カンレン

アシアト

トリダメ

  • Zorg

Recent Trackbacks

無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2008.09.08

サエコ・マイ・ラブ・アゲイン

Dsc_3582

◆サエコ・マイ・ラブ

前回のSaecoレビューを書いてからはや3年半が経過した。
SaecoのMagic Cappuccinoを購入してからというもの、ほぼ毎日といっていいくらいにエスプレッソコーヒーを楽しんできた。「よし、十分元取った!」(庶民)

このマシンのままでも特に味に不満はないのだが、一番困っていたのは来客があった時だった。一回で淹れられるのは2杯までなので、自分達の分まで含めるとどうしても複数回に分けて豆を挽いて、ポッドの掃除してと繰り返さねばならなかった。先に出してもやはり揃うまで待ってくれてることが多かったりする。このため、お客さんが多いときには量が多く淹れられるドリップ式のレギュラーコーヒーで済ますことも多かった。
Magic Cappuccinoを購入したときもSaecoの全自動の機種もあったのだが軽く10万をオーバ。とてもじゃないが手が出ない。いつか安くなったら、今のが壊れたら考えようかねーなんて話していた。

◆これはやばい

そんな中、小さな事件(?)が起きる。
毎回毎回、うちらの物欲を刺激させてくれている某夫婦がデロンギの全自動コーヒーマシンを導入。遊びにいったときに淹れてもらったのだが、これがまた美味しい上に超簡単だったのだ。本当にボタン一つで出来上がり。この楽さ加減は「これはやばい」。
そして全自動の何がいいかって、なんだかんだで俺の当番になっているコーヒー淹れ係を返上できる! いや返上しなくても楽できるじゃないか。(係就任は濃さ調整で俺が文句つけてたから自業自得なんだけど……)

◆サエコ・マイ・ラブ・アゲイン

刺激を受けて俄然、物欲に駆り出される俺と同居人。でもやっぱり値段が…ねぇ。
ところが件のデロンギのマシンは思ったより安くなっていて、数年前とはどうも状況が違うようだ。それじゃサエコも? 調べてみると新機種が出ている上に前から比べるとかなーーり下がっている。いや定価は相変わらず高いんだけど、実売は頑張れば手が届くところまで落ちてきている。
そんな中、ひときわ目を引くオレンジ色の一台を見つけた。それがOdea Giro Orangeだった。噂によると次の新型も出る(出てる?)ようで、もしかしたらこのデザインは在庫っきり?

珍しく二人して意見が一致。

「ぽちっとな」

◆使い勝手は?

このマシンの使い方は簡単。豆の量と入れる量(お湯の量)を決めてボタンをぽちっと押すだけだ。
名前にもなっているGiroはダイアルを意味するものらしく、自分の好みにあわせてこのへんの調整をすることが出来る。全自動でありつつ豆の種類やロースト具合によって自分の好みで調整することが出来るのがありがたい。

Dsc_3591

豆の量はボタン押すごとに3段階から切り替え。最大の3つ豆ランプなら約10gを使うらしい。濃い目のエスプレッソを淹れるなら豆ランプ3つだろう。また湯量のダイアルは左にまわすほど湯が少なく(=濃く)なる。豆3つ+ダイアル左で一番濃い状態で抽出されることになる。
また抽出ボタンはすばやく2度押しすることで2杯分を自動で連続抽出してくれる。

試しにダイアルを一番左にした状態で抽出すると約40ccほどの抽出量になるようだ。前の機種で二人分のカフェラテ作るのに約100ccあたりだった気がするからうちでの使用では豆3ランプのダイアル左からほんの半メモリ、をダブルクリックってのが定番となりつつある。豆換えたらまた調整かな。

豆の投入は上部から。全自動なので豆のままでいれると淹れる時に必要な分だけ挽いてくれる。楽しながらいつでも挽きたてを楽しめるのだ。

Dsc_3588

ちなみにこの写真で見えるか微妙だけど、豆を挽くグラインダーの調整はこの豆投入口にあるノブで行うようだ。挽くときの豆の粒の細かさを調整できる。エスプレッソ向けだと基本は細かくするのが良いらしいけど、レギュラー風に飲むこともあるし、ってことでうちでは中間を指定。

