カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

アニメ・コミック

2015.06.21

海街diary 鎌倉さんぽ (いわゆる聖地巡礼の旅)

とある所用で始まった都内生活、チャンスとばかりに鎌倉に海街diaryの聖地巡礼をしてきた。
まとめようと思いつつ、なかなか機会を逃していたらもう二ヶ月経ってしまった。

映画公開前に巡礼レポ!と思ってたのにもう先週から映画公開されちゃったよ。昨日観てきたのでこのタイミングを逃したらアカン、一気にまとめておきたいと思う。映画にも巡礼した場所が出てきて嬉しかったなぁ。

原作至上主義であることは変わらないけど、映画感想もおまけに最後につけよう。

■海街diary 鎌倉さんぽ

都内生活が続き、帰省しない週末は金を使わずIngressな日々だった。
いいかげんそればっかりももったいない。加えてブラタモリとか見てると知らぬ風景を見たくなったので思い立った週末に鎌倉へ。カメラは持ってきてないので荷物はiPhoneとモバイルバッテリ1本のみだ。

鎌倉といえばマイ・フェイバリット、吉田秋生「海街diary」の舞台である。
そう、つまりは聖地巡礼。なんか懐かしい響きだ。

*鎌倉さんぽ*『海街diary』の舞台へ[マンガ][ロケ地巡り]

今回の巡礼は上記記事に全面的にお世話になった。
出張中で手元に原作本もすずちゃんの鎌倉さんぽもないので、この記事だけを頼りにめぐらせて頂いた。地図上の座標情報もあるので迷うことなく訪問でき、本当に助かった。心よりお礼申し上げたい。
タイムスケジュールも基本、こちらの記事の場所名に合わせてみた。

今回の巡礼にあたっての作戦はこうだ。

 ・時間もないし、乗りたかったので江ノ電の路線付近に絞ろう。
 ・鎌倉からは江ノ電の1日乗り放題切符を使おう。
 ・先に藤沢近くまで行ってしまって鎌倉駅に戻る順で辿ろう。

逆にこれだけしか決めずに突入……。なんとかなるさ。


さて、同じことする人はいないかもしれないけど、まずは今回スケジュールでのタイムチャートとして回った場所の簡単な時刻メモつき行動記録を。
注意事項としては単に巡るだけならもっと早く巡れる。今回は江ノ電の遅れで移動時間が計画しにくかったのと、「江ノ電が一緒に写っている風景」の撮影のために何度も電車来るのを待ってる時間がコミコミ。あくまで参考程度で。

<タイムスケジュール>

◆鎌倉駅
・11:13 鎌倉駅到着。新宿から湘南新宿ラインで1本。

◆江ノ島駅
・11:48 到着。
・12:00 江の島弁天橋
・   江の島 稚児ヶ淵
・12:40 江の島岩屋橋
・13:00 そのまま昼飯にしらす丼とビール。
・13:45 江ノ島駅に戻る

◆鎌倉高校前駅
・14:00 到着。
・   鎌倉高校駅ホーム
・   鎌倉高校駅前交差点の踏切
・14:25 混雑で遅れた江ノ電がやっと来て移動。

◆稲村ヶ崎駅
・14:35 到着。
・   稲村ケ崎の海へ降りる階段
・   稲村ヶ崎の海岸。わりとすぐ。
・15:00 移動。

◆極楽寺駅
・15:05 到着。すず達が住むここが今回のメイン。
・   極楽寺駅前。このまま長谷駅まで寄り道しつつ歩く。
・   桜橋
・   導地蔵堂
・15:20 極楽寺坂切通し
・15:27 坂ノ下の海岸へ出る道
・15:30 坂ノ下付近の海岸
・15:40 坂ノ下付近の歩道
・   坂ノ下付近の砂浜
・15:50 力餅屋
・16:00 御霊神社
・16:15 江ノ電ショット撮影粘ってから移動。

◆長谷駅
・16:17 歩いて到着。御霊神社からはすぐ。
・16:20 長谷駅前
・16:30 高徳院の大わらじ
・   高徳院 鎌倉大仏。胎内参観ギリギリ間に合わず…。
・16:47 長谷駅に戻る

・17:20 材木座海岸の階段
    駅から徒歩25分。群青表紙で思い入れが強いので江ノ電範囲外だが往復歩く。
・18:05 長谷駅戻る。

◆鎌倉駅
・18:20 到着。
・18:25 駅東口の鎌倉ニュージャーマンで「かまくらカスター」ゲット。
・18:40 適当に入った食堂「鎌倉食堂」でアジフライ
    しらすトーストのある「鎌倉キネマ堂」は昼にしらす丼食べてのでスキップ。
・19:10 鎌倉駅出発
-------------------------


<巡礼写真>

それではスケジュール順に撮った写真をご紹介。


◆鎌倉駅

01img_1539


実はこれが初の江ノ電体験。キュートな車体!
1日乗り放題の乗車券を手に入れてまずは江ノ島を目指す。


02img_1544

江ノ電の道は大体はこんな感じ。単線で狭いところを縫うように走る。中には民家スレスレなところも多い。

03img_1553

と、いきなり路面電車みたいになる区間も。フリーダム!ちょっと長崎市でチンチン電車乗ってる気分。


◆江ノ島駅

11img_1631

江の島弁天橋。
帰り道の方が空いてたのでそのときの写真。ここ渡ると江の島キタ!とテンションあがる。


04img_1592

歩いてるとこんなのも。二つ山だったかな。ここは巡礼外だけど面白い風景だ。

07img_1614

江の島 稚児ヶ淵。


05img_1607

江の島岩屋橋。

06img_1613

江の島岩屋橋のところでiPhoneの機能使ってパノラマ撮影してみた。


08img_1616

これも通りがかりにあったカメの甲羅のような石。

09img_1621

昼はそのまま江ノ島でしらす丼!
江の島ビールも美味かったー。しらすとビールがすごく合う。
店にもよるだろうけど生しらすは早い時間になくなってしまうみたい。これは釜揚げ。

10img_1624

江の島はひたすら階段を登ったり降りたり。
最初だけ有料のエスカレータ(エスカー)あるけど自力で頑張る。ナイスな見晴らしがあちこちで。
映画終盤の景色もこんな感じだったな。叫んではいませんw

江の島は巡礼関係なくまた来たくなるところだったなぁ。


◆鎌倉高校前駅


12img_1641

鎌倉高校駅ホーム。
こんなに海が近い駅っていいねー。海側はどこからも江の島が見えてきて俺の家も近い(どこだよ)。
でも夏場ここで待つのはかなーーり暑そう。


13img_1668

同じく鎌倉高校駅前交差点の踏切。
普通に撮影するだけならもっとハイペースでいけるんだけど、なるべく巡礼っぽく江ノ電来てる風景にあわせて、とかすると途端にペースが落ちる。しかもこの日は混雑で時間が遅れて時刻表あてにならず。
やはりここは撮影したい人多いみたいでここでも2,3本待って撮った気がする。

◆稲村ヶ崎駅

14img_1673

稲村ケ崎の海へ降りる階段。
このアングルで!と思ったところに先客がいたりするのも巡礼のお約束。
映画ではシャチ姉と彼氏が来て座ってたところ。後ろの黄色い建物あった気がするのでたぶんココ。

15img_1675

稲村ヶ崎の海岸。
駅からほんとすぐ海。

16img_1680

稲村ケ崎の海へ降りる階段の駅側から。横断歩道と青い空と海。最高です。


◆極楽寺駅

40img_1685

すずたちが住む(設定の)極楽寺駅前付近。
ちなみに極楽寺駅の看板、映画だけみると映画のためにとってつけたようだけど、実物もあのまんまですw

17img_1689

駅から歩き始める。映画観た人なら奥の赤いのが記憶に残ってるのではないかな。

18img_1694

その赤いのがこれ、導地蔵堂。
家の近所ということで作中しょっちゅう出てきます。


19img_1697

極楽寺駅すぐの桜橋より。
これも電車をひたすら待っての撮影。マンガでは省かれてるけど手前にパイプっぽいのがあって撮りにくい。

20img_1709

極楽寺坂切通し。
どこのポイントからあの絵だろう?と探したら駅へ向かう方の上り坂だった。坂を降りてたので振り返って「あっ!」と発見。こういうのが巡礼の楽しいところだ。


21img_1713

坂ノ下の海岸へ出る道。
この海へ続く風景シリーズがたまりません。

22img_1726

坂ノ下付近の海岸。
ここもずっと先客いたけど一瞬の隙(?)を狙って撮影。

23img_1728

坂ノ下付近の海岸。スロープになってるところですず達が遊んでいたはず。
そろそろ日が傾いてきて逆光になってきたー。

24img_1733

坂ノ下付近の歩道。
この日はずっと道が車で混雑してたな。夏休みとかはもっと混雑するのかも。

25img_1743

力餅屋。
絵のまんま。もちろん戴きます!

