪奢を極めるナポレオン三世の部屋へ到着。

Pari2_lvlnpr

Pari2_lvlnpr2

そして俺らは足を引きずりながらルーブルを後にした。凱旋門のミニチュアともいえるカルーゼル凱旋門からリュクサンブール公園へ。

Pari2_lvlwanko
《例によってワンコに出会うとフリーズする女》

Pari2_czgsm
《カルーゼル凱旋門。なぜか人は金ピカ》

俺「あ、鴨がいる」
同「ホントだ」
俺「うまそう……って、なんだこいつら!?」
同「どしたん?」
俺「俺がシャッター押す瞬間に揃ってこっち向きやがる!こいつらタダモンじゃねぇ!
同「……」

Pari2_tuparkkamo
《証拠写真》

だってこの陽射しだ、ISO200設定とはいえシャッタースピードは1/500秒以下は確実の明るさ。すげぇ超反応でカメラ目線してるとしか考えられないじゃないか。おそるべしカモデル魂。同居人のコンデジには反応しなかったからシャッター音反応?まさかなぁ。

という話はさておき、予定より遅くなってしまったので飯にしよう。今日の昼食プランはこぶたちゃんのやってたジェラール・ミュロ買い食いをマネしようということになった。今回の同居人の旅行計画にこぶたちゃんのフランス旅行記はかなりのお手本になってるのだ。

セーヌ川沿いを歩きながら移動開始。川沿いも絵になるなぁ。

Pari2_seine1
《美しきセーヌ川。水質は美しくない?》

Pari2_seine2
《川沿いの木にはみんな落書き彫り》

俺「おー!」
同「な、なに?」
俺「ナイスバデーな外人さんが日光浴しちょる」
同「……」

なんかどっかの怪しげな兄ちゃんがカメラで下向けて撮影してるから何かと思えばセーヌ川沿いで綺麗な外人さん(半分希望的想像)がマット強いて水着で日光浴だ。REM睡眠ばりの眼球運動で周囲をチェックするが残念ながらトップレスな人はいなかった。ちっ。(ぉぃ)

気を取り直して再び歩き続けてなんとかミュロへ到着。さくっと店内へ入る同居人。

俺「おー、なんかうまそうなのがいっぱい」
同「どれにする?どれにする?」
俺「この惣菜セットみたいなやつとなんかサラダっぽいのつけようか。あとフルーツ!」

頼むものを決めるまでは良かった。しかしここでワナが。惣菜セットはいいとして他は計り売りだよ! あちらの文化では1kgいくらで表記されている。100gってなんていうんだ? シエングラモス…いやそれはスペイン語だ(もういいって)。結局その場で会話本を取り出し探しまくる二人であった……カッコワリー。ある程度店に入る前に準備しとかないとなぁ。

それでもなんとか買いこんでリュクサンブール公園へ。きっちりビールも仕入れ、ようやく昼食&足休めだ。

Pari2_park
《背の高い木々、木漏れ日。気持ちいい公園がたくさん》

歩きまくった後のビール、最高です。そして……なんだこのミュロの。うめーー!!

Pari2_myuro
《激ウマなミュロ》

お弁当気分なんだけどもすんごく満足のいく食事でした。味付け素晴らしい。フルーツがまたうまい。絶妙の甘み。疲れた体に染み渡る。

一気に元気回復したのでしばらく休んだ後はサン・シュルピス教会へ。この教会もダヴィンチ・コードに出てきたんだっけな。あまり名前とかは頭に入ってない俺。(意味ねー) 教会の中はヒヤリと涼しい。後で見た別の教会ほどの派手さはないものの、雰囲気のある教会でした。それでもデカいけどね。

Pari2_stspsl1

Pari2_stsps2

Pari2_stsps3

って、端折って書こうとしたのになかなか進んでないのでちょっと加速しよう。きっと詳細は同居人が書いてるだろ。

この後はメゾン・ド・ショコラという店にてエクレアを仕入れ、牛乳とともにまたも公園で休憩&甘いもの補給。

Pari2_eclr
《これまたウマいみっちりエクレア》

これがまた美味い。みっちり端から端まで入ったクリーム。俺はキャラメル、同居人はショコラを頼んだのだが他にカフェ(エスプレッソ味かな)もあった。クリームが濃密なのでキャラメルとショコラでまるで別もののようだ。こんなに美味いとわかってたら3種類全部買っといたのに。しかし、美味そうなものを調べ上げる同居人(&その周辺?)の嗅覚ってのはいつもながら感心する。

甘いもので復活したらまた移動の法則に従い、この後はせっかくのカルト・ミュゼを有効活用ってことでメトロで移動しながらポンピドゥー芸術文化センター(国立近代美術館)へ。ここは近代美術メインなので前衛的な作品が多いらしい。建物自体もうって変わってポップだし入り口前の広場にも変なのがいっぱいいる。