スチーマも前の機種に比べてかなりパワフルになってる気がする。口も大きく、あっという間にミルクフォームの出来上がりだ。

◆メンテ

さて、使っていると必要なのがメンテ。全自動とはいえ、もちろんメンテは必要だ。

<右側面>

Dsc_3592

<くるっと回ってくれるのがいい>

Dsc_3596

<扉を開けると心臓部のユニットが見える>

Dsc_3593

<使われたコーヒーはここへ捨てられる>

Dsc_3600

<抽出を行うメインのユニット。取り出して洗える>

<左側面>
Dsc_3597

<給水はこちらから>

Dsc_3598

<中に見える白いのはおまけでついてた浄水ユニット>

Dsc_3599

まず感心したのが本体がくるりと左右に回せるようになっていること。水の取替えやユニットの取り出しがしやすい。またこのOdea Giroの場合、かなりの部分を本体から取り外して洗浄することができるようになっている。左右の扉を開いて取り出して、軽く洗えばメンテ完了。以前のマシンで1杯ごとにやっていた作業からすればこれまた楽過ぎるくらいだ。

◆快適なコーヒー生活を

うちでは例えばスタバのエスプレッソローストあたりの豆を使ってる時はカフェラテ、カプチーノなら豆ランプ3、ダイアル左から0.5目盛り。レギュラー風(アメリカーノ?)に淹れるときは豆ランプ1、ダイアル左から3目盛り、とかで楽しんでいる。これまた以前から考えると楽過ぎる…。(って今回「楽」って言葉何回入ってんだ)
また夏の間はアイスラテで大活躍。トレイの高さが調整できるので大き目のグラスでも直接抽出したものを淹れることができる。(それはそれで氷溶けちゃうから一旦別容器で抽出してから移すほうがベターだけど)

手動は手動なりの良さもあった。自分の中での手順に沿って淹れて狙い通りに出来上がったときの喜びもあった。でもこの「楽さ」には勝てない。だって俺、O型だから

そして思わぬメリットがもう一つ。以前に比べてかなり音が静かだ。通常のミルでやっていたので豆を挽くのに20~30秒近く騒音が、そして抽出の音も結構でかかった。赤ん坊が増えたのもあり、この騒音の低下はかなり嬉しいメリットだった。
デメリットはただ一つ、「楽すぎてつい飲む量が増えて豆の消費早すぎ!」これに尽きます…。

特にいままで手動のエスプレッソメーカー使っていた人へ、これ本気でオススメです。

 

Saeco 「BMW デザインワークスデザイン」 Odea Giro Orange (オデア・ジロ/オレンジ) SUP 031 ORG Saeco 「BMW デザインワークスデザイン」 Odea Giro Orange (オデア・ジロ/オレンジ) SUP 031 ORG

Saeco (サエコ)  2008-04-11
売り上げランキング : 10392

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

2005.01.17

サエコ・マイ・ラブ

saecomagic

念願のSaecoがうちにやってきた。

今回導入したのはSaecoのMagic Cappuccinoというエスプレッソメーカーだ。前から悩んでて、安くなってたのでついに購入。楽天の策略にまんまとしてやられた感じではあるけど……。
このあたりの経緯は同居人ページの方にあるのでそちらを参照のコト。

そのマジックカプチーノが先日到着。それからの毎日はSaeco経験値を上げるために試行錯誤しながら淹れている。
同機種の購入を検討されてる方もいるかもしれないので自己メモも兼ねて今回の機種の特徴と現時点での使用インプレッションを。
先に断っておくと俺も同居人もまったくの素人な上にそんなにいい舌してませんのでマニアックな細かい味の違いとかは全然わかりません。素人レベルの多分に気分要素(自己暗示?)も含めたインプレッションですのでご承知おきを。

※ちょびっと追記※
エントリUPした後でエスプレッソの扉というページを発見しました。凄い情報量で疑問への回答やノウハウがそれこそエスプレッソ状態で詰まっています。管理人さんのエスプレッソへの熱意も感動モノ! エスプレッソメーカー購入を考えている方は是非覗いてみてください。俺もここで勉強します。
特に淹れ方のノウハウのページはまさに今俺的に参考になりそうです。ミルクフォームのコツはありがたい! ここで勉強すると以下の俺の文章で間違ってるところとかたくさんありそうですが……徐々に修正します。


◆エスプレッソメーカーって?