26img_1746

10個入りしかなかったので、バラで買えるやつを。歩き疲れたところにエネルギー補給。

27img_1757

中はこんな感じ。赤福っぽい。

29img_1767

御霊神社は踏切からすぐ。
すぐ過ぎるだろ、ってくらいすぐ。
絵と同じく電車が通るタイミングを狙うとライバルが多くてなかなかこのアングルでとれない。
これも着ている電車じゃなくて過ぎていく電車だけど一番マシ。映画でもまさにこのアングルでしたね。


28img_1764

踏切わたるとすぐに御霊神社。不思議な感じだ。


◆長谷駅

30img_1781

長谷駅前。
御霊神社から歩いてすぐでした。例によって江ノ電待ちー。


31img_1789

高徳院の大わらじ。
ようやく観光っぽいところも。

32img_1797

おなじみ高徳院 鎌倉大仏。
胎内参観ギリギリ間に合わず…。16:30までなんだって。


33img_1815

悩んだ既に長谷駅からちょっと遠い材木座海岸へ向かう道の途中。
あちこちでこんな風に道に砂浜が侵食していた。
向かう道はひたすら磯の匂いと潮風のべたつき。そして波音。
この体験のおかげで絵と映画の空気感を実感に置き換えて楽しめます。


34img_1833

材木座海岸の階段。「群青」のときのカバー絵が大好きで。
そうじゃなきゃここだけのために往復ほぼ1時間歩きで来ない。
ただ、あの群青を味わうためにはここは午前の早いうちに来ないとダメなのかな。

42img_1832

反対側にも同じように階段があって、夕方はそちらの方が青い空でした。

41img_1826

ふたつの階段の間は通路で奥の道に通り抜けられます。

35img_1841

長谷駅へ帰り着く頃にはすでに夕日に。


36img_1860

さんぽっぽく道端の花ショットなんてのもいい。

37img_1872

さんぽっぽく変なものショットも。なんだこれw


◆鎌倉駅

38img_1885

鎌倉駅に戻ってシメはアジフライ定食と鎌倉ビール(生)。
江の島ビールの方が好きだな。

39img_1887


自分のお土産に鎌倉駅東口の鎌倉ニュージャーマンでゲットした「かまくらカスター」詰め合わせセットを。
コーヒーとコレで〆てやっと巡礼終わり!
Ingress封印してもモバイルバッテリーも使い果たし、ギリギリの帰還。ナビや写真、動画と使いまくったからなぁ。
写真はすべてiPhone6で撮ったもの。そこそこ観れるもんだな。

-------------------------

■海街diary 原作コミックと映画

コミックも映画も地味な作品だ。
俺はこの原作コミックが好き過ぎて、正直ちゃんと語れる自信はない。映画だってその前提の中なので正常な判断で評価できるわけもない。

原作コミックでは通常の「ドラマ」の中ではよっぽどのメインテーマでもなければ省かれてしまうであろう、

金絡み・親戚づきあいのごだごたも
理想と現実の違いも
抱えた辛い過去も
否応なく訪れる死も
未来への迷いも
邪悪なオーラもw

この世界にリアルと同じ重さでみんなに普通に存在していて、彼らの中で時折彼らそれぞれの答えの片鱗を覗かせる。だからdiaryなのだ。

答えは一つではないものばかり。経たプロセスももはや重要ではない。しかしその結果、人は「出会う」のだと感じさせる。

苦しみは人の間で生きることで生まれ、だからこそ「人との出会いによって救われる」ことを再確認していく。
ほとんどすべての作品がそうであるが、この作品ではそれをただ丁寧に日々の中で描く。
もともと天才だと思ってるけど、それでもたくさんの人と関わって生を重ねた今だからかける吉田秋生センセの到達点だと思う。

(我ながら陳腐な表現だけど)子どもと大人の境目にいるすず達の存在という清涼フィルターで生臭さが少し取り除かれ、心地よく染みる。これを読んでる間はなんて贅沢で幸せな時間だろう。

さて、映画である。

6巻カバー帯に現れた映画化のお知らせは戸惑った。えらい豪華キャストだ。真っ先に思ったのは「こんな地味な話を映画にしていいんだろうか」だった。

果たして映画。この地味な作品を地味なままに仕上げてくれてありがとう。
一番懸念していた映画向けの変な追加人物や盛り上げのための不自然なエピソードはほとんどないので、むしろ原作ファンはある程度安心して観て大丈夫だと思う。古い家屋で生活する様子や鎌倉の風景はコミックを補填するものだ。
どんくらい地味なままかって、法事シーン妙に多いわ、この映画の中にあっては珍しく印象的な味付けの「桜」や「花火」のシーンがむしろ若干浮いて感じるほどの地味さだ。「障子張り」が浮かないギリギリ?

四姉妹はみんな魅力的なので好きな女優さんいたらこの生活風景を覗くだけでも価値があるだろう。
一番驚くのはこの豪華キャストの中で、特にそうそうたるメンバが並ぶ「あの三人の姉」の中にあっても際立つすずの存在感だ。きっと今この時期しか見れないような、はっとするような「すず」が観れる。

映画の風合いは基本、薄いピントの中でハイキーに染まる世界だ。
個人的な印象ではこのトーンからするに映画は特に大人目線で統一されているように思う。だから観るみんなは見守っている。すずを、姉たちを。
もっとすず目線が強ければフィルムの中にはあの「群青」の表紙のような鎌倉の深く濃い空が広がっていたかもしれない。

感想になってない気もするけど、こんな感じで。

最後はあまり関係ないところの蛇足な感想。

・広瀬すずちゃん、サッカーうめえ。
・大竹しのぶさんの演技が好きだ。いわゆる「マンガみたいな」「ハンコ押したような」キャラでなく実在する
「大人でないオトナ」をあれだけ短時間で説得力もたせてしまうのは凄いと思う。
・アライさんはやっぱり出ません(あ、ネタバレしちゃった)
・藤井朋章だけは「これ違う」感が強い。きっとラヴァーズ・キスへの思い入れも強すぎるからだけど、今回いっそ出さなくてもよかったのでは。

風太がかっこよくなる裕也絡みの追加エピソードとかあれば観たいところだけど、もうタイムリミットだろうなぁ。

ああ、もっかい巡礼行きたくなってきた。

2010.12.12

『海月姫』と漂う時間

海月姫(1) (講談社コミックスキス)海月姫(1) (講談社コミックスキス)
東村 アキコ

講談社 2009-03-13
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

超久々の更新は東村アキコの『海月姫』だ。ちょうど今アニメでもやってるけど、漫画の最新6巻がでたタイミングで書いてみよう。
ちなみに俺はクラゲは海ノ中道マリンワールドで子供にまじってクラゲ実験をワクテカで見るくらいには好きだ。ほんと綺麗だよね、延々見てしまう。


