カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

« September 2011 | Main | August 2014 »

July 2014

2014.07.09

小春と弥七『Love is blind』

Dsc_4643


小「来る、きっと来る」
弥「貞子が?」

小「何いってるの、再びあたしのモテ期が来るのよ。燃えるような恋の予感がただ駆け抜けりんぐなうなだけ」

弥(まーた始まった)

小「最近ちょっと心当たることがあってね、これなんだろうって留守番中にお父さん愛蔵の少女漫画たんまり読んで勉強したの」

弥(うわあ。お父さん引くわぁ)「どんなの読んだの?」

小「陸奥A子とか岩館真理子とか田渕由美子とか……」

弥「カバーもう変色してるやつばっかりだけど現代社会で戦えるの?それ」

小「原点という名の永遠って、昔のホットドッグプレスのLEVI'Sの広告に書いてあったから大丈夫よ。何?信じられない? 小僧!グダグダ言わずに70年代少女漫画50冊読んでみろ!

弥(試みの地平線かよ)

小「結果わかったんだけど、追加スキルっていうの? それとも属性チェンジ? なんかそういうので多分あたしの中の属性が変化しつつあるのよ。つまり、ドジっ子属性が芽生えたの。バイブルに習うにこれはモテの必須属性よ」

弥「はぁ……」

小「おかしいと思ったのよ。このところ散歩中に川に落ちかけたり、柱にぶつかったり、くぐり戸とと思ったら壁だったり。それに恋は盲目っていうじゃない。あれよ、あれ。」

弥(お姉ちゃん、可哀想だからツッコミしないけどそれ確実に老眼……。ま、ボクは永遠の少年だからまだ全然大丈夫だけどね!)

弥「でもほら、昔から散歩中は足が線路ハマったり窪みに落ちたり、車から勝手に降りて気付かれずに走り去られそうになったりとまぬけエピソード事欠かないから、きっと昔から属性変わってないんじゃないかなぁ」

小「そんな昔のことは忘れたわ。てへっ

弥「え?」

小「てへっ

弥(なんか属性スキル上げしようとしてる?)

小「でも確かに21世紀だものね。言語感覚も進化させるべきかしら。
とほっ。」

弥(たしかに1歩、っていうか1文字進んだ!?)

小「なんか違うわね。なはっ

弥(!)

小「なはっ。なはっ。なははははっ

弥(70年台戻ったぁ!!)

----
なんで約5年ぶりにこんなの書いてるんだ。
ええ、資料作成の現実逃避ですね、わかります。

« September 2011 | Main | August 2014 »