先に簡単にエスプレッソメーカーが何モノかっていうとその名の通り、エスプレッソコーヒーを作ってくれるものだ。エスプレッソが普通の紙フィルターにお湯を通して淹れるドリップコーヒーと違うところは抽出における圧力の差だと思う。(たぶん。ちゃんとした定義知らず)
ドリップコーヒーがお湯をコーヒーの粉に単純に垂らして通すのに比べてエスプレッソではお湯に高い気圧を加えてコーヒーの粉から短時間に溶け出させるようなイメージ。その分、お湯を通すだけのドリップより非常に濃厚なコーヒー成分が抽出される。

この濃いコーヒーをそのまま飲むもよし、ミルクを加えてカフェラテとしてもいいし、ミルクをよーく泡立ててカプチーノ風にするのもいい。
うちでは以前からカプチーノ風にすることが多い。口当たりもまろやかになるので、コーヒーあまり好きじゃないという人も一度飲んでみると意外とすんなりいけるかもしれない。より正確には同居人はカプチーノ、俺はそれを少し濃くさせたような感じで作っている。カフェコルタードのカプチーノ風?(適当) そんな風に自分の好きなように調整出来るのも自宅カフェのいいところだ。

エスプレッソメーカーにはいくつか種類があるようでうちも前はポット型のを直火にかけるタイプのものを使っていた。今回のマジックカプチーノはポンプ式と言われるもので、大きな違いはその抽出にかかる圧力差だ。
直火式が2気圧程度なのに対し、ポンプ式ではエスプレッソ抽出に最適な9気圧程度をかけることが出来る……らしい。(←今ググって調べた)

◆マジックカプチーノの主な機能

今回導入したMagic Cappuccinoの機能は以下の通り。
●ポンプ式。15気圧の加圧が可能
●コーヒーポッドと粉両方を使用可能。
ポッドとはあらかじめ1杯分のコーヒーの粉をパック包装してあるもの。普通の粉をフィルターに詰めるかわりにスペーサーとポッドを置けば準備完了となり、また後片付けもポッドを取るだけで済むので楽チン。
●ミルクを温めたり、また泡立てるためのミルクフォーマ機能
泡立てにはカプチナトーレとパナレロの2つのアタッチメントが付属。パナレロはその先端からスチームを出すことで、カップにいれたミルクに突っ込んで蒸気により温めと泡立てを行う。
カプチナトーレはそれを更に簡単に出来るようにしたものでパイプをミルク等に差し込んでしまえばそこから勝手にミルクを吸出して、泡立ったものをすぐカップに注ぐことが出来る。
●ボディ上部にカップを暖めておくためのカップウォーマあり
●水タンクは2リットルOK
 
大体こんなところかな。


◆初期作業

まず簡単に説明書に従って初期作業を行う。といっても空気抜きなどを説明書にある通りにやるだけ。内容も水をタンクに汲んでスイッチ入れてノブ回して……程度なのですぐ終わるし、特に難しいことはないので心配無用。

◆一杯目の出来は?

さっそく説明書を見ながら最初の一杯を淹れてみることにする。正確には2カップ分同時に抽出できるので最初の2杯か。
本体にコーヒー豆とポッドもいくつか付属していたが、手持ちのコーヒー豆がたくさんあるので、それをミルでちょっと細かめに挽いてフィルターに入れ、計量カップの底で軽く叩いて詰める。そしてこのフィルターポットのついたノブを本体にねじ込むのだが、何故だかむちゃくちゃ堅い。説明書だとノブが中央付近まで回ってくることになってるのだが、そのちょい手前までがやっとだった。
最初はやっぱ堅いんかなぁ、徐々に回りやすくなるんかなぁと思っていたのだが、これがとんだ勘違い。ノブを回す堅さは「詰め込んだコーヒー豆の量」次第なのだ。つまり俺らはこの謎が解けるまで激しく詰め込みすぎだったのだ。ちゃんと計量カップもついててそれに2杯でちょうどいいのだけどミルに残ったのも全部もったいないから注ぎ込んでいたのだ。それが間違いだった。実際、フィルターは蒸気を通したコーヒーがすこし膨らむ余裕があるくらいがいいとのこと。