◆テンポとキャラクター

さて、海月姫のストーリー紹介は……面倒なので省略(ぉぃ)
公式ページやらWikipediaやらググればいくらでも出てくるだろうし、いいか。

この作品の魅力がなにかと言えば、俺的にはテンポの良い展開となによりもキャラクター達の愛しさ、おかしさだろう。
月海や蔵之介の「母」に関連した伏線とかストーリーの仕掛けもうまいけどなによりもキャラの魅力にあふれる作品だ。東村アキコ作品は『ママはテンパリスト』を先に読んで大笑いさせてもらってたけどストーリーものもいいなあ。

ストーリー要素は恋愛、オタク、変身、立ち退き事件、コメディ、母親とドレス、80年代女の恋(笑)などなど結構いろいろてんこ盛りされてるのだが、うまいこと織り込まれているので複雑になることなくテンポの良さになっている。
6巻まで進むといろんなことが繋がって一気にひとつの方向へ収斂されていく。そう、ちゃんと最初から種まきされていたのだ。

正直「どうせオタク女子を化粧とかで変身させるんでしょ?」という先入観もあった。
いや、それは間違いでもないのだけど、それはこの作品のほんの重要な一部だ。(変な日本語)


◆月海かわいいじゃねぇか

上京したものの腐女子となってしまった月海が蔵之介と出会うところからストーリーは始まる。海月姫はギャグテイストが強められているものの、結構きっちりと少女漫画である。このように"Boy meets girl"という基本が守られているのもそのひとつ。スキスキベクトルのすれ違い方やモノローグや見開き、大ゴマの使い方もまたその証明ではないだろうか。

そう、「見開きクラス大ゴマ」の月海、蔵之介のかわいいこと。
大ゴマの役割は一瞬意識をその世界に飛ばすことじゃないかと思う。瞬間、そのシーンに入り込み、ともに見蕩れ、ともに白眼をむき(笑)、そしてともに傷つくのだ。

胸に突き刺さる大ゴマ。基本ながら漫画ならではの武器であり、それが活かせているというのは作品としてすごく大事なことだと思う。


◆おかしなやつら

月海と蔵之介を中心に話は展開するが、脇に控えるキャラ達が強烈なのもこの作品で外せない大きな魅力。月海が住む天水館の住人達(尼~ず)はもちろん、「地上げ女」こと稲荷さんや蔵之介の兄(修)、親父連中など、おかしなやつらが揃っている。

俺的には特に6巻で登場したブライス……じゃなくてべライスオタクのノムさんが結構ツボ。尼~ずにすっかり慣れて油断したところでの強烈な登場。グサッと来た(笑) 俺も虫けらの一人ながら応援させてもらいたい。
尼~ずメンバではジジ様はまだ何となく今後の活躍イメージが描けなくもないとして、ばんばさんの活躍に期待が募る。

……それにつけてもベンツ好き運転手の花森さんは卑怯過ぎる。総理周辺のギャグは結構あっさり流せるのに花森さんは毎回わかってるのに笑ってしまう。


◆蔵之介再考

それにしても蔵之介というキャラクタは不思議な存在である。
役割としては「見い出し、変化をもたらす者」で、そのために月海達の平穏に土足で乗り込んでをかき回すことになるのだが、そこへウザさを感じさせないのだ。

あえて序盤で尼~ずに「侵害者への拒否」を突きつけさせたから?
それとも華やかな見た目や毎回のファッションの変化のせいだろうか。よく出来た(?)キャラである。

自分の目的もある。行動力もある。己の能力を知っているし、自信もある。でもどこか満たされていない。そう考えると一番近い存在は実は稲荷さんか。そういや最初に合うシーンで同属嫌悪ってあったっけ。
蔵之介は月海と、稲荷さんは修と。新たな関わりを通して欠けていたものを見つけることになるのだろう。


◆あとがき漫画がひどい

特に1~3巻のあとがきマンガにはどん引きと大笑いさせてもらいましたとも。恐るべきハマり能力。てか尼~ずのオタぶりが描けるのって作者&周辺に強力かつ協力的なネタ元いないと無理だよね。


◆ついでにアニメの話

『君に届け』と同様、絵もストーリーも丁寧に原作をなぞりつつ、動画ならではのアクションを取り込む。幸せな関係を築けているのではないだろうか。あとがき漫画の中で作者も触れてたけど、最近のアニメは漫画テイストを崩さない絵を出せるんだねえ。アニメは11話までらしいけど、どこまでやるんだろうか。
そうそう、これを書いている現在8話でさりげなくごっちゃんが登場してた。


◆海月姫に漂え

最初に書いたように本作はいろいろてんこ盛りではあるけども、それでも根っこは普遍なんだろう。それは世にあるほとんどの作品が共通で持つテーマである。

 
  自分には何ができるのか
  必要としてくれる人はいるのか
  どうして誰かが特別になるのか

このありきたりでいて屈強(?)なテーマに触れるようとするとき、高確率でなんらかの痛みを伴ってしまう。避け続けてしばしぬるま湯の中に浸かりやり過ごすこともできる。

この作品はそんなぬるま湯から蔵之介と地上げという「招かれざる客」によって向きあうことになった人々の話だ。

俺はぬるま湯も大好きだけどねー。

フゥーー☆ ぬるま湯フゥーー☆ (c)まやや様

2007.06.08

オススメ「フラワー・オブ・ライフ」

フラワー・オブ・ライフ (1) (Wings comics)フラワー・オブ・ライフ (1) (Wings comics)
よしなが ふみ

新書館 2004-04
売り上げランキング :
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「大奥」でびっくりさせられたよしながふみさんの近作の一つである「フラワー・オブ・ライフ」が4巻で完結したとのことで密かに狙っていた俺は全4巻をまとめ買い。

面白かった! 久々にこの休眠ブログを更新してしまうくらい俺好みの作品であった。読んだ後の熱が覚めてしまわぬうちに思うままに感想でも書いておこう。

4巻というサイズもあって、この作品はまるで巧みな細工のなされた小箱のようだ。

ジャンル的にいえばいわゆる学園モノ。そこにはある意味お約束ともいえる「楽園」が存在する。味のあるキャラクター、テンポのいい展開と台詞回しでしこたま笑わせてくれる。
特に真島の生態(?)については明らかに作者本人が楽しんで描いてるんじゃないだろうか。軽い自虐を含めつつ……。

ただここは普遍の楽園ではなかった。
彼らは日々お互いを知り、変わり、また変わりながら関係し続けている。

よしながふみという人はなんでこんなに人と人の関係を描くのがうまいんだろう。特に人間関係の対比と転換、入れ替えを。
物語は「外部イベント」によって起きるのでなく、そこにある人間関係の微妙な変化によって作り出される。
たった一つの出来事やたった一言だけでシチュエーションは大逆転を起こしてしまう。小柳とシゲ、シゲと真島、真島と春太郎、春太郎と三国。いろんな人と人の組み合わせの中で気が付けばポジションが入れ替わり、その変化に振り回され、励まされ、時に苦悩する。
読み返してみると最初と最後が見事に裏返しで繋がっているのがわかる。その変化を切なく、懐かしく受け止めながらこの物語の余韻に浸るのだ。


あまり多く読んではいないのだけど、よしながふみのマンガの印象は比較的淡々と展開させ、またキャラクター達を愛しつつも突き放しているように感じるところだ。それはやはり計算づくの役割配置によるものだろうか。キャラクターそれぞれが自分自身を一側面から見た分身であるからこそ持てる距離感なのかも。

