カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« V904SHレビュー | Main | 2日目:ルーブルスケール »

2006.07.21

1日目:W杯とイトウ様


すでに同居人ページで詳細レポートされているが、この7月にフランス旅行へ行ってきた。ここ1年ほど仕事が炎上してしまい、かなり労働時間が増えてしまったため、落ち着いた今、長めの調整休暇が取れたのだ。前行ったスペインが素晴らしかったので他のヨーロッパの街並みも眺めてみたかった俺は長期で休めて行くならヨーロッパと決めていた。
同居人と候補地を検討。最後まで残ったのがイタリアとフランスだった。理由は「建物、街並みが雰囲気良さそう」だから。そして何より「どちらも飯がうまそう」だからだ。
休みが確定したのが遅くなったこともあり、結局は選択の余地もなくツアーで空いてたフランスに決定。フランスでもパリとニースのプラン等あったが空いてたのはパリオンリーのものだった。南仏込みだと一気に高くなるから助かった……。(そりゃ行きたいけどね)

出発のちょい前まで俺はまだ出張で戻ってなかったため、準備や事前調査は主に同居人にて進められた。いや、この人旅行が本決まりする前から大量にフランス関連本買込んでたけどね。休みが取れるか取れないのかまだわからない時期に既にパリに行ってきたかのように地理や店について説明してくれた。毎度のことながら基本的に楽しいこと系については気が早すぎである。
そんなわけで俺が準備したのはカメラ用にちょっと容量の大きなメモリカードを買ったことと薄汚れTシャツしかなくなってきていた服の買い足しくらい。実は手ブレ補正機能つきレンズも旅行を口実に買う気満々だったのだが相変わらず品薄状態なままなようで一ヶ月待ちとのこと。渋々諦める。あ、あと一番時間かかった準備はダヴィンチ・コードを事前読破しとけとのアドバイスに従ってぎりぎりに読み出した。結局行きの飛行機の中で読了するというぎりぎりぶりだった。
ということで、結局俺は旅行日程も地理も言葉も全然学習しないまま俺はパリへ旅立つのであった。

今回の出発と到着はともにW杯が絡んでいる。もともと旅行先はイタリアとフランスどちらにしようかと話していた2国が決勝でぶつかったりと奇妙な展開。そしてドイツ・ポルトガル戦はドイツの勝利が見えた頃に移動開始した。
福岡空港から成田で乗り継ぎ、パリへ12時間ほどのフライトとなる。パリに到着して数時間後にはイタリア・フランスの決勝戦キックオフの時間だ。着いて食料を買い込んでホテルで観戦しようか、それともパブリックビューのところへ行こうかなどと機内で話しながら飛行機は西へ向かう。いや、典型的なニワカですけどね。二人とも。

Paris_flightkeiji

機内では例によってビール、ビール、コーヒー。適度にテンションを上下させつつ12時間を過ごした。今回は時差が9時間。着くのが当日の夕方となるので早めに寝て後半起きておく作戦。ほぼベストの状態で定刻通りシャルルドコール空港へ到着。
「さぁ、テンション上げるか」
と思った矢先、入国ゲートには長蛇の列。そしてなかなか動く気配がない。しばらくしてじりじり動き出すものの、後で使用ゲートが追加されるまでのろのろ入国が続く。やっと入国し、次は荷物。入国に時間かかったからぐるぐる周ってたかと思うと何やら荷物用ベルトコンベアのトラブルで時間食ってるらしい。
それでもなんとか荷物をゲットし、ツアーガイドさんと合流。今度こそスムーズに行くかと思ったらもう1組がいるので待ってくれとのこと。むむぅ。