さて、粉を詰めてノブにセットしたらメインスイッチを入れてランプ点灯を待つ。結構すぐに準備完了するのでドリップスイッチをオン! ババババというポンプ音の後、すぐに抽出が始まる。速いなぁ。
直火式でやってた時は抽出まで5分近くかかったのだが、これだとメインスイッチオンから1分もしないうちに抽出完了だ。抽出されるエスプレッソコーヒーにはきめ細かな泡が。クレマというらしい。ミルクフォームを作るまえにストレートで味見。うん、なかなかうまい。

◆問題はミルクフォーム

さて、コーヒー抽出まで終わったら次はミルクフォームだ。この機種だとミルクフォームは2通りの作り方があるみたいで、ひとつはカプチナトーレというのをつけ、パイプで牛乳パックなどから直接吸出し、自動でそのままカップに注げるように泡立ててくれるもの。
もう一つはパナレロというのをつけてスチームを発生させ、カップに注いだミルクにパナレロ先端を差し込んで蒸気により温める&必要に応じて泡立てる、という感じだ。

最初の一杯はカプチナトーレで作ってみた。やり方は簡単。パイプを牛乳パックに入れておきスチームスイッチを入れてノブを回すだけだ。ほーら簡単…なのだが、ちょっと失敗。
スチームスイッチを入れてノブを回すとミルクが出るまで先にしばらくお湯が出たりするのだが、それがカップに入らないようにまずは他のカップなりドリップトレイなりに放出しておかないとうまくいかない。初回なのでそれに気づかずにお湯までカップに入ってしまったためちょっとコーヒーが薄まった状態になってしまった。軽く薄まったコーヒーでほろ苦い1杯目デビュー。とはいえば、わいわい言いながら楽しく飲ませてもらったけど。

◆後片付け

さて、飲み終えたら今度は片付け。これだけの機械なので、片付けやメンテは面倒なのかなぁと思っていたのだが、予想外に簡単だった。はっきりいってそれまでの直火ポット式の方がよっぽど面倒で洗い物も多い。
この機種での片付けはコーヒーの詰まったフィルターを取り外して洗うことと、ミルクフォームに使ったパナレロやカプチナトーレにノブを回してお湯を通し、後はパナレロの時に先端部を取り外して洗うだけ。時々ドリップトレイに水やぽたぽた落ちたコーヒーが溜まってるようならかるく流して水洗いすればいい。
作るのも片付けるのも前より手早くそして楽になってしまった。なので最近は2杯目まで作ることも多い。

◆インプレッション

んではこの機種について思いつくままにインプレッションを。

【エスプレッソの味は?】
うまいです。少なくとも俺らの舌でわかる範囲では。好みの問題もあるので、的確にどうこういうのは難しいのですが……。

ただ明確に言える注意点もあって、味は豆の種類や挽き方とかいろんな要素で変動するけども、その中で一番わかりやすく出るのが抽出時間じゃないかと。
特に濃いめコーヒーが好きな人ならコーヒー豆ごとに抽出時間(抽出量)の試行錯誤は必須じゃないだろうか。味がなんとなく物足りない、フィーリングが合わないと思ったらまずは抽出時間を変えてみる。この機種ではドリップスイッチをONにしてる間が抽出時間なのでそのタイミング次第で加減はいくらでも変更できる。
俺的には気持ち短め(少なめ)にした方が美味しいかな、という感じ。自分の好きな濃さというのは人それぞれだと思うんで、コレ!ってのに辿りつくまで変えてみるのがいいかも。
あとは豆の種類や量を変えたり、豆の挽き方をもっと細かくしてみるなども調整のしどころ。コーヒー好きならこうやって好きな味に辿りつくまでの試行錯誤もまた楽しいはず。