読み終えた後、なんだか自分の中で盛り上がってしまい、つい吉田秋生の「河よりも長くゆるやかに」まで読み返してしまった。こちらは未完(だよな)だし、毛色は違うが何だか似通ったものを感じたのだろう。こちらも俺的に超のつくお気に入りなので未読の方は是非。

2007.01.30

俺の少女まんが道

漫画系WEBサイト界隈では最近「乙男」(菅野文)があちこちで話題になっている。出張中につきまだ読んでないのだが、オトメン、少女漫画好きの男子の話らしい。

それに触発されてか、ふと自分の少女マンガ遍歴を思い返してみた。

姉がいたこともあって、あまり抵抗なく結構な量の少女漫画を読んできた。特に一番歳の近かった姉は最低にも「借りたらそのまま」系だったのか人から借りたのであろう漫画本が部屋にいつまでも転がっていたような気がする。
でも思い返すとあったのは「スケバン刑事」「超少女あすか」(和田慎二)やら「エリート狂想曲」(弓月光)とかある意味偏ってたような……。単に俺がそのへんだけ好きで他のを覚えてないだけかも。

俺の基本はコロコロ⇒ジャンプ⇒スピリッツ世代でちゃんと毎号買っていたからマンガベースは少年誌系なのだが、中学の頃だったかに一時期姉が買っていた「Lala」(と時々「花とゆめ」)を読んだあたりからボーダーが崩れ始める。
あれは成田美名子の「CIPHER」が始まる頃だったろうか。ほぼ毎号読んでたのでその頃の作品は覚えている。個人的には短期ながら吉田秋生の「櫻の園」がえらく気に入ったような。事実今でも一番好きなランクに入る作品だ。
当時のLala作品で他に記憶にあるものは「シニカルヒステリーアワー」「ルイ君に乾杯」「朱鷺色三角&パッションパレード」などなど……と作品名思い出しついでにググってみたら「糸納豆ホームページ」さんのコンテンツに月刊LaLaインデックスなるすばらしいリンクを発見。ありがたい。そうそう、俺が読んでたのは大体この頃だ。

このへんから雑誌別でなく作家別に読む読まないのジャッジがされるようになっていった。とともに徐々に雑誌ベースからコミックスベースに切り替わっていく。上記リンクで振り返るとやっぱり作者の広がり起点は白泉社系なのだとわかる。
その後、実家から出て雑誌読めなくなると気になる作者については自分でチェックを入れることになる。吉田秋生、大島弓子、わかつきめぐみ、樹なつみあたりは今に至ってもフォローしてたりする。息が長いなぁ。吉田秋生は「BANANA FISH」でハマってすぐコミックス揃えてたけど。

もちろん、それだけにとどまるはずもなく、ジャケ買いも含めてフォロー作者はどんどん増えていくことになる。そして極めつけがメーリングリスト。実家を出た頃……当時まだインターネットが大学や一部企業だけの存在で、NetNews上では某氏達が日々絶え間ない舌戦(?)を繰り広げてたりした頃だ。当時メジャーな趣味のコミュニケーションの手段のひとつはMLだった。
とある漫画系のMLに入った俺は躊躇なく先達に情報を求めた。それほど活発なMLではなかったがそれでも山のように作品名が挙げられていく。特に古めの名作達がぞろぞろと。
そもそも書店で不遇な扱いをされ易い少女漫画たち、当然店頭に残ってるわけもなく、日々古本屋をめぐっては制覇していく……。悲しくも嬉しいことに古本屋でも大抵不遇の扱いで1冊100円以下で叩き売られていることが多く助かった。

ちなみにどんなオススメがあったかを覚えている範囲でいうと

「花ぶらんこゆれて…」(太刀掛秀子)
「セッチシリーズ」(沖倉利津子)
「陽の末裔」(市川ジュン)
「前略ミルクハウス」(川原由美子)
「はみだしっ子」(三原順)
「ライジング!」(藤田和子)
「デザイナー」他、一条ゆかり全般
「森子物語」他、岩館真理子全般
「花岡ちゃんの夏休み」他、清原なつの全般
「お父さんは心配性」他、岡田あーみん全般
「フランス窓便り」他、田渕由美子全般
「こんぺい荘のフランソワ」他、陸奥A子全般
「妖精国の騎士」他、中山星香全般

……正直にいうと途中からごっそりググりました。あえて古めのものを選んでみた。もちろんMLでは古今の作品を知ったのだが「こんな昔にこんな作品が」というインパクトはやはり大きかった。当時所有のコミックリストがすでにないのが惜しいな。

この頃の古本屋往復の日々は正直楽しかった。当然だ、毎日のように名作が読めるのだ。そりゃたまらんって。たしか竹本泉もこのへんから。当時はまだマニア誌の進出が少なかったので少女漫画家の扱いだった。竹本泉のMLでは「あんみつ姫」など所持済みレア本を見つけてはMLのメンバ同士で実費で分け合ったのも懐かしい思い出だ。
内田善美もここで聞いてなければ存在さえ知らなかっただろう。自分的ランクトップクラスの「草迷宮・草空間」他珠玉の作品を読んでなかったとしたら大損失だったろう。坂田靖子は作品数が多すぎて財布的にも泣いた。個人的には「天花粉」「珍見異聞」とかの和風なものや「マーガレットとご主人の底抜け珍道中」とか好きだ。

そして何より萩尾望都の作品群の衝撃
俺が全然知らない間に世には「こんな作品が世に出ていたのか」という衝撃だ。SFな話が好きだったのもあってずぶずぶとハマっていった。
夢枕獏氏が少女漫画について書いたエッセイか何かでこれだけの文化を知らなかったことに恐怖した、みたいなことを書いてた気がする(記憶自信なし)が、まさにそれである。少年誌系で得られないエッセンスが、物語が確実にそこにはあった。
今では雑誌掲載内容もかなりジャンルがオーバーラップしているのでこれほど極端なことはないのだろうけど、少年誌培養で育った者には刺激的な世界だったのだ。この時期に消費するように一気に読んで一気に忘れてしまってるのも多い気がする。もったいない。リアルタイムで雑誌で毎回待ってた人はキャラ名までいつまでも覚えてたりするもんなぁ。

もちろんこの時期読んで気に入った作者はフォローリストに入るわけで毎月の購入コミック数はがんがんと増えていく。これに当然少女漫画系以外も加わり、さらにパソコン通信での新ネタも入って購入冊数は泥沼化していく……。

今ではかなり絞って買うようになってしまったが、それでも時折対象範囲を広げては絞り込みを繰り返してまんが(読み)道は続く。最近は自分で発掘するというよりマンガ系WEBサイト/ニュースサイトさんたちに頼りっぱなし。ホントありがたい存在です。
何かの縁があれば皆様、古いのも新しいのもひっくるめてぜひこっちの世界にも飛び込んで頂きたい。

2005.12.10

オススメ『シガテラ』

4063611930シガテラ 1 (1)
古谷 実

講談社 2003-12-25
売り上げランキング : 23,995

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

写真メインの壱知拾忘の方は時々更新してるけど、えらい長いことこちらを更新してなかった。更新が途絶えたあたりからほとんど福岡にいない状態で、ほとんどは長期出張中だった。いや、だったでなく今もそうなのだが。

出張中はたまに休みが取れたとしてもギターもカメラも手元にない。かといって本を買いまくって荷物を増やしたくもない。ちょっとした休みの日の空き時間にホテルの近所のマンガ喫茶で読みたいと思いながら後回しにしてた本を漁るのが楽しみになってきた。固定作者の本を買うばっかりで新規開拓してなかったしなあ。

さて、前置きが長くなったが、そんな風にしてマンガ喫茶で読んだ本から気に入って結局今日、後で荷物増えるの覚悟で買ってしまった作品をオススメしたい。今日なんて夜勤前だってのに睡眠時間削って再読してしまった。眠いよ……。