Paris_degaule

果たしてその「イトウ様」はなかなかこない。いくらなんでも来ない。探し回ったガイドのおばちゃんが両替所でイトウ様を発見、引っ張り出してきた。これ以後、俺らの旅のあちこちで「イトウ様」はWAIT状態を表すキーワードの一つとなった。
これでやっとホテルへ行ける。というのは甘かった。まだイトウ様……もとい待ち時間は続く。今度は荷物を先に持っていったドライバーの車がない。またしても捜索に向かうおばちゃん。結局初仕事のドライバーさんは勘違いして別フロアにいたようだ。車に乗り込み更にイトウ様状態は続く。
「これから高速乗りましてホテルまで30分ほど、混んでいたら40分ほどです」
って、すっげー大渋滞。あちこちの車には国旗が掲げられ、ユニフォームに顔ペイントとすっかりお祭りモードに突入しているようだ。パリ市内へ続く道は動いてはいるもののなかなかスピードの出せない状態が続く。いや面白かったけどね。
ま、確かに今日はサッカー観戦以外は明日に備えてホテルで休もうとしてたから特に予定はなかったんだけども。結局ホテルに着いたのが19:30頃だったろうか。20:00にはキックオフなのでパブリックビューへ行ってる時間はなさそうだ。

近くで買い込みしてホテルで観戦プランにするものの、スーパーがなかなか見つからない。ようやく見つかった時にはタイムアウト。とりあえず観れながら食べられるカフェを探す。試合は既に始まっている。と、通りのあちこちから雄叫びが。テレビのないカフェから店員は他のテレビのある店へ抜け出してしまい無人状態。元よりテレビのないところに客はいないが。マンションからは人が恍惚の目をしたおっちゃんがベランダに駆け出してきて「ジッズゥゥ~!」(ジダンの愛称)と叫びながら両腕を天へ突き出す。そして通りすがる俺たちに熱烈な投げキッス。どうやらジダンが先制点を入れたようだ。さすが本場、皆テンションたけーな!待たされっぱなしの初日だったがなんだか楽しくなってきた。

Paris_bercy1

なんとかテレビのあるカフェで晩飯にありつく。メニューはさっぱりなのでなんとかわかったパスタとビールを注文。パスタは正直いまいちだったが、とりあえず今は飲めて腹が落ち着けばよい。前半戦が終わった頃に食べ終わった。テレビが小さくプレーがあまり観れないこともありホテルへ移動。

Paris_sofitel

決勝戦の結果は知っての通り頭突き事件という後味の悪さを残しつつもイタリアが優勝。やっぱあそこでパスタ食っちゃったからか?ガイドのおばちゃん曰く「もし勝っちゃったら大変」と言ってたのでこれはこれで良かったのかなぁ。お祭り騒ぎのパリも見たかったけども。そういえば「国内ニュースとかでも一次リーグの時は年寄りばかりでなんたらと批判してたクセに今はジズージズーと絶賛」とも言ってた。何処も同じか……。

夜中のテレビではシャンゼリゼ大通りの様子が中継されていた。凱旋門には"Merci Les Blues"の文字が。人はそこそこ集まっているものの時折発炎筒の火が見える程度(?)で暴動にはなっていないようだ。さすがに頭突きショックがデカかったか……。

そんなこんなで初日は終了。さて明日からが本番だ!

« V904SHレビュー | Main | 2日目:ルーブルスケール »

フランス旅行記」カテゴリの記事

Comments

いとう様、そうとう笑ったけど、
韓国で「いとう様」だったのは私だった・・・。笑えねえ・・。

続編まってまっせー!

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6566/11048941

Listed below are links to weblogs that reference 1日目:W杯とイトウ様:

» パリ旅行記〜1日目 [masami*cafe]
7月9日日曜日 やってきましたパリ旅行。 今回の旅行は、1年間ほぼ単身赴任だった仕事がやっと落ち着いたのでそのお疲れさまご褒美旅行。本当に激務に次ぐ激務だったので、 「街歩きじゃなくてリゾート系でもいいよ?... [Read More]

» [頭突きジダン]3日間の社会奉仕でファイナルアンサー。 [ネット的記憶装置]
結局マテラッツィの発言わかんないままだよな〜。処分は、まぁ妥当かな。ジダンの引退しているので3日間社会奉仕っていうのには笑いましたが。掃除でもするのかねw不良少年扱いかよw... [Read More]

« V904SHレビュー | Main | 2日目:ルーブルスケール »