【同時抽出】
この機種では一度にカップ2杯に同時に注げるようになっている。単に抽出口が2つに分かれてるだけなのだが、ほぼ毎日常に二人で飲むうちの使い方ではこれは細かいことだけどありがたい。2つの抽出口はすぐ近くに並んでるのでもちろん1杯に倍速で注ぐことも可能だ。

【カプチナトーレとパナレロ】
2通りのミルクフォームの作り方があることを書いた。どちらがいいかということになると、今の時点では
・手早く簡単に入れるときはカプチナトーレ
・使い方に慣れて自分なりの泡加減を調整したいなら断然パナレロ
だと思う。
パナレロは使い方がわかればわかるほど面白い。単純にミルクに蒸気噴出しノズルをつっこむだけでは大雑把な泡が出来るだけだ。まだまだコツがつかめたというレベルまでいってないが、一度、パナレロで偶然だろうけどすばらしくいい感じに泡だってくれたことがあった。きめ細かな泡立ちと適度なミルク温度。飲んでみるとまずそのミルクのふわりとした口あたりがまろやか。泡立ちは最後まで消えてしまうことはなく、コーヒー自体の保温にも役立っている感じで冷めにくい。飲み終わってなおカップにきめ細かなまま泡が残っていた。
でもこの後は比較的失敗続きなのだけど……。うーん。

パナレロのファーストトライはひどかったなぁ。その時は同居人がトライしてみたようなのだが、出来るのを待っているとキッチンから聞こえてくるのは
しゅごー!しゅごーーーー!
という凄い蒸気音。
あの激しくスチーム漏れてますが。それとも蒸気機関車か銀河鉄道999でも通ってますか?という感じだった。
これはパナレロの装着が間違っていたため。ちゃんと最後まで押し込んで手前に回すときっちりハマるようになってるのだが、単純に途中まで押し込んだだけになっていたので蒸気が漏れまくっていたのだ。結局全然泡立たなかったので急遽?カフェラテとして飲んだ。

パナレロを使うコツは泡立てた時に溢れないようにミルクの量に比べて大きめのカップに注いでおくことと、ノズルの先に横についてる蒸気噴出し口をミルク液面の浅めのところでキープすることのようだ。(説明書にそんな感じに書いてある) だが泡立ってくるとそのままの位置じゃ浅くなりすぎて荒い泡になってしまったり、跳ねたりするので徐々に潜らせるくらいの気持ちでやる方がうまくいくみたいだ。またカップは計量カップなど金属製の方がスチームで温かくなったかどうか確認しやすいのでオススメ。

【カップウォーマ】
機能で書いたようにボディの上部にはカップを温めるためのカップウォーマがついている。ついているのだけど、最初の一杯のところで書いたように作る準備にも時間かからないし抽出されるまでも速いのだ。なので、ウォーマが温かくなる前に既にコーヒーが出来てしまうことが多い。
作り始めるちょっと前に先にメインスイッチだけ押してカップを温めておけばいいのだけどわざわざそれだけのために待ってるってのもなぁ。飲みたいと思ったらすぐ飲みたい性質だ。でもカップが冷たい状態だと特に少量のエスプレッソはすぐ冷めてしまうので、カップは温めておいた方が美味しいのは間違いない。
ん、もしかしたらウォーマよりもお湯だし機能を使ってカップにお湯を通した方が素早くあったまったりして……。まぁそれでもミルクが出来るまでにカップに注いだコーヒーが冷めないようにという意味のおき場所ではウォーマーは活躍する。ミルクフォーム作る間のカップ置き場としても便利だし。

◆総合評価

うちでは大満足。手早く簡単に充分に美味しいものが出来るという点はもちろん、毎日のメンテが楽なのが嬉しい。すぐに2杯目にいけるので、もう1杯飲みたいなぁ、ってときに便利。(特に後片付けは俺がやることが多いんで……)