そんなわけで今回のオススメは古谷実の「シガテラ」だ。
作者については「稲中卓球部」の人といった方が一般的には通りがいいのかもしれない。氏は稲中の後、ギャグ、シリアス作品を経て、この「シガテラ」へたどり着いた。聞きなれないこのタイトルが意味するところはちょっとググってみると主に南方の魚が元々もってない毒素をプランクトンなどから体内へ蓄積し、それが食物連鎖でより大きな魚へ、そして人間へと集積されることで起こす中毒症のようだ。
「死に至ることは少ないけれど知らず知らず摂取され、残留する微量の毒による中毒症」という意味合いだと思われる。

物語はいじめに合う荻野がバイクの免許を取ろうとするところから始まる。それは苦しい日常からバイクという象徴を介しての逃避だったのかもしれない。そしてそこから日常に変化があらわれていく。
どこかにいそうな人々、そして今もどこかで同じ状況があるだろうシチュエーションの中で、些細な出来事の重なりが時に大きなうねりとなり、そしてまた消えていく。
……と特に細かくあらすじを書くつもりはないので、こっから先はもう勢いのまま好きに書く。微妙にネタバレするところもあるかも。

俺がこの「シガテラ」にここまでひきつけられたのは何故だろうか。
もともと分類が結構難しい作品ではある。コメディ要素も入ってはいるが、それがメインではないし、もともとストーリーとしては暗い傾向にある。各要素のウエイトは統一されていない、又は敢えてしていない感は受ける。狙いかどうはわからないが逆にそれがこの時期特有のごちゃ混ぜ感になっていていいんじゃないかとも思う。

荻野にとって、そしてこの作品と読み手にとっても大きな要素を占めるのが南雲さんとの出会いだろう。棚ボタ的に彼女とつきあうことになった荻野のおろおろ加減、そしてそのあまりに大きなウェイトは、格別ぱっとしない人生を辿ってきたコンプレックス者には染み入るものだ(涙) 南雲さんの言葉や仕草、表情、として二人のやりとりに自分の場合を思い返す人は多いだろう。多少の違いやデフォルメはあれど、そこには恋愛の共通事項がある。はじまりにしかない貴重な思いと一生残る瞬間たちがある。
荻野自体も実は面白い。単なるいじめられっ子に見えて、時折見せるヘンなところはいわゆる「バタ金」的主人公像を受け継いでいる面もある。妄想や思考の暴走ぶりは稲中の頃からのセンスが垣間見えておかしい。荻野の中の前野を見ることだって出来るだろう。

映像化されたとしてそのBGMには凄く似合わないかもしれないがこの作品に含まれる要素は実はスピッツが非常に合うのではないかと思ってたりする。少なくとも俺にとってのスピッツの歌の根本は「性と生と死」と「無常と諦観」そして「自己閉塞と出会いによる時には逃避的な解放」だ。あとつけ加えるなら「おっぱい」!
シガテラはこれら要素をふんだんに含んでいる。(大抵の作品はそうだろって話もあるかもしれないケド) 読んだことがあるかどうか知らないが、読んでみたらマサムネさん、大好きなんじゃないだろうか。凄く勝手な推測だけど。

話が飛んでしまうが音楽繋がりでもう一つ。水戸華之介さんの「偶然にも明るい方へ」という歌がある。俺はこの歌がかなり好きでよく頭の中でリフレインしたりする。その都度「ホントにそうだなぁ」と思うのだ。
いま自分がいる場所はあらかじめ決まっていた場所だろうか。そして自分が選んだ場所だろうか。否、だと俺は思う。どちらに転んでもおかしくない瞬間はいくつもあったはずだ。あの時一歩違う方向へ踏み出していたら全く違うところにいたかもしれない。あそこであいつがああしてくれてたら、してくれなかったら。あの場所にいたら、いなかったら。そしてあの人に出会っていたら、いなければ……。
カオス理論てわけでもないが、何億回と振られたサイコロのたった一回で全然違う道へ進むことがある。しょうがないことだらけの中で自分で選べることなんて実はほんのわずかだ。ほどんどは誰かがやる気もなく振ってるだけかもしれないいいかげんなサイコロに隷属している。
だが今少なくとも「そうだったよなぁ」と昔を振り返れる程度には最悪の場所にはいない。全てがベストの状態からはほど遠いかもしれないが、こうしてなんとか笑いを忘れることなく日々を暮らしている。そう、まさに偶然にも明るい方へ。その偶然に感謝し、やるべきこともある。

「シガテラ」を読んだときもまた似た何かを感じた。
荻野や南雲さんの周囲には何人もの「ぎりぎりな人」たちが現われる。踏み外すかどうかはほんのちょっとのきっかけでその渦中に飲み込まれるかどうかもまたほんのちょっとのタイミングの違いでしかない。
わずかなサイコロの目の違いで大きく道を逸れた者がいる。自分の意思と関係なくどうしようもない状態に陥ったりもする。幸運な出会いをし、いつの間にやら災難から離れていることもある。忘れている頃に災難が戻ってきやがることだってある。
そんな無力感の中で自己嫌悪や諦めとその裏返しのなけなしのプライドと期待とに右往左往し、自身への不信から手に入れた大事なものさえ不安の種となっていたあの頃。

そして今、やりすごしたのかどうかはわからないがなんとか息の出来る場所にいる。「しょうがないこと」や「つまらないこと」、「思うようにならないこと」は消え去りもせず近くにあふれているがそれは普通にそこにあるものになってしまった。見ないフリも出来るし、対峙しても大抵は適当なところで折り合いをつけることだって出来るだろう。そうだ、もう自分が普通でその力の及ぶ範囲も受ける影響の範囲もまた普通であることをわかってしまっている。少なくともわかったつもりになることで安定することが出来る。
そんな手軽で器用な真似が出来なかった馬鹿な「あの頃」への思い。それが俺を捕えて離さない。あの頃は過ぎ去っていても消え去ってはいない。比率はわずかでも消えることなく自分の中に残っている。これからも残り続けていくのだ。読みかえすたびに俺の中に奇妙なモヤモヤがくすぶる。それは自分の中にも蓄積されているシガテラ毒がこの作品に呼応しているからに他ならない。

んでもって俺はむちゃくちゃ弱いのだ、こういうのに。安達哲の「キラキラ!」「さくらの唄」やナツカシの「バタ金」。最後の急展開含め、ヤンマガはこうじゃなきゃっていうか(意味不明)
この「シガテラ」を読んでしまったので立て続けに「僕といっしょ」「グリーンヒル」「ヒミズ」「稲中」も読んでしまった。他のもいいなぁ。特に「グリーンヒル」はなんかツボに入ってしまった。 各作品で方向性は違って見えるが、どれもまごうことなき青春マンガだ。

最後に「シガテラ」で一番重要なこと。

「南雲さんかわいいなぁ」

もう、この一点だけででもオススメしまっせ。

2004.12.04

オススメ『よつばと!』

よつばと! (1)
あずま きよひこ

メディアワークス
2003-08-27
売り上げランキング 496

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今回のオススメ漫画はあずまきよひこ『よつばと!』。最近3巻が発売され、やっぱり面白かったのでご紹介。気合入れて語ること自体がこの作品のフィーリングと反する気もするのでさらりと紹介しよう。

ある日ある町へ引越ししてきた女の子「よつば」とその「とーちゃん」。ちょっと特殊な事情があるようだが、そんなことに関係なく元気一杯な「よつば」と「とーちゃん」やご近所さん達とのほぼ普通な日常が描かれている。いや、ホントにそれだけ。