Pari2_ppd1

Pari2_ppd2
《変なオブジェたち》

中に入ろうとするが、入り口に迷い(つーか俺がココだっつーても信用しない人いたから)つつ、上階へ向かう。ここは透明パイプのエスカレーターに乗って上階から美術館に入るようだ。6Fまで来るとなかなかいい眺め。でもある意味ビニールハウス状態なのでむっちゃ暑い。

Pari2_ppd3
《6Fからの眺め》

カルトミュゼを見せつつ中へ入ろうととするとまたも入り口の人に怒られる。

「フォーフォー!」

なんだよ、フォーフォー言いやがって。バルタン星人かよ。とは言い返さないので辺りを見渡すと入場者数がモニタに表示されている。リアルタイムに入る人と出る人がカウントされて表示されるみたいだ。そうか、もしかして入場数制限にひっかっかったからしばらく待てってこと?
ちょうど同居人がトイレから帰ったときには少なくなってたので自信を持って近場の入り口へ向かう。

「フォーフォー!」

また怒られた。なんだよ、今度はHGか?もしかして「ジャポネーズ入室拒否フォー!」ですか? いやまて、冷静に考えて待ち人数が44人制限っつーのは変だし、そうだとしてもフォーティーフォーだ。

………(5秒経過)フォーフロア!(ヘレンケラーのWATER風に)

ええ、4Fが入り口でしたとも。6Fは別の展覧会やってたようだ。
安西先生、せめて英語くらい普通に話せるようになりたいです。

4Fからようやく入室。この時点でもう疲労はピークに近い。さらにこの美術館は前衛的なものが多く正直さっぱり意味不明だ。それが面白くもあるが、体力に余裕はなかった。
さくっと回って晩飯へ。デザートいろいろ食べたのでスープだけの店にした。残ってたのがすっぱい系のスープだけになってたのがちょっと残念だけど、逆にそれが疲れた体とデザートの甘さにまみれた舌にいい感じの刺激。他のスープも飲んでみたかったな、ここ。ママさんも凄く表情のいいお客さんを大事にしている様子がうかがえる店で気持ちよく食事できました。

なんとなくルーブルの日、ってイメージだけど結構いろいろいってたんだなぁ。
今回の敗因?の一つはルーブルスケールというのを忘れていたことだろう。地図でみると「ルーブルの隣」程度でしかないところでもルーブル自体がむっちゃデカいのだ。それこそどちらかといえば「隣町に行く」に近いくらい。大抵の建物がでかいので日本の地図気分で楽に歩けると思ってた距離がとんでもなかったり。とはいえ街歩きは楽しかったりするんで難しいところではあるなぁ。

ってなわけで二日目終了。ホントにクタクタだった。

2006.07.21

1日目:W杯とイトウ様


すでに同居人ページで詳細レポートされているが、この7月にフランス旅行へ行ってきた。ここ1年ほど仕事が炎上してしまい、かなり労働時間が増えてしまったため、落ち着いた今、長めの調整休暇が取れたのだ。前行ったスペインが素晴らしかったので他のヨーロッパの街並みも眺めてみたかった俺は長期で休めて行くならヨーロッパと決めていた。
同居人と候補地を検討。最後まで残ったのがイタリアとフランスだった。理由は「建物、街並みが雰囲気良さそう」だから。そして何より「どちらも飯がうまそう」だからだ。
休みが確定したのが遅くなったこともあり、結局は選択の余地もなくツアーで空いてたフランスに決定。フランスでもパリとニースのプラン等あったが空いてたのはパリオンリーのものだった。南仏込みだと一気に高くなるから助かった……。(そりゃ行きたいけどね)

出発のちょい前まで俺はまだ出張で戻ってなかったため、準備や事前調査は主に同居人にて進められた。いや、この人旅行が本決まりする前から大量にフランス関連本買込んでたけどね。休みが取れるか取れないのかまだわからない時期に既にパリに行ってきたかのように地理や店について説明してくれた。毎度のことながら基本的に楽しいこと系については気が早すぎである。
そんなわけで俺が準備したのはカメラ用にちょっと容量の大きなメモリカードを買ったことと薄汚れTシャツしかなくなってきていた服の買い足しくらい。実は手ブレ補正機能つきレンズも旅行を口実に買う気満々だったのだが相変わらず品薄状態なままなようで一ヶ月待ちとのこと。渋々諦める。あ、あと一番時間かかった準備はダヴィンチ・コードを事前読破しとけとのアドバイスに従ってぎりぎりに読み出した。結局行きの飛行機の中で読了するというぎりぎりぶりだった。
ということで、結局俺は旅行日程も地理も言葉も全然学習しないまま俺はパリへ旅立つのであった。