まだ経験値向上中というのは差し置いても、先日、同居人がぷち二日酔いで寝てた時に2杯分のコーヒー豆で自分1人だけ用に淹れた最初の1杯、通称「一番絞り」は最高の出来だった。ミルクフォームもパナレロでこれまたたまたま大成功した時で、今のところこの時の一杯が最高の出来。
ええ、もちろん寝てる同居人をわざわざ起こしてまで飲ませるなんて無粋な真似はせずにゆっくり一人で楽しみましたとも。その後同居人はワンコに責め(顔を舐め続け)に耐えかねてむっくり起きてきたので「でがらし2号」をあげました。優しいよな、俺。味はさっきと全然別物になってたけどね。

エスプレッソは濃いままのストレートに砂糖を入れてという飲み方も伝統的らしい。やったことないのでこれもそのうち試してみよう。
まだ豆も1種類でしか試していないのでもっと深煎りのやつとかロースト系のやつとかだとどうだろう、とか楽しみは多そう。うちに飲みに来た人は当分の間は出来に当たり外れがあると思うので覚悟しておいてくださいまし。


……と、こんなこと書いてる今は出張中のため飲めるコーヒーは自販機のインスタントコーヒーしかない状態の俺。はよ帰ってうまいコーヒー飲みてー。

Saeco マジック カプチーノ SIN 017 SLV

Saeco 
売り上げランキング 1,553

Amazonで詳しく見る
  by G-Tools

2004.01.12

男の料理で成り上がれ!?

うちは共働きなので外で食事することも多いのだが家で手料理も結構ある。
同居人が作り、俺が洗い物という基本パターンでもう何年も過ごしている。(たまにサボるけども)

これはこれで役割分担としては納得しているのだが、俺に料理の技能がないわけではない。主に同居人が俺が作るものを怖がって(?)作らせてくれないのが原因だ。

元々俺の方が一人暮らし歴は長い。いや確かに前のアパートのキッチンは一度も使われずに埃を被っていたかもしれない。それでも寮にいた頃は(金が全然なかったのもあって)自炊してたのだ。結構低コストに腹一杯食ってたと思う。

覚えているレシピをいくつか紹介しよう。

・野菜炒め
 うん、代表的。作り方はキャベツを手でちぎり
 フライパンに放り込んでしばらく炒めて焼肉の
 タレをぶちこんで完了。余裕あれば肉もぶちこむ。
 タマネギもいれようとしたこともあったが結局
 思っただけに終わった。
・ヘルシー豆腐生活
 たまに1丁10円とかで売られてるスーパーの豆腐
 を買いこむ。
  1日目:冷奴。鰹節ふりかけてご飯と一緒に。
  2日目:麻婆豆腐。麻婆豆腐と混ぜるだけ。
  3日目:湯豆腐。鍋で温めるだけ。
 とこれだけでも3日は安泰だ。2ローテで1週OK!
 基本的にこれらを大量の飯をかっこんでいれば
 腹一杯である。冷奴なんて大量鰹節とともに2丁
 もいけば嫌になるくらい満腹だ。
・スパゲティ
 麺茹でて缶入りソースとともにフライパンへ。
 そのままフライパンから食うと冷めずに頂ける
 うえにレストラン気分だ!
・お好み焼き
 本格的!妙に太いキャベツの千切り(百切り?)を
 お好み焼きの元にぶちこんでタマゴいれて焼く。
 その時の財力により肉のランク、量が変わって
 いくので変化も楽しめる。
 これもフライパンからそのまま食うのが基本だ。
・うまうま焼肉
 安く買えた肉フライパンで焼く。焼きながら
 焼肉のタレをぶちこみくう。なかなか立ち食い
 焼肉する機会なんてないね!しかもアツアツで
 うまー。終わり。

メモもなくさらりとこれだけのレシピが出てくるのだから我ながらたいしたものではないか。おそらく食費も半分以下になる可能性も秘めているというのに何故受け入れてもらえないのだろう…。
どうですかお客さん!

男の料理で成り上がり、洗い物からの脱出を図るのも今年の抱負の一つと言えよう。