前作「あずまんが大王」から引き継がれた「間」の取り方のうまさと溢れるセンスは相変わらず絶品……というか4コマの制約から離れてさらに磨きがかかっている。
絵は一見マニア寄りに見えるかもしれないが、それほどクセが強い絵ではないし、安定して上手いので読み始めてみれば受け入れてくれる層は結構広いかもしれない。
あらすじに書いた通り、この作品では大きな事件などは発生しない。基本的にその辺で起こってるかもしれない日常レベルの出来事の中でのよつばとその周りの人々が淡々と描かれている。そしてそれがミョーに面白い。

たまに犬や猫の視点になって描かれた作品を見かけるが、この作品ではよつばというフィルターを通して世界を見つめるという体験が出来る。子供だった頃にみんなが持っていたはずの世界への新鮮な驚き、不思議な決まりへの疑問、子供独特の論理展開。これらがちょっとしたエピソードの中で表現されている。それが自分の忘れかけていた記憶とリンクして呼び起こされるのか、読んでいてどことなく懐かしさと温かさを感じるのだ。
そういう違った視点を持って作品を描くことは難しいことだ。動物視点のものでさえ、ちょっと自分の中の認識から逸脱するとわざとらしい感じがしてしまうものだ。子供視点ならなおさら難しいはずだ。なんせみんな子供だった経験があるのだから。少しでも違和感を感じたらあっという間に全体がわざとらしいものに見えてしまう。
この作品の中ではよつばをちょっと変わった子にしているのも大きな助けではあるだろうが、それでもわざとらしさを感じさせずに気持ちよく読ませてくれる。これはきっと大変なことだ。

そういう作品中での自然さ加減はキャラクター全般に言える。
最初だけ一旦それぞれの人となりをいくつかのエピソードで定着させる。その後彼らは物語に沿って、もしくは物語を進めるために演技しているのではなく、元々そういう人で、ああ言われたらそう言うだろうなという反応を素直にしているだけに見える。そんなキャラクターが現実にいる、いないでなく、作品内での一貫性があり、各キャラが作品内での存在感というか実在感を持っているということだ。
また、セリフの細かいところで普段の彼らの作中に見えてない普段の生活が垣間見えたりする。それも彼らの実在感への肉付けとなっているのだろう。丁寧に作られているなぁ、という印象がある。
作者はその作中の人間関係の中で人物とシチュエーション配置、そしてイベント投下を極めて巧みに行う。あとは投下したイベントという玉が配置された人の間を転がり、自然と話が進んでいくのだ。

ある意味、前にオススメした「バカ姉弟」と同ジャンルかもしれない。主人公にちょっとした謎というか背景はあるにしろ、それは重要な要素ではない。ただ彼らが存在していて、彼らの住むちょっぴりおかしな日常をそっと覗かせてもらう楽しさ。これに尽きる。

と、思ったよりぐたぐたと書いてしまったのでこのへんで。気軽につい何度も手にとって読んでしまうような本なので、気負いせずに読むのが吉。
氏の前作となる4コマコメディ「あずまんが大王」も面白いので合わせてオススメ。

あずまんが大王 (1)
あずま きよひこ

メディアワークス
2000-02
売り上げランキング 716

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2004.11.02

オススメ『うしおととら』

うしおととら (1)
藤田 和日郎

小学館
1990-11
売り上げランキング 557,929

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出張から帰ってきて、ここの更新もせずに飯と犬の散歩と惰眠以外のほとんどの時間を「うしおととら」全33巻の一気読みに費やしてしまった。でも満足。
そんなわけで、今回は軽く「うしおととら」のレビューでも。

連載当時は万年金欠学生で、マンガ雑誌は買わずにコンビニや定食屋で飛び飛びで読んでいた。それで大体の筋は知っていたのだがこうして落ち着いてまとめて読むとやはり味わいが全然違う。伏線とか全然覚えてなかったしなぁ。
この「うしおととら」が嫌い、という人をこれまでほとんど見たことがない。いわゆる少年漫画系の絵で読む前から敬遠する人はいるかもしれないが、読んでみてつまらなかった、という人に連載当時、完結後を通して実生活でもパソ通時代を含め出会った記憶がない。いや、わざわざみんなに聞いてまわってたわけではないけども……。
サンデー名作ミュージアムとかにも入ってるくらいなのでみんな知ってるかと思いきや、作品知名度は意外と低いような気もする。アニメ化されなかったからかな? そういう意味では不思議なスタンスにいる作品だ。

んで、この藤田和日郎氏の「うしおととら」はサンデーに連載されていた少年マンガである。
詳しいあらすじはさきほどのリンク先にもあるので簡単に言うと、平凡な日々を送っていた中学生「潮」がある日、寺の地下で友達を助けるという交換条件で槍に封じられていた妖怪を解放してしまう。解放してしまった妖を封じたいうしおと隙を見てうしおを食らおうとするとらの奇妙な共同生活(?)が始まり、とらを封じていた「獣の槍」と「白面の者」という存在との因縁に巻き込まれていく。というものだ。

もー、どっからどー見ても少年漫画って感じ。
といいつつ少年漫画とは何か、なんて議論をしたいわけじゃないので卑怯にも個人的印象によるキーワードの羅列だけしてしまおう。
「成長、強くなる」「ヒロイン」「男ならば(熱め)」「臭いセリフ」「友情」「信頼」「対決」「仲間」「前向き」「目で語れ」「大ゴマ」「変化(へんげ)」……。
更にサンデー的には「萌え系サブヒロイン」「気づかずモテモテ」「幼馴染」などのキーワードも追加しておきたい。

これらからいくつかピックアップしながら魅力を探ってみよう。

【大ゴマ】
表現的なことだが、「うしおととら」の中で効果的に用いられているのが1ページまるごとや見開きを使った大きなコマでのババーン!と迫力のある描写だろう。ポーズや陰影なども気合が入っている。
これにはかなりこだわりというか魂を注いでいるのではないかと思う。それは「どうしたらこいつらのカッコ良さを表現できるか」という一点に集約される。対象はうしおやとらだけでない、サブキャラ、敵対する者に至るまで魅せてやろうという意気を感じる。
カッコいいうしおに、とらに、白面の者の禍々しさに、次々と現れる「凄い奴ら」に大ゴマでシビれて欲しい。
ちなみに「うしおととら」の後の作品である「からくりサーカス」でも確か初回に「しろがね」という女性キャラの印象的かつ幻想的な見開きページがあったような記憶がある。その絵一発でその作品世界のイメージをぶつける、そんな意志の入ったページだったと思う。

【目で語れ】
ついでなので描写系をもうひとつ。
少女マンガ系との大きな違いの一つは目や眉の描き方ではないかと思う。もちろん、お互いいろんな表現があるが、全体的には少女マンガ系には人間として逸脱しない程度での表現が多い。デフォルメ的な表現よりも微妙な心理変化を表現する繊細な目を描く。
ま、マヤさんや亜弓さん、キャロルさんやメンフィスさんみたいに白目むいたりするおおらかな表現のもありますが……。
うしおととらや他の少年漫画系の一部での過剰表現は目で言葉以上の何かを語らせようという意図が見える。それは時に曇りのない意志の強さ、時に逸脱した狂気を描き出す。「哲」の異常系キャラの目もそうだろうし、眉毛だって元々顔から飛び出してても構わないのだ。
一気読みした後しばらくたってもうしおの目が脳裏に残る。変わらない力、変えるための力。それを蓄えた目を覗いてみて欲しい。

【男ならば……】
これは他のキーワードとも関連するのだが、男であるからにはヒロイン達を、そして見知らぬ人々を守るのだ。それがヒーローに与えられた普遍の役割である。
うしおととらは旅の先々でいろんな人と会い、いろんなヒロイン達と出会う。それは人だったり妖だったり様々だが、その負った苦しみを取り払うためにヒーローはいる。守るためには強くあらねばならぬ。時に傷つき、己の非力に泣きながら成長を続けていくのだ。この系の少年漫画における「強くなる」ことは必要不可欠な要素の一つだ。諦めるな、立ち上がれ、そして勝つ。
そんな風に彼らを見守りながら自分を重ねて俺らマンガ少年は育ってきた。俺は残念ながら「うしおととら」の頃には少年じゃなかった気がするが「やっぱこうじゃないとね!」と改めて思う。