今回の出発と到着はともにW杯が絡んでいる。もともと旅行先はイタリアとフランスどちらにしようかと話していた2国が決勝でぶつかったりと奇妙な展開。そしてドイツ・ポルトガル戦はドイツの勝利が見えた頃に移動開始した。
福岡空港から成田で乗り継ぎ、パリへ12時間ほどのフライトとなる。パリに到着して数時間後にはイタリア・フランスの決勝戦キックオフの時間だ。着いて食料を買い込んでホテルで観戦しようか、それともパブリックビューのところへ行こうかなどと機内で話しながら飛行機は西へ向かう。いや、典型的なニワカですけどね。二人とも。

Paris_flightkeiji

機内では例によってビール、ビール、コーヒー。適度にテンションを上下させつつ12時間を過ごした。今回は時差が9時間。着くのが当日の夕方となるので早めに寝て後半起きておく作戦。ほぼベストの状態で定刻通りシャルルドコール空港へ到着。
「さぁ、テンション上げるか」
と思った矢先、入国ゲートには長蛇の列。そしてなかなか動く気配がない。しばらくしてじりじり動き出すものの、後で使用ゲートが追加されるまでのろのろ入国が続く。やっと入国し、次は荷物。入国に時間かかったからぐるぐる周ってたかと思うと何やら荷物用ベルトコンベアのトラブルで時間食ってるらしい。
それでもなんとか荷物をゲットし、ツアーガイドさんと合流。今度こそスムーズに行くかと思ったらもう1組がいるので待ってくれとのこと。むむぅ。

Paris_degaule

果たしてその「イトウ様」はなかなかこない。いくらなんでも来ない。探し回ったガイドのおばちゃんが両替所でイトウ様を発見、引っ張り出してきた。これ以後、俺らの旅のあちこちで「イトウ様」はWAIT状態を表すキーワードの一つとなった。
これでやっとホテルへ行ける。というのは甘かった。まだイトウ様……もとい待ち時間は続く。今度は荷物を先に持っていったドライバーの車がない。またしても捜索に向かうおばちゃん。結局初仕事のドライバーさんは勘違いして別フロアにいたようだ。車に乗り込み更にイトウ様状態は続く。
「これから高速乗りましてホテルまで30分ほど、混んでいたら40分ほどです」
って、すっげー大渋滞。あちこちの車には国旗が掲げられ、ユニフォームに顔ペイントとすっかりお祭りモードに突入しているようだ。パリ市内へ続く道は動いてはいるもののなかなかスピードの出せない状態が続く。いや面白かったけどね。
ま、確かに今日はサッカー観戦以外は明日に備えてホテルで休もうとしてたから特に予定はなかったんだけども。結局ホテルに着いたのが19:30頃だったろうか。20:00にはキックオフなのでパブリックビューへ行ってる時間はなさそうだ。

近くで買い込みしてホテルで観戦プランにするものの、スーパーがなかなか見つからない。ようやく見つかった時にはタイムアウト。とりあえず観れながら食べられるカフェを探す。試合は既に始まっている。と、通りのあちこちから雄叫びが。テレビのないカフェから店員は他のテレビのある店へ抜け出してしまい無人状態。元よりテレビのないところに客はいないが。マンションからは人が恍惚の目をしたおっちゃんがベランダに駆け出してきて「ジッズゥゥ~!」(ジダンの愛称)と叫びながら両腕を天へ突き出す。そして通りすがる俺たちに熱烈な投げキッス。どうやらジダンが先制点を入れたようだ。さすが本場、皆テンションたけーな!待たされっぱなしの初日だったがなんだか楽しくなってきた。

Paris_bercy1

なんとかテレビのあるカフェで晩飯にありつく。メニューはさっぱりなのでなんとかわかったパスタとビールを注文。パスタは正直いまいちだったが、とりあえず今は飲めて腹が落ち着けばよい。前半戦が終わった頃に食べ終わった。テレビが小さくプレーがあまり観れないこともありホテルへ移動。

Paris_sofitel

決勝戦の結果は知っての通り頭突き事件という後味の悪さを残しつつもイタリアが優勝。やっぱあそこでパスタ食っちゃったからか?ガイドのおばちゃん曰く「もし勝っちゃったら大変」と言ってたのでこれはこれで良かったのかなぁ。お祭り騒ぎのパリも見たかったけども。そういえば「国内ニュースとかでも一次リーグの時は年寄りばかりでなんたらと批判してたクセに今はジズージズーと絶賛」とも言ってた。何処も同じか……。

夜中のテレビではシャンゼリゼ大通りの様子が中継されていた。凱旋門には"Merci Les Blues"の文字が。人はそこそこ集まっているものの時折発炎筒の火が見える程度(?)で暴動にはなっていないようだ。さすがに頭突きショックがデカかったか……。

そんなこんなで初日は終了。さて明日からが本番だ!

« June 2006 | Main | September 2006 »