【モテモテ】
もしかしたら好きなマンガとしてこの「うしおととら」と共通してる人が多いかもしれないが、通しで読んでいて思い出したのが長谷川裕一氏の「マップス」だ。こちらはSF冒険モノであるが、あれこれと似たものを感じる。
謎に包まれた大きな戦いの中へ否応なく身を投じていくことやサブキャラ達との関わり方、主人公のまっすぐさ。そしてサブヒロイン達にモテモテなところもだ。ただしマップスの方がエロ加減では幾分勝っていると思われる。(何の勝負だよ) 
萌えと燃えの比率は微妙に違うかもしれないが、異なる二つの存在が悪口いいあいながらも誰にも代えられぬパートナーとなってとてつもないパワーを生み出していく姿が重なるのだろうか。

【二つの変化(へんげ)】
うしおが獣の槍を手にする。一瞬にして髪はのび、その振り乱す髪の奥から鋭く力強い目がのぞく。それは超越した力を手にした証なのだ。正義感の強い中学生から槍の使い手への変貌、そしてゾクゾクするようなパワーと高揚。それは変身ヒーロー物的なワクワク感をもたらす。
そしてもう一つ重要なのは彼らが変化をもたらすものであるということだ。うしおは自らを変化させるのみにとどまらず、そのまっすぐなチカラで周囲をも変えていく。諦めを希望に、憎しみを慈しみへと。
周囲への変化をもたらす爽やかな風。それが前述のマップスのゲンと一番重なるところでもあり、揺ぎ無いヒーロー像の根幹を成しているのかもしれない。
うしおととらはこの二つの変化により構成されている。与えた変化の積み重ねがさらなるドラマを産んでいくのだ。


……今気づいたがオススメっつーより読書感想文みたいになってるな。いかんいかん。あまり部分だけ取り出して考えても仕方ないのかもしれない。
味のあるキャラクター達を乗せてうねりゆくストーリー本編もこの作品の見所だ。徐々に明らかになる謎、そして波乱の展開。どこまでが元々あった設定で、どこから追加されたものなのかはわからないが、破綻することなくストーリーはまとまっている。特にラスト付近での怒涛の展開には目を離せなくなるだろう。
そして本筋(獣の槍や白面の者関連)以外のいわゆる短編妖怪退治モノとしてのエピソードも面白い。それはうしおととらというキャラクターの魅力も勿論だが、エピソードに出てくる妖が単なる退治され役でなく、しっかりとメインキャラクターとして描かれているからだ。彼らの持つバックグラウンドは川口まどかの「死と彼女と僕」での霊達と同じように時に非情でエグく、時に切なくまた悲しい。
あと、いや~なシチュエーションで現れる衾や山魚などの存在感。そういうところが面白くさせている。本編の展開どうとかより「サトリ」の話が好きだ、なんて人もいるだろう。

紫暮やヒョウなどの親父系キャラのカッコよさとか他にも触れたいことはあるが、思ったより長くなってきてるのでこのへんで。「うしおととら」はキャラクター、ストーリー、伝えるための画力が高いバランスでまとまった作品だ。
読み始めたらきっとあっという間の33冊になる。仕事に差し支えないようにご注意を!(ってそりゃ俺か?)

2004.08.19

オススメ『プラネテス』

書こうと思ってからいつのまにかえらく時間が経ってしまった。
オススメシリーズ、今回は幸村誠『プラネテス』である。コミックは1巻~4巻まで発売されており、4巻でひとまず第一部完となっている。
(今回から「無意味なブログを検出しました!」さんの記事を参考にちゃんとオススメしたもののイメージ&購入先リンクが出来るようにしてみました)

かなり前になってしまったが、BSマンガ夜話で星野之宣がとりあげられ、たまたまそれを見ていてSF欲がじわじわ来ていた。ちょうどその頃、俺ブンさんの記事でこのプラネテスの紹介があり、これも何かの縁だろうとまず1巻だけ購入して読んだ。見事に気にいって残りは翌日一気購入だ。
これを知らないままでいたってのはいかに最近マンガアンテナを張ってないかがわかるなぁ。購読マンガ雑誌ゼロだし…。
ちょうどちょい前からNHKでアニメ版の再放送も始まっているようだ。またしても頭の数話は観そびれてしまったが、途中から観ている。こちらはまたマンガとは違った楽しみ方が出来そうだ。ちらりと見た限りでもさすがNHKというべきか、映像のクオリティは高そうな感じ。

さて、紹介ということで一応簡単にあらすじを。

少し未来の2074年。宇宙…といっても地球周回軌道上に廃棄された衛星などの宇宙ゴミ(デブリ)を回収する仕事を生業とする人たちがいた。
そこで働く人々のそれぞれの思いと、中でもハチマキという青年が宇宙飛行士、そして人間として成長していく姿が描かれている。

宇宙、ロケット…。それは少年時代の代表的ロマンの一つである。おそらく多くの人が経験したであろう遥かなる高みへの憧れ。しまいにゃ『宇宙』と書いて『そら』って読んじゃうぜ。
この作品を読んでいて『アストロノーツ』(史村翔+沖一)や『オネアミスの翼~王立宇宙軍』(GAINAX)などが駆け巡った人もいるだろう。特にラストのハチマキのセリフとか…。
前者はもっとマッチョアメリカンな印象、後者はもっと淡々としていたような気がするけど、同じように思い出しちゃった人はきっとほぼ同年代ですね。あの頃を思い出しつつ、少々青臭気味に考えてみよう。

現実世界もいつの間にやら誰もが夢見た21世紀になったが、普及型エアーカーも光るチューブのハイウェイもバーバラセクサロイドもまだない。なのに、はるか頭上には俺らの知らないいくつもの衛星が飛び回っている。

宇宙はロマンか、廃棄ゴミの漂う人間生活の延長なのか。
この作品のリアリティはエネルギー問題の解決として宇宙資源に頼っている状況、それによる宇宙需要の増加という背景に基づく。そしてその結果として実際に問題になるだろう宇宙ゴミの存在やそれを兵器として利用する可能性などもまたリアリティを持って語られる。逆に地球上の人々の生活は敢えて(?)基本的にほとんど今と変わってないように描かれているみたいだ。(ハチマキ家だけかもしれないが…)

これだけしっかりしたSF的な設定を背景にしながら、話のメインはあくまで人間についてなのが一番の特徴かもしれない。
単に宇宙やSF的なことを描きたいのではない。あくまで『人と宇宙の関わり』を描きたかったのだろう。テーマとして特に目新しいとは言えないのかもしれないがいつまでもこういう作品が生み出され続けて欲しい。(さらにいえば「もっとフィー姉さんの話読みてぇ」とか……)

メインストーリーはハチマキ関連だが、最初のユーリの切ないエピソードやテロを巡る話、そして随所に散りばめられた名セリフ、タナベというキャラクター等と見所はたくさんだ。是非手にとって読んで欲しい作品だ。


以下はちょっとネタバレというか勝手な感想なのでまだ読んでない方はスルーして欲しいところだが、この作品を読んで一番気になるキーワード「境界」についてだ。まとまった考えでもないのでだらだら書く。

前述の通り、エネルギー問題を時代背景として人類が宇宙へ日常的な進出を果していることになっている。しかし宇宙はまだ「特別な場所」でもあることが伺える。地球という「生活の場」と宇宙という「特殊空間」の境目。だが「そんな境目なんてない」とユーリはいう。
境界はそれだけではない。ハチマキは「自分と宇宙の境界」「生と死の境界」について突きつけられ、それがないに等しいことを知る。あまりに急激に大局的な視点を得たこと、境界を失ったことで自分の存在をも見失ってしまう。
宇宙との一体感は孤独や恐怖から離脱させてくれるかもしれないが決して「幸せ」をもたらしてくれる訳ではない。それは詭弁のようだが、人間もまた宇宙であるが、人間は人間でもあるからだろう。
境界がないのに特殊だと思うのは人がそこに自ら境界を作り出しているからに他ならない。人が日常的に宇宙で暮らしていくこと、そこに必要な根源的なものは…つまるところはそれがハチマキのセリフになるのだろう。「人間」という漢字の組み合わせはよく出来ているものだ。

わかりやすくするためかタナベによる女性的印象とハチマキによる男性的印象を持たせてあるが、人を突き動かす何か、人によりベクトルは違えど、根源は同じものである「腹の底にあるチカラ」もこの作品のキーワードの一つだろう。
そこから出るパワーが螺旋状であるなら外へ向う力と内へ向う力は共存している。なんていったら観念的すぎてアレ風味だけども……。
「自分の今いる場所から飛び出したい思い」と「いるべき場所、帰るべき場所への思い」、ちらっと細野不二彦の「BLOW UP!」とかを思い出してしまう(古っ)。全くジャンルは異なるがどちらも成長の物語である。

最後に俺が好きなシーンを。
宇宙という暗黒空間で死にかけ、恐怖に憑り付かれたハチマキがそこから抜けだすきっかけとなるシーンがある。
それはさらに遥かな星まで運ぶだろう新型エンジンとの出会い。俺はあの電気が走るような瞬間が好きだ。
世界を、自分のいる場所を大きく変えるだろう何かに出合った瞬間。そして自分にも何かやれそうな予感でもある。不安や自分への疑いを乗り越えるチカラ。その対象は違えどそれはきっと一度は皆が出会う瞬間ではないだろうか。その時の感覚を、こみあげる静かなチカラを思い出させてくれるのだ。



プラネテス (1)
幸村 誠

発売日 2001/01
売り上げランキング 899

Amazonで詳しく見る4063287351

2004.07.13

安永航一郎の壁

本来ならいつもの『オススメ』シリーズにするところだが、ちょっと迷うところがあって別枠の扱いとする。

コミックについてはかなりの部分を同居人とシェアしている。元々はそれぞれで買っていた作者についても今ではほとんどお互いで読みまわしている。本屋で新刊を見かけたら先に見つけた方が買うなんてことも多い。
しかし同居人は安永航一郎については何故か俺がいくら薦めても読みやがらねぇのである。そのへんも踏まえて、今回は別枠での紹介となった。

さて、安永航一郎といえば「県立地球防衛軍」「巨乳ハンター」などの名作を生み出し、現在は「火星人刑事」を連載している、のか中断してるのか不明。「超感覚ANALマン」も……どうなってるんだろう。(コミックスフォロワーなので雑誌状況疎くて申し訳ない)

えらく微妙なタイトル紹介になってしまったが、氏のマンガの特色をキーワードで表すならば

『すね毛』 『変態』 『変人』 『ぽん酢』 『筋肉』 『ローカル』 『シモネタ』 『キワネタ』 …

あっ、お客さん、ここでもうお帰りですか、そうですか。

確かにマンガのタイトルとキーワードだけで一部には引かれてしまう運命を背負っているのかもしれない。

俺が最初に読んだのは「県立地球防衛軍」だった。この作品で繰り広げられる超ローカルなエリア内で行われる悪の電柱組の変態達と防衛軍の変人達のしょーもない戦いの数々。作品自体やキャラクター自体をもあざ笑うストーリー展開。
スラップスティック系のギャグ漫画は古くからあるがそれともなんだかちょっぴり微妙に違う場所にあるような気がするマンガだった。

その後の作品もどんどん酷くなっていく(いい意味で?)。デビューから止まることない疾走感。魅力的(?)な変態たち、しょうもない設定やネタ、想像のつかない展開に危ない時事ネタ、多方面からのパロディネタ…。
これらがツボにハマると妙におかしい。こんなネタ使って大丈夫なんか、と思うことも多々ある。

養老センセの『バカの壁』がベストセラーになってるとのことだが(俺は唯脳論とか対談集くらいしか読んでないけど)、『素晴らしくバカっぽいモノを拒否する壁』も存在しているのかもしれない。もったいないもったいない。そんな魅力を持った作家なのである。なのであるが、万人向けでないことは認めますとも、ええ、ええ。

そういえば巨乳ハンターは実写映画化(ビデオのみ?)されたはずなんだけど、ついぞビデオ屋で見た覚えがない。どんなだったんだろう。



火星人刑事 1 (1)
安永 航一郎

発売日 1998/11
売り上げランキング 110,390

Amazonで詳しく見る4088757297

2004.03.27

オススメ『バカ姉弟』

ちょっと前に「バカ姉弟」の3巻が出ていたのだが、先週ようやく読むことが出来た。この作品も今要チェックの一冊だろう。

安達哲といえば俺の思春期に『ホワイトアルバム』や『キラキラ!』で切なくさせてくれた作者だが、その後『さくらの唄』や『お天気お姉さん』『幸せのひこうき雲』と爆発していった。『キラキラ!』の後半あたりから片鱗はあったものの、その後のブレイクぶりはスゴい。特に『さくらの唄』は読んだ当時かなりキた。誤魔化しなく描かれる暗い現実、そして残酷な人そのものの姿、
内なる暗闇。それは強烈な傷を刻むように読んだ者に跡を残していく。いろんな意味でドキドキしながら読んだ本だった。
今回はメインの対象じゃないのですが、夢見る世の男子は覚悟を決めて是非とも読んでくださいまし。女性からはどういう作品に見えるんでしょうね、これ。

さて、そんな作品群に軽いトラウマになりかけつつも「この人から目離しちゃいけん!」と思っていたら、いつのまにか当の本人はさらりとこの『バカ姉弟』に辿り着いていた。

この本の魅力を何と言えばいいのだろう。
オールカラーで綴られる、とある姉弟の日常とそれをとりまく人々の姿を綴ったものである。これだけじゃワケわかりませんが、そういう話なのである。
二人についてわかる情報は実はかなり少ない。親が不在にすることが多く普段ほとんど姉弟二人で暮らしていること。家は結構な資産家らしいこと。基本的な情報はこれくらい。逆にいえばそれ以外の情報は不要なのかもしれない。そこにバカ姉弟がいて、二人に触れ合う人がいる。それだけで話は成立するのだ。

このマンガの魅力は非常に説明しにくい。「おねい」はかわいいし、つい含み笑いをしてしまうような癒し系マンガでもあるがそれだけではない何かを感じさせる。作者が作者なだけに、これは実は巧妙にしかけられたマインドコントロールなのではないかとさえ疑ってしまう。

ときどき見せる「おねい」の「ただものでなさ加減」には『お天気お姉さん』の仲代桂子のエッセンスが流れているのかもしれない。ともに周りに流されないその存在そのものが物語となる。この作品でも最後にとんでもない展開になったりしたら…なんて思ったが、バカ姉弟はそのくらいでは動じない存在感だなぁ。
バカ姉弟は普遍なる存在であり、変わることはない。その慎重さと礼儀正しさで変えようとするものを逆に虜にし、迫る悪意も世間の圧力も飲み込んでしまうことだろう。読んだ人はきっといつのまにかこの不思議な姉弟のご近所さんとなり、何故かしら気になる存在になっているはずだ。

バカ姉弟 (1)
安達 哲

発売日 2002/06/06
売り上げランキング 9,235

Amazonで詳しく見る4063345564

より以前の記事一覧